2020年08月23日

原村応援商品券

このコロナ禍の苦境を救おうと、原村内で使える商品券なる物が送られてきました。
7月1日現在、村内に住所を有する者が対象とかで、原村にいない子供たちの分も入っていて、4人分でなんと12000円分もの商品券です。

飲食店や宿泊観光施設、車関係、花き農園、食品販売、健康美容など、様々なお店が登録されています。
原村のなかでこんなにお店があるのね、と思うぐらいの登録数。
まぁでも、この商品券を使おうかと思うのは限られたお店になるでしょう。

実はこれ、第2弾で第1弾がありました。
それは8000円分の商品券。
これ幸いにと、普段いかない飲食店2店で外食して使い切ってしまいました。

が、原村というのに限りませんが、また行こうというお店は少ないもので、こんなもんかで終わってしまうのが多くのところ。
地域の評判のお店であっても、なかなか次行きたいと思うお店は少なくないですか。
だから常に新規開拓しているようなところがあります。
何度か行くのは、回転寿司であったり「餃子の大将」のような大衆的なお店ばかり。
一回で終わってしまうお店がほとんどですよね。

これは何なんでしょうね。
よっぽどおいしいと思うか、味が分かっていて安心して行けるお店か。

人のふり見て我がふり直せ、ですが、多くのリピーターが来られるウチの宿、リピーターの方々にそっぽを向かれないようにこだわっていたいと思いますぅ。
感謝、感謝ですぅ。

でもこの商品券、結局は税金でねぇか。
それなら割り勘負けしないように、12000円も使い切ってしまおうと思ってますぅ。

  DSCN2176[1].jpg

posted by もえぎ野山荘 at 17:22| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]