2020年04月26日

アルバイト

このコロナ禍で収入がゼロのため、遊んでいてもしようがないのでアルバイトをしようと思い立ち就職活動をしているのですが、まぁ決まらなーい。

休業要請をうけて休業した場合、補助金がてるという発表なんですが、いつその詳細が発表されるのか、ほんとにもらえるのかどうかがわかりません。
で、遊んでいても仕方が無いのでバイトをしようと思い立ち、indeed や求人ポツクスなるサイトで検索するのですが、まぁ見つからない。

その中で数件の面接をしたのですが、どれもこれも不採用。
その原因は一つは年齢で、50歳も過ぎてくると世の中仕事がないということを思い知らされました。
自分では、まだまだやれるしやろうと思っているわけですが、世間の評価はそうではなく、どういう事が出来るかとか経歴に関係なく、まず年齢で落とされるんですよね。

今までやって来たことのあるパン屋であったりケーキ屋なんかも行きましたが、面接の相手で出てくるのは40歳前後の一回りも下の人たち。
そういう人たちからすると、経験も技術もある年上の人は扱いにくいわけです。
自分がその組織の長であるためには、邪魔な存在なのですよね。

ということがわかり、ちょっと方向転換が必要だなぁと戦略の見直しを迫られています。
中高年やシニア応援という職種を探した方が良いんでしょう。

修行しているときに、周りは同世代ばかりでした。
50代60代の人はいなかったなぁと、今にして思います。
僕に面接で不採用を言い渡した人たちも、40代で結果を残せなかったら結局は転職せざるを得ないんですね。その上へ行く人は、ほんの一握り。
ということを、この就職活動でわかりましたよねぇ。なかなかきびしい世の中です。

このコロナ禍で、苦しんでいる人はいっぱいいるのに、政治は何をしとるんじゃと改めて思います。
なにわともあれ、いま預貯金で生活しているので早くなんかとせねば。
ちょっと尻に火がついてきましたよん。


posted by もえぎ野山荘 at 16:04| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]