2017年10月23日

野党の責任

結局、自民党でしたね。
変化を望んでいなくて、今のままで良いという選択です。

とはいえ、今回は野党の自滅でした。
とりわけ小池都知事と前原代表の責任は重いと思います。
ひと月前の解散の大義などは当の昔に忘れてしまい、なんで解散したのかなどという論議はさて置かれ、この二人にかき回されました。

特に小池都知事は、今までに決まってきたことをかき回すだけかき回し、その挙句元のさやに戻るということを繰り返して来ました。五輪の会場問題にしてもそうだし築地市場の豊洲移転もそうだと思います。
それが今回は一言で目論見が外れ失敗しました。
そういう小池都知事を頼った前原代表は、万死に値するのではないでしょうか。
これで政治の表舞台からは消えるかもしれません。どう責任をとるでしょうか。

この野党のドタバタ劇の間に漁夫の利を得た自民党、森友加計問題にしろ強行採決したやり方の信認を得て禊が済んだという「勘違い」をして、またまた暴走一強政治をまい進するかもしれません。

こういうのもすべて野党の責任。
東京のある区では、自民党の立候補者1人に対し野党は5人も出しているんです。
これを1対1にすれば十分議席を確保できるものを、それが出来なくて反自民票の方が多いのにまんまと自民党に議席を渡しています。
すべて野党の体たらくがまねいた結果でしょう。

投票率がどうなるか関心ですが、おそらくまた戦後最低を記録するかもしれません。
半分の人が投票をしないという先進国は、他にはありません。
投票しない人は棄権という選択をしたと言いますが、それは与党に白紙委任をしたという事です。
だから与党がどうしようが良いという事、反論できませんね。

その結果、次の衆議院選挙までの約2年半??は、信認を得たという勘違いをした与党が暴走する羽目になるのですよ。
ああ〜一体全体この日本という国は、どうしようとして、どういう方向に行くんでしょうねぇ。
いっその事、アメリカの51番目の州にでもなればいいのに?!






posted by もえぎ野山荘 at 11:09| Comment(0) | 日記

2017年10月17日

雨、雨、雨

みなさん、お住いの地域のお天気どうですか。
長野県原村は、ずぅーーっと雨です。
先週金曜日が一日中雨、土曜日は曇りだったものの、日曜日朝起きた時からずっと雨です。
かれこれ50時間以上は降りつづいています。

時間雨量にすれば5〜6mm ぐらいと多くはないのですが、それでも屋根をたたく雨音は絶え間なく、家の前の道は小さな小川のようになっています。
今日の午後は晴れ間もでるという天気予報ですが、この天気でほんとかと思いますよ。
気温も上がらず寒く、ずっと霧の中で生活している感じです。

この降り続く雨で思い出すのが、平成18年7月の豪雨。
あの時は時間雨量30mm ぐらいが、3日間降り続きました。
大水害で数名の方が亡くなり、諏訪湖があふれるという噂が流れたぐらいですから。

今回はそこまではいかないでしょうが、それでもこうも雨続きだとどこかに支障が出るでしょう。
太陽が恋しいわっ!!>


posted by もえぎ野山荘 at 10:42| Comment(0) | 日記

2017年10月13日

街頭演説

昨日までの暑さとお天気が打って変わって、今日は寒く結構な雨ふりです。
先ほど11時の気温が10℃でしたから。

さて、その暑さだった昨日のお話。
衆議院選挙の街頭演説をAコープ原村店の駐車場で、希望の党の候補者がやっていました。
時刻は午前9時半ごろ。
聴衆はいません、関係者ばかりです。
そこをマイクをもって大声で政策を訴えているのですが、単なる騒音でしかありません。

だいたいが、そのAコープ原村店は午前9時30分からが開店。
土日ならいざ知らず、平日のその時間は人はまだ動いていませんよね。
そんな人のいない時間に、どうして演説しているのと思います。
だれに向かって言っているのか。

そもそもこの候補者、長野3区から引っ越してきました。
上田小諸佐久辺りの地盤の人ですが、そこにはもう一人希望の党の候補者がいるため長野4区に引っ越してきたんですね。いわば落下傘部隊。
全く知らない人なんです。

