2019年12月15日

ああ、国立競技場が・・・

寒風吹きすさぶ強風のなか、スマホを取り出しホームページをみようとするも「現在インターネットに接続されていません。」との表示。
そりゃぁそうだわ、そこは硫黄岳の山頂標高2760m の場所。
ネットがつながるはずもありませーん。

11月半ばに応募して落選した国立競技場での元旦の天皇杯サッカー決勝、その一般販売が昨日の午前10時からあったんです。
その時刻、八ヶ岳の硫黄岳山頂にいました。

山岳会の忘年山行であったため、早くから予定は決まっており、そのまま山岳会の忘年会へとなだれ込むので断ることもできず、仕方なく硫黄岳山頂でのネット通信になったのです。
ま、これが分かったときには、国立競技場のチケットは半ばあきらめでしたね。

で、通信環境が整備されたところまで下りてきて、もう一度ネットにつなげてみました。
時刻は午後1時ごろ。
チケット販売ページを見ると、「販売予定枚数に達したため終了」とあります。
国立起用議場のこけら落としの試合が、泡と消えた瞬間でした。

そりぁ午前10時の開始に、午後1時まで残っているはずもありません。
みんな考えることは一緒、6万人の大観衆が・・・。

そもそもは天皇杯決勝をみたいのではなく、それはどのチームが来てもいいんです。
国立競技場の歴史的なこけらおとしの試合に立ち会いたかっただけ。
また行く機会はあるでしょう、その時まで待ってろ国立競技場。
残念。

ということで明日は硫黄岳登山のお話。
posted by もえぎ野山荘 at 11:25| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]