2020年05月01日

原小学校の校庭

原村の小学校では、4月の第2週の6日〜10日は登校していたようです。
が、その後休校になったようで、ばったりと子供の歓声が無くなりました。

その小学校の校庭でタンポポが咲き黄色いジュウタンのよう、校庭を取り巻く土手には桜の木が咲いています。
黄色とピンクの見事なコントラスト。
ただ、それを見る子供たちがいません。

都会では保育園を建設するといえば、やかましいといって地域全体で反対したり、公共交通機関で子供がいれば忌み嫌われ、確かにやかましいです、言う事聞きません。
でもね、このひっそりとした小学校をみていれば、そのやかましさというのがどれほど大事だったか、と思わざるを得ないんです。

今、小学生や中学生は毎日毎日どう過ごしているんでしょう。
外へ出るなと言われ、街を子供が歩いていれば、えっと思いますね。
そんなこと不自然じゃないですか。

9月から新学期にしたらどうかという議論が出てきていますが、世界の潮流に合わせるには9月でもいいと思いますが、もう5月が始まった今日で9月新学期ができるのかどうか。
時間が足らないんじゃないですか。
社会の情勢を変えていくことになりますから、無理にやろうとすれば結局そのしわ寄せは子供たちに行くんです。
でもやるならこの機会に、とも思います。

入学式もなく新年度になっている今年は、はやく子供たちの笑顔と歓声が戻る小学校になれば、と願います。
大事な大事な子供たちがはやく笑顔になーれ。


posted by もえぎ野山荘 at 17:54| Comment(0) | 日記

2020年04月30日

信州の観光はお休みです

先ごろから言われだした信州の観光キャンペーンの標語です。
このGW、日本全国で「来ないでキャンペーン」をしていますね。
沖縄では6万人が来島する予定が、15000人に減ったとか。
こんなGW は、後にも先にもなく歴史に残るGW になりそうですよね。

それでも、那覇空港の来沖する人へのインタビューでは、家でじっとしているのが嫌いなんで来ちゃいました、という人がいました。
ウチの宿でもつい最近、GW の宿泊予約が入ったり。
ゴルフの練習場や海釣り、などでも人が増えているとか。

もうわからない人には何を言っても無駄ですよね。
やるなと言ってもやるんですから、その行動を制御することはできません。
だったら、しょうもない犯罪は無いわけですから。

長野県でも、観光は控えてくださいと言い続けています。
高速の主要IC では、県外車の台数を調べているそうです。調べてどうするのかとも思いますが、この辺りの別荘地でも東京ナンバーの車がいると、ドキッとするようになったのは事実。
他県ナンバーでも住んでいる人もいるんですが、そこはナンバーだけではわからないですから悩ましいところですね。

この歴史に残りそうな2020年、これで毎年の台風や大雨に洪水が起こればどうなるのか。
ああそんなこともあったなあと、将来笑って過ごせられるようになればなぁと思います。

追伸、収入がゼロなのでゴルフ場で草刈りのアルバイトをしだししました。
ちょっと今までのように、このブログの更新はできないかもしれません。
またそのお話は後日。
posted by もえぎ野山荘 at 10:29| Comment(0) | 日記

2020年04月28日

観光庁からの手紙

国土交通省の観光庁から、いきなり封書が届いたのが1月半ばだったと思います。
その内容は、我が国の宿泊旅行統計調査なるものにご協力頂きたい、というもの。
これは全国の宿泊施設のうち、標本理論に基づき抽出した18000施設とあります。その中にウチの宿、入ってしまったんですよね。
1月2月3月分のアンケートが、封書のなかに入っていました。

なんのこっちゃ、ですわ。
なんでそんなものに協力しないといけないのか、謝礼でももらえるなら話は別ですが、まったく協力する気がないままほったらかしにしていました。

ところが、観光庁から電話がかかってくるんです、アンケートにご協力お願いします、という。
「観光庁の○○です、経営者の方いらっしゃいませんか」
「おりません、いつ戻るかわかりません」
「では伝言をお願いします」
「はい、わかりました」
「今、電話口に出られている方のお名前お聞かせいただけませんか」
「どうして言う必要がありますか、断りますぅ」

と、これを毎月繰り返しているんです。
いい加減、協力する気のないことを気づけよ。
いつまで同じことを繰り返すのか。
気づいていても同じことをやらざるを得ないのか、ほんとに気付かないのか。
何事も気付くことの大切さ、を知らないといけません。
公務員上級職試験を受けている連中が、これなんです。

