2018年12月25日

硫黄岳へ

昨日のすっきりしなかった天気のなかを、山岳会の仲間と硫黄岳へ登ってきました。
今シーズン初の雪山です。
やはり12月に、雪と戯れておいた方がいいですよね。
これからの冬のシーズンは、スノーシューやら雪山ハイクなどいろいろと体験がありますから。

今冬は12月初めになっても雪がなく暖かく暖冬だと言われていますが、八ヶ岳ではそれなりに雪がありました。
赤岳鉱泉を過ぎてからアイゼンをつけ、高度をあげて行きます。
土曜日曜と天気が悪く、美濃戸口当たりの駐車場も車が少なかったのですが、やはり登りやすい硫黄岳も人が少なく、登りでは全く人に会いませんでした。
山頂付近でちらほらと出会い、風も微風で寒くなく雪山を楽しめた次第です。

午前11時ごろに赤岳鉱泉に降りてきたのですが、さすが赤岳鉱泉、ここには人が多くいますよねぇ。
もう10年ほど前から、足場を組んでそこに水をかけて凍らし、人口のアイスクライミング場を作っているんです。
上からザイルで確保されているため、落ちる心配がないんです。
この人口アイスクライミングが盛況でした、さすがに赤岳鉱泉です。

その景色を横目にそそくさと下山、2年ぶりに訪れた冬の硫黄岳でした。

  DSCN0110.JPG 硫黄岳山頂
  DSCN0108.JPG
  DSCN0116[1].JPG 
  アイスクライミング場と赤岳鉱泉



posted by もえぎ野山荘 at 10:21| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]