2019年10月13日

避難勧告と特別警報

人生初の避難勧告を昨夜、経験しました。
午後7時ごろ雨の強い中、原村役場からの緊急メールで知ったのですが、この雨で避難勧告なのって感じです。
雨は降り続いていたんですが、身の危険を感じるほどでもないんです。
隣近所を見ていても、動く気配はなく電気はついたまま。
この辺りの避難所はもみの湯なんですが、そこへ避難して安全かとも思いました。
あの小上がりの食堂で雑魚寝なんですから、家の方がいいですよね。

災害の時ってこういうのですね、自分は大丈夫だろうと思うのです。
あれだけメディアが対応してくださいと言っていても、人は動かないということがわかりました。
災害が起こってからでは遅いと言いますが、起こってからしか逃げないのですよ。
それが人間の心理として、よくわかりました。
次に生かせればと思います。

その特別警報もそう。
茅野市と富士見町には早くに発令されましたが、原村だけ発令されなかったんです。
午後8時半ごろ、雨が小止みになったころに発令されました。
特別警報の重みって、なに? と思います。

結局のところ、自分の身は自分で判断し守らねばならないと思いました。
安易な発令は「オオカミ少年」になってしまうかもしれません。

今回の台風は、長野県北部の千曲川流域で被害が大きかったようです。
護岸がえぐられ家が流されたり、鉄道の鉄橋が流されたり、堤防の決壊で広範囲の浸水、停電も起きているようです。

最強台風と言われ、その備えも皆さんしていたでしょう。
金曜日にスーパーへ行くと、カップ麺やパンなどは品薄でした。
それでもこの台風から逃げることもできなく、被害を被るしかないんですね。
自然には勝てない、なんと人間のはかないことかと思います。


posted by もえぎ野山荘 at 13:15| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]