2020年01月09日

リアル逃走中

テレビカメラの前で堂々と演説していましたね、リアル逃走中のカルロス・ゴーン被告。
逃亡した人間が、かくも好き放題に言えるのかと思いましたが、そもそもは逃がしてしまった検察と司法が問題。

あざやかな密出国でした。
密入国と言う言葉はよく聞きますが、密出国と言うのはあまりないのではないでしょうか。
だれも年末の忙しい時に出国するなんて思っていませんでした。
関西国際空港の出国審査もお粗末、弁護団は何をしていたのかあきれるばかり、一番の問題は保釈するにあたって東京地裁がパスポートの携行を許可したこと。

鍵のかかった箱に入れていたという報道ですが、パスポートを持たせればこうなることは予測できたはず。
裁判長はどう責任を取るのでしょうか。

日本の司法は人質司法だと国際的に批判を浴びたことでの保釈でしたが、そもそもは保釈後が問題で、昨年結構保釈中の犯人が逃げていましたよね。
犯人と言うのは逃げたいものなので、保釈してあげたから戻ってくるだろう、という意識が検察の方にありありです。
収監するにあたっても、丸腰で言って逃げられているんです。
お粗末この上なく、なぜ警察官を同行しないのか、分からないですね。

密出国後に、プライベートジェットの検査を強化したところであとの祭り。
普段使っている人は、そんなことしないんですから。

いずれにしろ何億円ともいう費用を使っての逃亡、お金があったからできたようなもので、金に固執する姿勢は変わらずで、結局はみみっちいケツの穴のちっちゃい男ですわ。
もう2度と日本に来ることはありませんから何とでも言えるし、要は日産自動車の内紛じゃないか。
我々、関係ありましぇーん。


posted by もえぎ野山荘 at 09:56| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]