諏訪郡は長野4区なのですが、ここには自民党の前職と共産党の新人が立候補していました。共産党の新人と言っても、長野県議会議員なので地方議員と言えどもいわば政治のプロ。

その2人しかなく、こちらとしても選択の余地がなかったところへ、選挙区を鞍替えして希望の党から立候補したのですが、はたして原村で誰に演説しているのか、これでは原村で演説したという既成事実を作っただけと言われても仕方のない候補者では、希望の党公認と言えどもどうよ、と???ハテナマークがいっぱい付くわ・・・。




posted by もえぎ野山荘 at 11:43| Comment(0) | 日記

2017年10月12日

W杯サッカー各大陸予選

今日もサッカーのお話。
W杯サッカーロシア大会の各大陸予選が佳境を迎えています。

徐々に出場国が決まりつつありますが、
南米大陸では、アルゼンチンが滑り込みセーフで出場権を獲得しました。
最終戦で勝たないと出場を逃す場面で、エースのメッシがハットトリックでなんとか予選3位に食い込みました。この試合を落とすと出場できなかったのですから、そのプレッシャーはすごかったでしょう。

その上の大陸、北中米カリブ海予選では、なんとアメリカが出場を逃しました。
7大会連続で出場しベスト8まで行ったこともあるアメリカだったのですが、予選5位で落選。

ヨーロッパでも、あのオランダが出られないんです。
2010年南アフリカ大会では準優勝したチームなのに、予選3位で出られないんです。
イタリアですら予選1位になれなくて、2位でプレーオフに回りました。
その反面、人口30万人余りの小国アイスランドが初出場。

6大会連続で出場している日本代表は、今回も予選1位で通過。
埼玉の試合で負けたオーストラリアがまさかの3位でプレーオフに回り、今度は北中米予選4位のホンジュラスと大陸間プレーオフをします。
アジアで2位までに入らないと、とんでもない試合をする羽目になるんです。

怖いですよねぇ。
W杯って強豪国でも、出場できる保証はないのですね。
なんか日本代表はW杯に出られるのは当たり前みたいな雰囲気がありますが、決してそんなことはなく簡単ではないのですよ。
そう思うと、批判ばかりしているのはどうですかねぇ。
でも批判も必要だと思いながら来年始まるW杯、わが代表を応援しようと改めて思った次第です、ハイ。





posted by もえぎ野山荘 at 16:07| Comment(0) | 日記

2017年10月11日

キリンチャレンジサッカー

今日はサッカーのお話。
昨夜横浜の日産スタジアムで、日本代表の試合がありました。
結果は新聞などに掲載の通りですが、惜しむらくは観客の入り。
日本最大のキャパのあるスタジアムだけに、昨日は空席だらけでした。
45,000人ぐらいが入ったようですが、器がデカすぎるだけに余計に空席が目立ったのですね。

だいたいが日本となじみのないハイチ代表というチーム。
世界ランクは48位なので、日本の40位と大差ないですからかなりの実力者。
ただこちらの代表メンバーが、ねぇ、あれじゃ2軍じゃない。

W杯に向けての新戦力の試験という事らしいですが、華がない。
DFは相手に詰められず、間合いがあるがために簡単にシュートを打たれ、サイドバックもクロスを上げてもその精度に難があり、あれでは3失点も当然でしょう。
クロスやコーナーキックのボールの質、あれじゃぁ点は入らないわ。
よく3点取ったなぁと思います。

昔、フランスW杯出場を決めたころの代表は、やる気がみなぎっていました。
ようやく世界の舞台に立てた、勝負出来るという所まで来たのですから。
ただ結果は散々で世界の壁を思い知らされるのですが、これからの日本サッカーを変えていくという気が伝わってきました。
が、今の若い選手はそんなことは知らず、W杯に出られるのは当たり前とでも思っているのでしょうか。

