2019年09月25日

小泉大臣って、どうよ?

鳴り物入りで環境大臣に就任した小泉進次郎氏。
このところの言動で、大臣としての資質を問われていませんか。

就任早々福島に訪問したのはいいが、処理水の問題が管轄外だと言ったり、記者の質問に対して「のどぐろ」がおいしかったと言い続け質問に対して答えなかったり、国連での外国記者のやり取りでは明確な方向性を答えられないままでした。

普段から、記者の質問を明確に答えていませんよね。
なんかはぐらかしたり、例題を出して答えを違う所へもって行ったり。
それを揶揄して「ポエム」などと言われたりしています。
例え話が多すぎるように思います。

選挙戦などでは圧倒的な人気を利用して遊説されますが、そういうのって一方的に自分の考えを発信するだけで、相手の意見を聞く場は少ないはずです。
だから、議論するのに慣れていないんでしょう。
相手が言ったことに対して、すぐに自分の言葉で話せないし、返せない。

首相は、思惑があっての環境大臣への就任要請だったはずですが、ちょっと早かったんじゃないですか。

政治家は、言葉がすべてです。
上げ足を取られないような言葉を発するべきで、行動もそう。
ニューヨークでステーキを食べに行っただけで批判するのはどうかと思いますが、そうなると何も食べられませんから。

ま、39歳という若さ、いずれ総理になると目されていますが、奥さんの滝川クリステルさんも同様に批判されているのをみれば、ちょっと試練に直面していると思うのですが、本人はどう思っているんでしょうか。
なんとも思っていないようだと、先は長くありませんねぇ・・・。



posted by もえぎ野山荘 at 11:18| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]