2019年02月19日

ノーベル平和賞 推薦

ああもう、今日はこの話。
まったくもって、アホかこいつ、ですわ。
ここまでトランプ大統領に媚びを売らないといけないのか。
そうすることで何のメリットがあるのか、「米国第一主義」を繰り返しその言動に、この人物は大統領の器ではないとも思うのに、どうして平和賞を受ける資質があると思うのか。

ここまでアメリカに追随するとは。
その推薦理由に「日本を代表し、敬意を込めて推薦した」と、当の大統領が言っているではありませんか。
みなさん、そんなことしてくれと首相に頼みましたか。
昨日の国会でも追及されていましたが、否定しなかったことで推薦したことは明らかなようです。

もう何でもありですよね、やりたい放題。
国政を自分のものか何かと、思いあがっているんではないですか。
沖縄辺野古の埋め立て問題や、結局モリカケ問題はうやむやになりました。

そのようにさせているのは我々国民です。
自民批判票の方が多いのに自民が圧勝してしまうこの選挙制度が問題なのですが、それを信認を得たとばかりに勘違いさせているんですから。

あと2年半、この政権がつづきます。
その間にまたいろいろなことが起こるでしょう。
リーターがアンポンタンなことほど、部下が不幸なことはありません。
現首相、宰相かどうかは歴史が証明してくれるでしょう。




posted by もえぎ野山荘 at 10:26| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]