そういう所を見透かされ、観客の少なさにつながっているのではないかと思います。
選手を育てるのも観客の目であるし、選手もその目を意識しないとならないと思います。

また監督更迭論なども出てくるかもしれませんが、このままではW杯は参加することに意義がある状態で、いつまでたっても強くならないですねぇ、たぶん・・・。


posted by もえぎ野山荘 at 14:00| Comment(0) | 日記

2017年10月10日

「一見民主党だ」

この選挙戦で公明党の代表が街頭演説で言ったことば。
これ、腹立ちますよねぇ。

立憲民主党は民主党時代と何ら変わりなく同じだ、ということを皮肉って笑いを取ろうと言ったのでしょうが、こういうマイナスのギャグを公党の代表者が言うべきものではないと思います。
お前が言うな、ですよ。
人の体形や欠点をあげつらって言うのと同じ。

大体が選挙戦と言うのは批評合戦で相手の弱いところを批判しますが、それよりも自分の所はこうだと言えないのかって思います。
いえ、言っているのでしょうがそれがつたわってこない。

希望の党も失速していますね、パッとしません。
本来は安倍政治の5年間を判断するはずなのに、希望の党に民衆もメディアも振り回されています。
公示され、本来の理由を取り戻すことができるでしょうか。
思い出させてくれる何かが必要かもしれませんが、一体全体今度の選挙、我々はどうしたらいいのって言うのが本音です。




posted by もえぎ野山荘 at 13:50| Comment(0) | 日記

2017年10月05日

お月見のだんご

いくらでも書ける政治の話はちょっと置いといて、なんだか自分たちの事ばかりでどうでもいいじゃないか、国民不在の選挙だと思い始めました。

で、今日はお月見のおだんごのお話。
昨夜は中秋の名月でした。
夜空を見上げて名月、見てみましたか。
長野県原村では夕方は曇っていたのですが、夜10時ごろには晴れて名月が見られました。

朝から中秋の名月だとメディアが言っていたので何を思ったのか、そうだお団子を作ろうと思い立ち、夕食の材料を買いに行ったついでにおだんごの材料も買ってきました。

白玉粉と絹豆腐とこし餡でできるんです。
豆腐と白玉粉をまぜあわせ、お湯でゆでるだけ。
こし餡を形とよくお団子の上にのせて出来上がり。
見た目はまあまあでしたが、お団子の中心まで火が通っておらず、家族の反応はむむむ・・・。
イマイチ。

しょうがないですわ、初めて作ったためにその加減が分からなかったのですから。
来年? はちゃんとつくります。
覚えてれば、の話ですが。

ちなみに本当の満月は十六夜である今晩だそうです。
じゃぁ今夜もう一度作る・・・?
反対されるなあ。

  CIMG5703.JPG







posted by もえぎ野山荘 at 15:05| Comment(0) | 日記

2017年10月04日

排除の論理

どうですかねぇ、今週の政治は。
希望の党、先週までの熱気はなくなり、失速感が漂っていませんか。
排除するやさらさらない、次の次を、などという一言で政治というのは風向きが変わるんですね。
怖いですねぇ。
急増の設立感は否めなく、公認候補を出すにしてもドタバタでした。

本来今回の選挙は、安倍政権の5年間を総括するということでの大義ない解散を審判すると言う事だったはず。
それが、取って付けた公約がそのまま走り出し、あたかも議論をつくして練られたようになり、新党ブームより政策が大事と言い出した与党。

それに対抗するべく野党は共闘するはずだったのが、希望の党と民進党とのドタバタでそれが主役になってしまい、自民党が埋没していませんか。
誰も自民党の一強をたおすということを、声高に言わなくなりました。

惜しむべくは、新党の「風」が吹かないんですよねぇ。
希望の党も、ここは誤算だったのでは。
都知事の仕事を投げ出して国政に参政するのは世論の支持を受けられなく、思い付きで発した言葉に状況をがらりと変えられて苦戦していると思いますが・・・。

この野党のドタバタを、対岸の火事としてみている与党。
このままでは、また与党が利するだけです。
5年間やってきたこととなんらかわらなく、また一強がつづくわさ。




posted by もえぎ野山荘 at 15:56| Comment(0) | 日記

2017年09月29日

18歳の選挙権

しばらく選挙のお話が続いてますが、
高校3年の娘、今回の衆議院選挙で投票できるんですよ。
2年前? から18歳にも選挙権が与えられましたが、その恩恵?で今回初の選挙になります。

