2020年09月02日

石破潰し

明らかに石破氏に総裁になってもらっては困る、という意識が見え見えの自民党総裁選ですね。
多くの国会議員や地方党員が、自民党員選挙をやろうと言っているにも関わらず、党執行部は簡易選挙のやり方で押し切りました。

地方票を多く稼げるとみなされている石破氏が総裁になれば、安倍政治の継承はおろか数々の疑惑を掘り起こされては困る、というもの。
そこで今の権力構造を維持するためには、菅官房長官を押した方がよいという勝ち馬に乗る構造は相変わらずです。

なぜ石破氏が地方で人気があるのか、一番まともな考え方をしているからでしょう。
何を言っても言う事聞かない執行部より、国民に寄り添っていますよね。

この石破、岸田の両氏にとって、戦わずして結果が分かっているのってどうよ、と思います。
特に岸田氏は、この総裁選に出ないと政治生命が終わると言われています。
政調会長していたのって思ったぐらいですから、日ごろからの発信力が弱く何をしているのかわかりません。
そういったことは世間は良く知っていて、支持率も少ないですよね。

党員選挙をやるべきだと、署名活動まで展開したのに無下に却下されて誕生した政権は、基盤が柔く短命だそうで、そういうしょうもない政治家を選んでいるのが我々国民なんです。
その総裁選を主導した二階幹事長、次はあんたが辞めなはれ!!


posted by もえぎ野山荘 at 11:15| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]