2020年02月13日

流行りのプリン

近頃、堅めのプリンが人気だとか。
昭和の終わり頃グリコのプッチンプリンが世に出て、そこからプルンプルンとしたプリンが主流になり、その後コンビニの影響でなめらかプリンなるものが食されるようになり、いつしかプリンはそういうものだという観念が世に広まりました。

しかーし、プリンとは本来堅いものだと思います。
プルンプルンとしていて、スプーンに乗らないようなものがプリンではなーい。

なにを今さら堅いプリンなのか。
それは流行の先端を行く若者が、堅いプリンを知らないからなんです。
若者が物心ついたころのプリンは、プルンプルンとしたもの。
それが普通だと思ているんですよね。
ところが、堅めのプリンがあると気付いたんです。
そこからの流行。

僕に言わせれば、何をかいわんや。
ということで我が家のプリン、堅めとプルンプルンとしたものの間ぐらいの堅さ。
ちょっと流行とは違うかもしれませんが、絶品です。
これは自信を持って言えます。
一度、食してくださいませ。

  puding_JALAN_190301.jpg





posted by もえぎ野山荘 at 09:49| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]