この18歳の選挙権と言うのは、どうでしょうか。
高校3年生には早すぎはしないかと思います。
同じクラスに、選挙権を持っている生徒と持っていない生徒が存在するので温度差があるみたいで、クラスではまだ具体的には選挙の話は出ていないそうです。

18歳で選挙権があるのは問題ないと思うのですが、それは高校を卒業した3月以降としてはどうかって。
卒業して社会人になる者も大学生になる者もいるでしょうが、高校生の間と卒業してからとでは意識に差が出てきますよね。

大学生や社会人になれば、自分で判断することが多くなると思います。
そういう時にこそ選挙権は必要で、高校生の間ではそこまでの判断は難しいのではないかなぁ。それに受験生、選挙どころではないはず。

で、娘に問いました、今度の選挙は初めての選挙になるけれどどうするのかって。
娘曰く、お父さんの言う通りにするっと。
ちょっとこれから洗脳しようと思いまっす。


posted by もえぎ野山荘 at 14:18| Comment(0) | 日記

2017年09月28日

政権選択選挙

いやぁすごいですよねぇ、政治は生き物ですね。
今週の月曜日に希望の党が出来たとき、こんな展開だれが考えていたでしょう。
昨日ですらわからなかったのに、民進党が出来たばかりの希望の党へ事実上の吸収合併みたいなものです。

こうなると慌てるのは与党。
小池都知事の登場で形勢逆転になります。

今回の選挙は政権選択選挙です。
私物のごとく衆議院を解散して、大義を後付けでこじつけて国民もメディアも怒っていますよ。
そういう不満を受け入れる政党が出てくれば、自民党はあっけなく惨敗する政党だと、個人的には思います。

選択肢がないから消極的支持の無党派層が、この党ならやってくれるという印象を受ければそっちに投票するのですね。
その現象が起きたのが、先の都議会選挙。
与党自民党への不満の矛先が向けられたのが、都議会自民党でした。
自分たちはさして悪くはないのに、あおりをくった形になりました。
そういう事が起きるかどうか。
政治は生き物ですから、明日どうなっているのかすらわかりません。

とりあえずは、首相の専権事項と言われている解散権をはく奪してほしいわ。
だいたい、2年半ぐらい毎に600億円もかけて選挙をやっているんですから、全くもって無駄。
今回は考えないといけませんよ。




posted by もえぎ野山荘 at 14:06| Comment(0) | 日記

2017年09月27日

日本をリセット

「希望の党」の設立会見がありましたね。
小池都知事、勝負師ですよねぇ、すごいですね。
月曜日に党名を発表すると同時に、イメージビデオも動画配信しました。
これ、準備してたんじゃないですか。
ついでに党名も2月に商標登録していたとか。

2月なんて、当の首相ですら解散なんて考えてなかったですよ。
森友問題に追われていて、それどころではなかったはず。
先の先を見越して、ちゃんと準備していたんだと思います。

ただ、新党結成はいいのですが、今までにどれだけの新党が出来ては消えて行ったことでしょう。
長続きしないんですよ。
その度に議員の整理が行われて、結局は自民党を利するだけに終わっているのですよね。そこを我々は忘れてはならないと思います。

「希望の党」、いい名前じゃないですか。
でも集まった議員の面々を見ていると、自身の選挙区で苦戦している連中が多い。
寄らば大樹の陰で、小池都知事の下に集まれば何とかなるという議員でいることが大事な人たちで、この新党で何をしたいのかってことが見えてきません。
現時点ではあまり期待値は高くないようですが、選挙までの約1か月で何が起こるかわかりませんから、策士の小池都知事、次の手を考えていることでしょう。

都知事と国政政党の代表で兼務ができるのかなど、いろいろと都議会内部からも批判が起こっています。
でも、新しいことを始めないと改革は望めなくて、自民党の古い政治体質、しがらみばかりの政治を変えていくには批判は覚悟の上だと思います。
何はともあれ、今後の活動が見ものですね。

posted by もえぎ野山荘 at 14:34| Comment(0) | 日記

2017年09月26日

国難突破解散

今日はこの話をせざるをえません。

よくぞこんなことを言えたものです。
今朝のメディアは、どこもかしこも非難の嵐。
自分で国難を作っているんじゃないかと、言い返したいぐらいですよ。

この取って付けた大義で、世間が通用すると思うほど国民は甘くないですよね。
要は、国民の生活よりも国会の論議よりも、自分の議員という椅子が何より大切なんです。
国会を軽視し議論から逃れて、自分のやりたいようにやる。
政治を私物化していませんか。

