2020年05月22日

ジャパンネット銀行

PayPay を宿泊料の支払い方法の一つとしてご用意しておりますが、PayPay からウチの宿への支払いをジャパンネット銀行にするよう要請がありました。
最近はなんでもかんでも要請、要請。
今は長野県地元の八十二銀行にしているのですが、7月から手数料がかかるとか。
ジャパンネット銀行だと、無料で振り込んでもらえるというので口座開設をしました

それにあたり、ちょっと調べたんですね。
まぁ今を表すネット銀行なんですが、その機能の一つにジャパンネット銀行で作ったキャッシュカードが、海外ATM でそのままキャッシュカードとして使えるというものがありました。
クレジットカードで現地通貨が引き出せますが、あれは貸し付けになるので金利が発生するんです。
それに引きかえジャパンネット銀行のキャッシュ―ドは、自分の日本の口座から引き下ろすという、まさにキャッシュカードとして使えるというもの。

これは海外へ行った際には、楽なんですよねぇ。
東南アジアでは日本円を持って行けば十分通用するのですが、もっと遠くへ行くとやはり米ドルが必要になります。
成田や羽田空港で米ドルに交換し、それをもって現地空港か市街地で現地通貨に交換します。
この現金を持って行くのが危ない、かと言っていつもいつもクレジットカードでは使い勝手が悪いところもあります。
やはり現金が必要な時も。

日本を出発するまでは日本円でよくて、現地に到着すればATM で現地通貨を引き下ろせば済むので、こんないいことはないと思い、ジャパンネット銀行の口座を開設した次第です。

もっとも、当分海外へ行く予定はありませーん。
いえいえ、宿泊料をPayPay でお支払いいただければ十分なんです、ハイ。



posted by もえぎ野山荘 at 17:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]