2019年10月16日

「想定していなかった」

長野県内だけにかかわらず、今回の台風被害の大きさが分かってきましたね。福島県の被害が大きいように思います。

長野県内も、長野市穂保の被害が深刻です。
昨日あたりから、長野の放送局がきめ細やかな報道をするようになりました。

泥水の映像や、土台だけが残っている家屋があったところ、避難所の様子などを伝えています。
ちょっと復旧できるのかというレベル、街がなくなっていました。

被災した方々にもインタビューしているんですが、多くの人は「ここまで浸水するとは思っていなかった」「想定していなかった」や「各地で起こる水害の様子を他人事に考えていたけれど、今回自分が被災して大変さが分かった」などと話していました。
まさしくこの言葉です。

もう毎年のように水害は起こっているのに、どこか他人事ですよね。
自分には降りかからないと、みんな思っています。
が、いつ何時自分に降りかかるかわからないんです。
そういう気候変動の時代に、我々は生活するようになりました。

小海線沿線から、軽井沢、佐久、上田、長野に至るまで、まだ停電しているところもあるようですし、その地域の小学校から高校まで、学校は軒並み休校。
もうすごいですよ、終わりが見えないです。

ボランティアの募集も始まっているようで、ちょっと暇ですからいけたらと思うのですが、多くの募集は同じ自治体の住民が対象で、それがどうしてかわかりません。
他の地域からも募集すればいいのに、ま、種々の問題があるんでしょうが。

これを教訓として次に備えねばなりませんね。
自民党幹事長の言など、相手にしないで。


posted by もえぎ野山荘 at 09:10| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]