2014年12月の衆院選も大義がありませんでした。
消費税を上げないという信を問うというもの、今回もそうですよね。
2年も先に先送りした消費税の増税を、その使い道を変更すると。
これ、2012年に3党合意で決まったことを、いとも簡単に変更するんですよ。
国会での議論も全くすることなく。

なんと言葉の軽いことか。、
政治家の言ほど、信用のおけないものはありません。
政治家は言葉です、それ以外なにもない。
2006年の第1次政権の時、最後の一人まで国民年金の照合をやると言ったのはどうなったのですか。

この5年間、数の力をたよりに特定秘密保護法、安全保障法、そして共謀罪等々選挙公約では一言も言っていなかったものが、可決成立してきました。
おかしいと思いませんか。
昨日の解散会見で、憲法には触れませんでした。
この総選挙が終われば、ぶり返されますよ。

相手の意見を聞かず、私利私欲に走っている首相の政治姿勢。
それが今回問われるのですが、どうして支持率が回復しているのかもわかりませんし、自民党の支持率が下がらないのもわかりません。
森友加計問題にしても、丁寧に説明すると言っておきながら、納得のいく説明がありましたか。
このままでは、民主主義とこの国の立憲主義が崩壊するんじゃないでしょうか。

5年も総理をやっていたら、普通は宰相といわれるのでしょうが、国会を軽視し議論から逃げ、数の論理をおしとおすおごる政治を続けていくかどうか、その首相の政治姿勢そのものを問われる選挙になるんです。

このままの状態を続けていくのかどうか、国民のみなさん、考えないといけませんよ。


posted by もえぎ野山荘 at 10:45| Comment(0) | 日記

2017年09月25日

お風呂でヤマガラ

一人でウチにいると、時々カタッとかカチッて音がするんですよね。
なんか、怖いんです。
多くは木がしなっていたり、ドアの音なんですが。

でも、今日は違いました。
お風呂でカタッガタッと音がするので、なにか目にみえないものがいたらどうしようと、こわごわ覗きに行くとそこにはヤマガラが・・・。

換気をするために、外へ通ずるドアを開けておくのですね。
そのわずかな隙間から入り込んだようです。
スズメほどの大きさの鳥ですから、10cm もあれば十分。
で、入ったはいいけれど、ここはどこって感じだったのでしょう、網戸にくっついていました。

1m 程の至近距離で見られるなんて、こんな事は初めて。
いさんでカメラを取りに行き、撮った次第です。
くちばし開けて怒ってますよね。
本人は威嚇しているつもりなんでしょうが、人間には全く脅威には感じません。

しばらく写真を撮って逃がしてやりました。
まぁなんと自然豊かなことかと、改めて思った次第です。

  CIMG5671.JPG
  CIMG5675.JPG





posted by もえぎ野山荘 at 14:10| Comment(0) | 日記

2017年09月24日

リンドウのお話

木曜日に行った入笠湿原の話のあとにリンドウの話をしようと思っていたのが、皇太子さまの登山や小学校の運動会などの方がタイムリーな話だったので、今日になりました。

で、本題。
リンドウもいろいろな種類の花があります。
山の花となると、入笠湿原に咲いていたエゾリンドウ、高山帯ではトウヤクリンドウ、フデリンドウなどしか思いつかないですが、野山ではもう少しあるでしょう。

でも、ほとんどが花が開いていないと思います。
なんでかわかりませんが、これは僕の主観ですがりんどうは晴れないと花が開かないのですね。
花弁が閉じていることがほとんどだと思います。

その意味では、入笠湿原でエゾリンドウの花が開いていたことは貴重です。
それが下の写真。

  DSC_1195.JPG

見落とされがちですが、これでも花が開いているんです。
花が開かなくて受粉などちゃんとできているのか心配になりますが、入笠湿原のエゾリンドウの群落はかなりの数ですから、まあ大丈夫なんでしょう。

