2019年10月14日

千曲川の氾濫

今日は何といっても昨日のラグビースコットランド戦の勝利について、と言いたいところなんですが、長野市の千曲川の氾濫について言わざるをえないかなぁ。

メディアでご存知の通り、長野市穂保地区で千曲川の堤防が決壊し広範囲に浸水しています。
それだけ雨が降ったという事なんでずが、実はあの堤防が決壊した先、川幅が狭くなっているんですね。
ちょっと山が張り出している感じで、しばらく狭いところが続いて飯山の方へと流れているんです。

だから、その幅以上の水が流入したことであの場所で決壊したんではないかと思うんです。
ただ決壊はあそこだけではなく、流域で全部で11か所もあるとか。
佐久から上田、千曲とそこらじゅうで浸水や冠水しているんじゃないでしょうか。

普段は河川敷が広く流れが穏やかな千曲川です。
河川敷には、野球やサッカーができるグラウンドがいくつもあり、リンゴ畑や普通の畑も見られ市民に活用されているのですが、今回の水害で収穫間近のリンゴはどうなっているんでしょうか。
農家は泣くに泣けないですよ、これからリンゴが採れるのに。

もうここ何年もこういう災害つづきです。
想定外という言葉がつかえなくなっています。
想定外を想定しないといけません、思ってもいないことが起こるんですから。
長野市で、あれだけの水害が起こるなんて誰も思っていなかったでしょう。
昨日のラグビー日本代表が、4連勝したのと同じ??

明日は我が身と考えましょう、
長野県内で起こったこと、なにかできることないでしょうか、ねぇ。


posted by もえぎ野山荘 at 14:27| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]