2020年08月01日

「じゃらん」からの勧誘

関東甲信地方も今日、ようやく梅雨明けしたらしいです。
ほぼひと月、雨が降り続きましたから。
これでやっと夏になりますぅ。

ということで、今日は宿泊予約サイト大手の「じゃらん」のお話。
ウチの宿、じゃらんと契約していますが、あまり予約は入ってこないんです。
その理由は後で述べるとして、先日珍しく電話がありました。
普段はほったらかし、こちらからもほったらかし、めったに連絡を取ることはありません。
ただ、その日ゴルフ場のバイトで手が離せなく、改めて電話をしてきてくださいと言ったら、昨日ほんとに電話をしてきました。
こういう時って断っているのですが、なんでか電話をしてきました。

その内容は、このコロナ禍で宿泊施設は大変でしょうから、じゃらんとしてもなにかできることはないかということで、キャンペーンを開催します。
リクルートの持つ予約システムを使って効率アップを狙い集客アップにつなげ、その上半年間手数料が無料というもので、月額の基本料金12000円も不要と言うものでした。

旅行そのものが不要不急のものですから、じゃらんを通しての予約も少ないのでしょう。
なにかしら手を打ってきました。
ただ、あのリクルートがそんなおいしい話を持ってくることはなーいと思い書面をよく見ると、解約の場合は2か月前の1日までに事務局まで連絡をお願いします、と小さな字で書いてありました。

これよくやる手ではないですか。
半年無料と思っていたら、解約するのに随分前に手続きをしないといけないという詐欺まがいの手法。
気づいて解約の手続きをしても、2か月分は費用が取られるという事です。
さすがに、あのリクルートがやることですよね。

あのリクルートというのは、我々の世代では例のリクルート事件が思い起こされます。
昭和60年頃、世間を騒がせました。
その印象を、いまだにぬぐえないんですよねぇ。

もうちょっとで引っかかるところだったなぁ、新手の詐欺に。
おいしい話には気をつけろ、という典型です。

ちなみに現在、じゃらんからの予約はできませーん、あしからず。
予約できないように止めてありますからぁぁ。




posted by もえぎ野山荘 at 12:13| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]