2020年03月26日

オーバーシュートの始まり

ほらほらほら、東京のみなさん、尻に火がついてきましたか。
昨日ちょっと言ったオーバーシュート、現実味を帯びてきやしませんか。
昨日41人もの感染者が出て、びっくりです。今日は何人出ることやら。
それは先週の3連休にあると思います。

大阪府は兵庫県にケンカを売ってでも、人の行き来を制限しようとしました。
それに引き換え東京都、昨夜の会見ではちょっと遅いわ、遅すぎるんとちゃう。ちょっと都知事の動きが、何事にも遅いように思います。危機感の無さ。

この3連休、かなりの人の動きがあったと思います。
サクラが満開になり気が緩み、ちょっと「慣れ」もあったでしょう。
日曜日午後の上りの高速道路はかなり渋滞していました。
こんなに人々は遊びに行っていたのかと思ったぐらいです。
繁華街ではかなりの人出があったらしく、なんか大丈夫じゃないってところが感染を広げているんです。

それはまさしくIOCへの忖度、政治的な事と思います。
五輪延期が決まるまで、自粛要請は出せなかったのでしょう。
IOC の顔色を見ながらの昨夜の会見でした。

東京で感染が広がると感染が広がっているだけでなく、その影響は日本中に広まるんですね。
日本という国は、東京だけで持っているんです。
東京に人、モノ、カネが集まって世界と戦っているんです。
その東京がロックダウン、首都封鎖などになれば、全国に及ぼす影響は計り知れません。
そうならないためにも、各自が危機感を持ってそれを共有して週末に望まないといけません。

でも1000万人もの人口がいれば、果たしてどれほどの人が理解できているか。
オーバーシュートの始まりにならなければいいですけれど。
そこには大空翼も岬太郎もいませーん。

posted by もえぎ野山荘 at 11:20| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]