3月までうっとおしいアンケートが終わったと思いほっとしていると、つい先日4月以降分が送られてきたぁぁ。
また同じことを繰り返すのか、いい加減気付けぇぇ!!
それとも協力しないとはっきり言うべきか。


posted by もえぎ野山荘 at 17:49| Comment(0) | 日記

2020年04月26日

アルバイト

このコロナ禍で収入がゼロのため、遊んでいてもしようがないのでアルバイトをしようと思い立ち就職活動をしているのですが、まぁ決まらなーい。

休業要請をうけて休業した場合、補助金がてるという発表なんですが、いつその詳細が発表されるのか、ほんとにもらえるのかどうかがわかりません。
で、遊んでいても仕方が無いのでバイトをしようと思い立ち、indeed や求人ポツクスなるサイトで検索するのですが、まぁ見つからない。

その中で数件の面接をしたのですが、どれもこれも不採用。
その原因は一つは年齢で、50歳も過ぎてくると世の中仕事がないということを思い知らされました。
自分では、まだまだやれるしやろうと思っているわけですが、世間の評価はそうではなく、どういう事が出来るかとか経歴に関係なく、まず年齢で落とされるんですよね。

今までやって来たことのあるパン屋であったりケーキ屋なんかも行きましたが、面接の相手で出てくるのは40歳前後の一回りも下の人たち。
そういう人たちからすると、経験も技術もある年上の人は扱いにくいわけです。
自分がその組織の長であるためには、邪魔な存在なのですよね。

ということがわかり、ちょっと方向転換が必要だなぁと戦略の見直しを迫られています。
中高年やシニア応援という職種を探した方が良いんでしょう。

修行しているときに、周りは同世代ばかりでした。
50代60代の人はいなかったなぁと、今にして思います。
僕に面接で不採用を言い渡した人たちも、40代で結果を残せなかったら結局は転職せざるを得ないんですね。その上へ行く人は、ほんの一握り。
ということを、この就職活動でわかりましたよねぇ。なかなかきびしい世の中です。

このコロナ禍で、苦しんでいる人はいっぱいいるのに、政治は何をしとるんじゃと改めて思います。
なにわともあれ、いま預貯金で生活しているので早くなんかとせねば。
ちょっと尻に火がついてきましたよん。


posted by もえぎ野山荘 at 16:04| Comment(0) | 日記

2020年04月24日

諏訪で3人感染

昨夜長野県からの発表で諏訪地域で3人のコロナウイルス感染者が出たと、今朝の新聞で知りました。
その内訳は70代女性1人と、50代男性2人の計3人。
この70代女性は持病の治療のため神奈川県の病院へ入院していて、そこで感染したようです。
神奈川県の病院まで行かないといけなかったのでしょう、諏訪では治療できなかったのか。
これで諏訪で11人目。

問題は男性2人の感染者。
どちらもセイコーエプソン富士見事業所の社員だそうで、これで富士見事業所では5人の感染者になります。
エプソンは何を考えているのか。
その詳しい感染経路は発表されていませんが、内部ではわかっていますよね。
4月9、10日で3人の職場感染が分かり、そこからちょうど2週間、その3人との接触感染なんでしょう。
そう考えると、まだこれからも出で来るはず。

普段から「なんちゃって会社」と思っていました。
大雪が降れば会社を休み、台風ではもちろん休み、仕事してるのかって。
一部上場企業って、こんなんなんでしょうね。
なにを考えているのか、非常に腹立たしい。
地域へ与える影響をどう思っているのか。
明日25日から従業員の安全考え5月6日まで休みと発表されていましたが、この富士見町原村の安全はどうなるのか、聞いてみたいわ。

長野県では売上高、規模ともに一番の会社、なんかおごりがあるんですよねぇ。ほんとに腹立つわぁ。

ちなみに今使っているパソコンは、WINDOWS XP の問題で買い換えたエプソン製のものです。
いい製品ですよ、ハイ。

  DSCN1970.JPG


posted by もえぎ野山荘 at 08:38| Comment(0) | 日記

2020年04月22日

長野県から休業要請

とほほ、です。
新型コロナウイルス感染拡大を防止するため昨日、長野県からホテル旅館業界に対し5月6日までの休業要請が出されました。
すでに休んでいるホテルや旅館もあるんですが、これで正式な休業要請です。

痛いですよねぇ、一番のかき入れ時に休業とは。
と言っても全国的な流れ、今自粛することで結局は早くに感染終息するんですから、従おうとは思います。
こういう行政に対してはいつも反発し毒づいているのですが、今回ばかりは大人しくしていようと思います。やはり命がかかっていますから。

当初若い人は感染しても重症化しにくいなどと言っているから、若者の行動を抑えられず今や40代以下の若者の方が感染割合が高い始末。
やはり行動を自粛する必要がありますよね。

