2020年01月31日

新型肺炎

猛威を振るっている新型肺炎。
先日、中国は世界の中心だと書きましたが、こういう病気まで中国発祥(症)なんですよ。

明らかに初動のミスだったと思います。
SARS の反省を生かしてと言っていましだか、数字を隠していましたね。
そうこうしているうちに世界中に広まって、日本国内でも今朝の時点で14人の患者がいると。
これも多いんじゃないでしょうか。
こんなに国内で発症している国もないと思います。

これは検疫体制の甘さ。
武漢から来て熱が出ていたら、おかしいと思えってことです。
熱だけでは診察できない、というその考え方がおかしいじゃろがぁ。

武漢から第一便で帰国した人たちのなかで2人を自宅へ帰し、2人に診察を拒否され、おまけにホテルでは相部屋。迎えに行ってもらっているんたから政府の言う事聞け、とも思いますよ。
でも、なんでそうなるのか教えてほしいわ。
世間の感覚から、ずれていますよね。
だから国内での感染者が、日に日に増えています。
ありえないことばかりやっているから、そうなるんです。

日本時間の今朝、ようやくWHO が緊急事態宣言をしました。
これも遅い。
これは事務局長がエチオピアの出身で、中国から多大なる援助を受けていて、習近平に頭が上がらないことが一因だそうです。
アフリカ東部のあの辺り、中国の援助がすごいんです。タンザニアへ行って、それは感じました。中国人ばかりでしたから。

まだまだこれからも患者数は増えることでしょうが、正しく恐れましょう。
かく言うわたくし、12月半ばの新型肺炎より早い時期がら咳が出ているんですよ。
武漢なんかに行ったことはありませんが、新しい肺炎、かも・・・?
そりゃ単なる風邪じゃないかーい。






posted by もえぎ野山荘 at 10:25| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]