2020年02月21日

鍋倉山

長野県北部の飯山市郊外の鍋倉山というブナの原生林で知られた山へ、山岳会の仲間とテント泊で行ってきました。
土日が仕事の連中が集まり平日に行ってきたのですが、久々の雪山テント泊です。

道路が除雪されている突き当りまで行くと、平日にも関わらず10台以上の路上駐車。
他の人たちはほぼ、山スキーで日帰りの人たちですが、こちらはテント泊、荷物の重量が違います。

本日のテント設営地を目指し、スノーシュー履いて歩きだしました。
ルートファインディングを繰り返したのに取り付く尾根を間違え、雪の中を登りだすともう下りられないんですね。
そこを間違えたために、急斜面をトラバースしたり急登があったり、這う這うの体でテント設営地の標高1000m ぐらいに到着しました。
ここはあらかじめ地図で確認しておいたところで、平坦な地形だったんです。

時刻はまだお昼の12時半ごろ、ここから山頂まではそんなに遠くないにも関わらず、ハードな登りが続いたために誰も動こうとしません。
そのまま、うだうだとオシャベリに花が咲き、夕食にはギューザなるものを造り午後8時前には就寝。

翌木曜日、お天気のいいなか1時間20分で鍋倉山頂に到着、午前8時前でした。
テント設営地までは登ってきたトレースがあるのですが、その先は昨日尾根を間違ったためにトレースはなくまたルートファインディングとラッセル、下りだからまだいいものの、このラッセルがキツイ。

でも尾根の下りって、気を付けないといけないんです。
間違ってしまうと全く違うとところへ行ってしまうので、時々立ち止まりルートを確認する必要があります。
古くは北アルプス薬師岳で愛知大学の山岳部が冬、下る尾根をまちがえて大量遭難したことがあります。
太郎平の小屋へ行っているつもりが、ひとつ尾根を間違えたために全然方向の違う所へ行っていたんです。
10人ぐらい亡くなったでしょうか、昭和41年の出来事。

ただ、お天気快晴でそこまでの心配はなく、下の集落が見えたのを機にショートカットして、無事に車までたどり着けました。
お昼前には車まで戻れたので、ゆっくりと戸倉温泉に入り、名物の富倉そばを食べ、茅野へは午後4時ぐらいには戻ってこれました。

雪山で一日スノーシューを履き、道なき道を行き、ルートファインディングやラッセルなど内容の濃いハードな雪山山行でした。
明日は、ギョーザのお話。

  DSCN1654.JPG
  DSCN1657.JPG
  DSCN1661.JPG 鍋倉山頂
  DSCN1670.JPG 
  テント設営地、標高1000m ぐらい

posted by もえぎ野山荘 at 10:53| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]