2018年10月27日

かりがねサッカー場

松本山雅FC の練習拠点になっているかりがサッカー場で、練習を見てきました。
記憶が定かではありませんがこの施設、昔は競輪のバンクだったように思います。
田んぼの真ん中に整備され、天然芝グラウンド1面と人工芝が1面あり、そこに山雅FC のクラブハウスもできています。
そのクラブハウスも2、3年前に出来ました。

今もそうですが、松本山雅FC は専用の練習場を持ちません。
このかりがねサッカー場も松本市の持ち物、だから一般の人も使えます。
まあでも、松本市が山雅FC を全面的にバックアップしているので、優遇はされているのでしょう。
そこがJ2 で、まだクラブの歴史が浅いチームの悲しいところですね。

平日水曜日の昼間というもっとも行きにくい時間なのにもかかわらず、見学している熱心なサポーターは150人ぐらいいたでしょうか。メディアの人も数人いました。

ただ、選手が13人しかいません。
顔を見てもわからない選手ばかり、なんでこんなに少ないのかなぁと思いますが、チームの事情があるんでしょう。それに引き換えスタッフは10人ぐらいいました。
もちろん反町監督も見ています。

が、監督何もしていない、ただ見ているだけ。
まあ監督の仕事は練習での支持ではなく試合に対してですから、練習ではコーチがやっていました。
プロがやっている練習でも目新しいものはなく、1時間ぐらいで切り上げ帰路につきました。
なにしろ松本の郊外で遠く、諏訪へ帰るのが大変だと思ったもので。
まあ一回行けばいいかなぁと思った次第です、ハイ。

  IMG_20181024_145928.jpg
  IMG_20181024_145317.jpg
  IMG_20181024_142517.jpg

  
posted by もえぎ野山荘 at 12:17| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]