2013年04月03日

「それがLCCです。」

1週間以上にわたってお送りしています沖縄のお話も、今日が最終回です、たぶん?
それほど印象に残った、ということでしょうか。

今回沖縄へ行こうと思ったのは、昨秋に関西空港〜那覇間を格安航空{LCC}が就航したからです。
いったいいくらなのか、とネットで検索してみると片道4580円から、だとか。
これなら往復でひとり10000円ぐらいか。

昨春九州旅行をしたときにかかった費用が、約17万円。これなら十分沖縄へ行けるのでは、と思ったことからでした。

LCCは、今話題のピーチアビエーションズ。
なんだかんだで一人往復13000円になりました。
クレジットカードの手数料までこちら持ちなんですから、それでも満足のいく安さ。

ところが
行きは家族がまとまって座れましたが、帰りの座席はバラバラになりました。
そのことに文句を言いにいくと、言われたのが標題の言葉。

この言葉は、お客さんをないがしろにするそんな事も知らないのかというニュアンスが、言外に現れています。
そういう言い方はないでしょう、女性職員にこちらもカチンときて捨てゼリフ「二度と乗らん」と。

お客さんに「二度と〜しない」と言わせるのは、サービス業として失格だと思います。
お客さんはみんな素人なんです、迎える方はプロ。
そこがわかってないと今後のLCCの発展はありません。LCCはまだ始まったばかりですから。

ピーチアビエーションにおされ、スカイマークが関空〜沖縄線を廃止するそうです。
今好調なのは安いからで、沖縄往復13000円なら行ってみようと思うじゃないですか。
好調な時に、次のことを考えないといけません。

でも「二度と乗らん」と言ったものの、また利用するんでしょうねぇ、安いから。
そこが人間の悲しい性(さが)ですよねぇ。














posted by もえぎ野山荘 at 16:52| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。