2019年01月11日

そうだ高尾山に行こう!!

そうだシリーズ第2弾、高尾山に行ってきました。
いえいえ高尾山は、そうだと思っていったわけではなく、ちゃんと計画して行きました。
金剛山はそうだ、だったんですけれど。
現時点で年間300万人が訪れ、ミシュランの星まで獲得した山、いったいどんな山かと、一度訪れてみたかったんです。

1月6日のお話です。
山の仲間3人とで行きました。
長野県ではどこへ行くのも車で、電車やバスに乗るというのは普段の生活ではあまりありません。
今回高尾山登山を計画するにあたり JR 中央線藤野駅まで行き、そこから電車で高尾山口まで移動し、そして陣馬山へと縦走しバスで藤野駅へと帰る、という計画を立てました。
電車に乗りバスに乗る、という普段の山行ではない工程です。
題して「大人の遠足、高尾山バシージョン」てか。

午前5時集合して中央道を相模湖IC まで走り藤野駅前の駐車場に着いたのは午前6時半ぐらい。
駅前の駐車場が開いてすぐに到着、受付の方も気さくに話てくれました。
そこからJR に乗り高尾駅へ。
ここで八王子の先で人身事故があり10分ぐらいの遅れ、高尾駅で京王線に乗り換え高尾山口駅へ着いたのが午前7時半ぐらいでした。

早朝にも関わらず結構な人です、それも山の人ばかり。
当然のごとくケーブル駅方面へ足早にみんな行きますが、こちらは初めての高尾山口駅。
駅前の看板を見、写真を取り合っているのですが、そんなグル―プほかにはありませんでした。

いくつも登山コースのある高尾山、特に決めていなかったのですがみんなが行く「稲荷山コース」を行きます。途中都心方面が見え高尾山IC も見え、東京へ来たぁぁという感じ。
登っている途中も、すれ違う人、抜いていく人、またまた走っている人、など早朝にも関わらず人の多いこと。なしてそんなに急ぐのか、こっちは普通に歩いているつもりなのに。

コースタイムどおり1時間半ぐらいかかって、午前9時ごろに高尾山頂に着きました。
ここも人、人、人、あぁこれが高尾山かぁと思いました。
残念ながら富士山は見えず。

記念写真とトイレをすませ、先を急ぎました。
なにしろ行程7時間の距離、あまりゆっくりもしていられません。
ここから先は奥高尾というらしいですが、一歩そちらへ入ると途端に人は少なくなりました。

と言っても、5分と人に会わないことはありません。
ここでも走っている人がいます。
このルートはそういう走る人達用の登山道なんですね。
登山道は、まるで高速道路のようにきれいに整備されていますから。

所々にトイレもあるしお茶屋もあるし、水や食料かなくても困りません。
小仏城山、景信山などと通過し、ほぼ時間通りに陣馬山に着きました。時刻は午後1時。
和田バス停から藤野駅行きのバスが14時32分発。
余裕で行けるわと、この時は高をくくって大休止をしていたら、このあと道を間違えてしまうとは・・・

長くなりました、この後は明日にでも書きたいと思います。

  DSCN0186.JPG
  高尾山口駅前にて
  DSCN0187.JPG 高尾山頂
  DSCN0193.JPG
  7時間かかってやってきた陣馬山



posted by もえぎ野山荘 at 14:06| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]