2019年09月30日

ブレイブ ブロッサムズ

「勇敢な桜戦士」
ラグビー日本代表の愛称だそうです。
これ知りませんでした、何時からこんな風に呼ばれていたのか。
あまり定着していませんよね。

ラグビーの代表チームには、それぞれ愛称があります。
代表的なのは、ニュージーランドの「オールブラックス」やオーストラリアの「ワラビーズ」など。
サッカー日本代表は「サムライジャパン」というように。

そのブレイブ ブロツサムズには、半分ぐらい外国出身選手がいます。
ラグビーの考え方によるところなのですが、それで日本代表と言えるのか、とずっと思っていました。

ところが、この間のアイルランド戦。
試合前の国歌斉唱で、その外国出身選手が「君が代」を歌っているではありませんか。
それも大声で。
「ええっ」と思いましたよ。

外国出身選手とは言え、流暢に日本語を話します。
海外から来て、文化も言葉も違う日本で生活し、ラグビーをプレーし代表になる。
これ、気の遠くなるような時間と努力が必要でしょう。
この厄介な難解な日本語を、どう勉強するのか。
中には関西弁を話す選手もいますね。

日本に根付いて日本代表まで上り詰め、彼らは「日本のため」に戦っているんです。
なんか頭が下がりますよねぇ。
頑張ってくれ、と思います。
その自分のなかの偏見が、この間の「君が代」斉唱で一気に吹き飛びました。感動しました。

今まで自国開催で決勝トーナメントに進めなかったのは、前回イングランド大会のイングランドだけで、これからの「ブレイブ ブロツサムズ」に期待しましょう。
そして応援しましょう。



posted by もえぎ野山荘 at 08:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]