2019年11月20日

「かどや」

子供のころに、神社仏閣めぐりが趣味の親に連れられて、鞍馬寺へはよく来たんです。
別に行きたくもないのに、と思いながら渋々ついていきました。
その時に楽しみだったのが、門前町で食べる昼食でした。
ちらし寿司と栗おこわと卵とじうどんがおいしかったんですね。

でもいくつかお店があるなかで、いつも食べていたお店が分かりません。
で、親父に電話しました。
今や便利な時代、いつでもどこでも電話がつながります。
昭和のころには想像もつかなかっですよね。

親父曰く「かどやと言う店や」と。
ありましたありました、そのお店。
鞍馬駅への入り口の左側にあります。
「かどや」と言う屋号ですが、それほど角にあるわけでもありません。

喜び勇んで入りますが、ちらし寿司と栗おこわは持ち帰りできるかと聞くと、衛生上できないとのこと。
もう今はそうなんですよ、この考え方です。
昔ならば、別に問題なく持ち帰れたと思いますが。

では食べて行こうということで、栗おこわと卵とじうどんを注文しました。
注文の際に女性の店員さんに、「こちらのお店には40年ぶりぐらいなんですよ、子供のころによく来ていたんです」などと話すと感激していました。
2品も食べられるかと思いきや、そこは自転車で来ていたのでペロッと。
当時の味なのかどうかわかりませんが、鞍馬寺よりこのお店に来ただけで鞍馬に来たかいがあったというものです。
満足満足。

が、このお店、お昼時なのに全く人が入っていませんでした。
駅に電車がついて人が下りてくるのに、ほとんどが素通り。
知らない店に入りづらいのは、そういう事なんでしょうね。
おいしかったのになぁ。
でも何十年も営業しているのは、それなりのものがあるんだと思います。

明日は自転車で京都市内を走ったお話、鞍馬へも自転車で行ったんですよ。

  DSCN1237.JPG
  卵とじうどん、関西の出しの味です。
  DSCN1238.JPG
  栗おこわ、これがうまいんですよ。
  DSCN1239.JPG
  壁に貼ってあったメニュー、そんなに高くないです。



posted by もえぎ野山荘 at 09:24| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]