2019年11月27日

ああ〜香港が・・・

もめてますよねぇ香港。
日曜日に区議会選挙がありましたが、おそらくなーんも変わらないでしょう。
英国の租借地として100年を過ごし、民主主義と共産主義の間にあって揺れ動いています。
いまだ共産主義の中国の傘下にありますが、香港は中国か、とも思います。

4年前にマレーシアに行く途中に、1990年以来の25年ぶりに行きました。行き帰りで一泊ずつしましたが、1990年より発展していると思いました。
でもあの、がちゃがちゃ、残っていましたよ。

尖沙咀から油麻地、旺角にいたるネイザンロードと言われる九龍半島メインの通り、これも一歩脇へ入ると香港らしさが残っていました。
人が多くお店も多く屋台も出ていて、活気がありましたよね。
決して物価は安くなく東京と同じかそれ以上と思いましたが、なんか人を引き付ける魅力がありました。

その香港が6月以降、もめにもめてこれからどうなるのと思います。
デモをお越ししている若者もどうかと思いますが、警察の方がもっと問題じゃないかと。
警察関係者も香港人なのに、世界に配信されて恥ずかしくないかって。
市民に発砲するなんて、あり得ないですよね。
共産党の影響力は絶大で法律はあってないに等しいですから、共産党の意のままに警察は動きます。

本来はなぜあういう暴動、デモが起こっているかを考えないといけないのに、そこがないがしろになっていて議論がないんです。
もう一度原点に戻らないと、と思いますがもはや時すでに遅し。

アジアの中継地としての香港、観光地としての香港、観光面も経済もズタズタですね。
これからどうするべ。

でもあの若者の熱気、日本にもほしいです、羨ましいですよ。
暴徒化するのはいけませんが、もっと国会周辺で騒いて永田町の機能不全に陥るぐらいにやらないと、この国の政治は変わらないかも。
日本民族、おとなしいぞっ!! それでいいのかっ!!




posted by もえぎ野山荘 at 11:02| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]