と、ここまで書いてきて昔の話を思い出しました。

東北飯豊連峰には、リンドウの固有種のイイデリンドウというのか咲いています。
それを見るために大日岳へ行きました。
飯豊連峰のほぼ中央に位置するため、非常に行きにくい。

御西岳にテントを張り、ほぼ大日岳直下まで往復3時間かけて行きましたよ。
行ってみれば、さっき言った通り花は閉じていました。
あ〜こんなものかと思ったのを覚えています。
平成8年7月のお話でした。
なんのこっちゃ・・・。



posted by もえぎ野山荘 at 15:30| Comment(0) | 日記

2017年09月23日

小学校の運動会

小学校の横を通ると、運動会をやっていました。
夜半からずっと雨だったのですが、グラウンドは問題なさそうです。

これ、村の一大イベントなんですよ。
まったく関係ないのですが、運動会をやっていたら思わず覗いてしまいました。
何しろ村の一等地にあって中心ですから。

少子化で学校が無くなっていきますよね。
小学校ってその地域の中心ではないですか。
小学校がなくなると、その地域そのものの元気がなくなるというか、廃れるというか。
その点、原村に小学校は一つしかないため、まだまだその心配はなさそうです。

子供が小学校の時は、場所取りやグラウンド整備などいろいろやらされましたが、今はなーにんも考えずに見ていられますわ。
あーあ、良かった。これは楽。

  CIMG5664.JPG
  CIMG5668.JPG

posted by もえぎ野山荘 at 16:21| Comment(0) | 日記

2017年09月22日

西天狗岳登山

昨日、皇太子さまが西天狗岳に登られたとニュースがありましたね。
こちらの地元新聞の一面に載っています。
これ、かん口令が敷かれているためか、この地域でも知られていませんでした。

実に9年ぶりの山小屋に泊まられての本格登山だとか。
ということは、記憶が定かではありませんが、同じ八ヶ岳の網笠山にある青年小屋に泊まられて以来かもしれません。

茅野市の登山口から山小屋に一泊されて登ったらしいですが、ということはたぶん、唐沢鉱泉から入り黒百合ヒュッテに泊まっての登山だったはず。
写真に乗っているガイドをしている人は、黒百合ヒュッテのオーナーでこの辺りのドンです。

よくもまあ黒百合ヒュッテみたいなところに泊まるわぁと思いますよね。
今年2月に泊まりましたが、どんな食事を出したのでしょう。
この食事を出して恥ずかしくないのかと言うレベルですから、皇太子さまも同じものを食べたのでしょうか。
日本の山小屋の設備は、世界では最低レベルですから。

僕の記憶では、西天狗岳登山は3度目の正直のはずです。
年月は忘れましたが1度目は悪天候で中止し、2度目は本人の体調不良で中止になりました。
ようやく登れたという次第だと思います。

来られることによって登山界では、数々の逸話を醸し出していかれる皇太子さま。
昨日も登山後のことでしょう、茅野市内では交通規制がしかれ警察官が辻々に立ち、黒塗りの高級車が何台も通っていって信号はすべて青で、沿道には人だかりが出来たそうです。

皇太子さま一人が歩かれると、数十人の人がついていくでしょうから、良いのかわるいのか。
とりあえずは、黒百合ヒュッテは万々歳ですね。
これがうわさになり、人は多く訪れます、大したことないのに。
って、風呂入ってないじゃん・・・?

  CIMG5659.JPG


posted by もえぎ野山荘 at 09:35| Comment(0) | 日記

2017年09月21日

入笠湿原へ

久しぶりに入笠湿原へ行ってきました。
6月にスズランを見に行って以来です。
通行規制が続いているので、ちょっと簡単にはいけないのですよ。

そんで愛車ヤマハDT200R で行ってきたのですが、湿原はエゾリンドウの花が真っ盛り。青紫色の花々が満開で、秋の装いを感じられました。

エゾリンドウのほかには、ワレモコウ、マツムシソウ、ウメバチソウなどが見られましたが、なんかちょっとした草原って感じで、お花畑からは程遠かったですよねぇ。
それは、もう花の季節は終わりで、この後は紅葉になる手前の風景だから仕方がありません。

平日の午後3時、人もいなくて独り占めできた入笠湿原でした。

  DSC_1180.JPG
  DSC_1181.JPG
  DSC_1195.JPG


posted by もえぎ野山荘 at 17:11| Comment(0) | 日記

2017年09月20日

セブンイレブン原村店

原村には、コンビニは1軒しかありません。
役場ちかくにセブンイレブンがあるだけです。

村に1軒しかないため、わりと利用する人は多く流行っていました。
ただ、村の中心にあるAコープや役場、小学校などの集まっているところから、500mぐらい離れているがために、たまに行くぐらいであまり行かないのですよね。

それが8月下旬に、原村店リニューアルオープンとチラシが入っていました。
おっなんか改装したのかって思っていた昨日、プロバイダーの料金の支払いに行ったら、なんと道路を挟んだ対面に新築移転して、店舗も大きくなり駐車場も大きくなっていました。
びっくりしますよねぇ。

以前新聞か何かで、セブンアンドアイホールデイングスがセブンイレブンの店舗を順次、改装リニューアルしていくというのを見たことがあります。
まさしくそれ。

店舗正面中央に出入り口があり、カウンターは奥の壁の方にあります。
今までのコンビニは、出入り口は右側か左側、入ってすぐにカウンターレジがありましたよね。
まったく違うんですよ。

カウンターも大きくて詳しく見ませんでしたが、がらっとかわっているような感じ。
今後順次、セブンイレブンはこういう店舗になるのでしょうね。

もうただでさえ世の中の動きについていけてないのに、いまだガラケーを使っている身としては、地元の原村ですらこういう流れになってきているのかと思うと、愕然としますよ。
なんとか世の中の流れについていけるように、がんばりましょう。
ちなみに、写真撮り忘れましたっ?!
そのうちお近くにもできるでしょうよ。

posted by もえぎ野山荘 at 14:21| Comment(0) | 日記

2017年09月19日

ようやく終了

8月初めからずぅっーと続いていた忙しさが、昨日の連休でようやく終わりました。
1か月半以上十分に休めず、なかなか夏の疲れがとれずにきたものが、今週は丸々1週間休めます。

9月は実家の稲刈りが入るので、これが結構しんどい。
往復約1,000km ぐらいあるので、運転に気を遣うんですよね。
帰りは450kg ものお米を積んでいますから。

そんなこんなで、ようやくのまとまった休み。
と言っても何をするでもなく普段通りの生活があるのですが、特に特別なことは何もしなーい。
1日ぼっーとしているのみ。

人間、一日の生活の中でいかにぼっーとできるかも重要だと思います。
それを土曜日までやるのさ、楽しみ楽しみ。

予約が入るとなかなか更新しづらいこのブログも、あることないこと書いていきたいと思います。
posted by もえぎ野山荘 at 14:00| Comment(0) | 日記

2017年09月15日

8月の中央道通行止め

8月18日から19日にかけて中央道が通行止めになりましたね。
恵那ICと瑞浪ICの間で。
大雨による土砂崩れが原因で上下線が通行止め、土砂が近隣の家屋まで達したとニュースにありました。

原因は、そのすぐ上にある窯業の会社の不法投棄だったとか。
さすがに幹線道だけあってすぐに通れるようになりましたが、その後ちゃんと修理したのかと思っていた先日、稲刈りのため実家へ帰る前に反対側車線を通ったとき「ここかと思い」帰りに場所を覚えておいて写真をとりました。

それが下のもの。
まだ土嚢を積んでいるだけで、ガードレールなどの修理はされていません。
これ、たぶんトラブっているんですよ。
自治体から不法投棄を指摘され、行政処分が出ているのでしょう。
それへの対応が遅れていて、道路の補修まで間に合わないんだろうと思います。

道路情報では「8km先、路肩注意」とでていたので、たぶんこれの事かと思いましたが、なんら修理しているような感じではありませんでした。
まぁ道路を走るのには問題ないので、こちらは関係ありませんが。

あっちなみに写真は左側を時速80km ぐらいで走っていて撮ったものです。
というより、コメ積んでいてスピード出せなかったのですよ。

  CIMG5629.JPG
  CIMG5630.JPG
posted by もえぎ野山荘 at 16:21| Comment(0) | 日記