休業することで30万円の補償が得られる、と新聞には書いてあります。
これもほんとにもらえるのかどうか、政府からの一人当たり10万円と同じで、あてにせず首をながーくして待ってましょう。
できれば5月中には配りたい、というのですからそれ以降になりますよね。
今ほしいのに、それまでどうするの。
さっでは、なんか仕事を探しましょう、そうしましょう。

  DSCN1954.JPG
posted by もえぎ野山荘 at 09:50| Comment(0) | 日記

2020年04月21日

感染爆発

これで大丈夫か、危機感が足らんぞ。
連日のコロナ報道を見て、そう思います。
東京では毎日100人以上の感染者が出るのは当たり前、もう慣れっこになっていますよね。

先週末、都心の繁華街では人の行き来は少なくなったそうですが、その分鎌倉や江ノ島、地元の商店街などこんなに人がいるのと思いました。
先日書いたように正常性バイアスなんです。
みんな、自分だけは大丈夫と思っているんです。
どこからその自信は来るのか、もうすでに蔓延しているのに。

だからウチの宿も今週末予約が入っているんですが、それは先週入っているんですね。
え、この時期に、これだけ外出自粛しましょうって言っているときに予約が入るかって思いました。
ちょっと予想していませんでした。
予約が入ればやろうと思いますが、ちょっと怖いですよね。
人の移動がウイルスを運んでいるんですから。
長野県での感染の広がりも、みんな都会からの帰省で家庭内で広がっています。
実家へ帰るなよって思いますね。

首都圏を結ぶ高速バスは全便運行停止で、名古屋大阪方面へも高速バスは動いていません。
各自治体の首長が、来ないで言っているにも関わらず。
このGW、普段の人の移動とは違うでしょうが、それでも人は移動する。
なしてぇ??

こんな事では終息するどころか感染爆発が起こりますよ、そうなったときはすでに手遅れ。
こんなことで大丈夫か、危機感足らんぞ。
と、なーんも考えていない原村からでした。


posted by もえぎ野山荘 at 09:17| Comment(0) | 日記

2020年04月20日

諏訪湖マラソン中止

毎年10月に行われる諏訪湖を一周するマラソン大会が、早々と中止が決定したと発表されました。
ハーフマラソンなんですが、毎回全国から8000人以上の人々が走りに来て、その出場は抽選になるそうです。
10月の大会が、このコロナウイルスで中止になるのって早すぎじゃないと思いましたが、毎年今頃から概要が発表され募集を始めるので、この時期なんでしょう。

昨今では、3月初めの東京マラソンが一般ランナーは出場できなくて、この週末も本来は長野マラソンがあったはず。
このマラソン大会も三密になるのか疑問なんですが、多くの人が集まるから感染の危険があるという事でしょうが、びっくりしたのはその出場料とでもいうべき参加料が変換されないこと。

東京マラソンではその金額16000円、長野マラソンも10000円ぐらいだったはず。
東京マラソンに出ようと思えば、東京までの交通費、前日の宿泊費など参加費だけではありませんよね。
宿泊費などはキャンセルできるとしても、16000円が返ってこないのは痛いですよ。
ただ、マラソン大会とはそんなものだそうですから、出場する人たちからそういう声があがらないんだそうです。

ま、なして16000円も払って42km も走るのかと思いますが、それがステータス。
走る人は病気ですよ。
マグロやサメは泳ぎ続けないと酸素を取り込めなくて死んでしまうそうですから、それと同じで走っていないと死んでしまうんでしょう。体調が悪くなるんでしょうね。

そこがわかりませんが、かく言うわたくし1km 5分20秒ぐらいで走るんですが、もう必死のパッチで死にそうですぅ。
posted by もえぎ野山荘 at 09:06| Comment(0) | 日記

2020年04月19日

サクラが満開

コロナに関係なく今年も、諏訪盆地でサクラが満開になりました。
今年は暖冬でサクラの開花はどこも早かったのですが、その後の寒さで普段通りの季節。
4月14日には雪が積もりましたから。

茅野市運動公園や諏訪湖に流れる横河川の河口付近では、いつも通りの花を咲かせてくれています。
ただなんか変で、パッと咲いているという印象が無いんです。
どこもかしこも、咲いているサクラはみすぼらしいんですよ。
暖冬の影響かもしれませんが。

ま、でもサクラが咲いたら春って感じですよね。
あと1週間ぐらいで、原村にもやってくるでしょう。

  DSCN1943.JPG
  茅野市運動公園のサクラ
  DSCN1947.JPG
  同上
  DSCN1951.JPG
  横河川堤防のサクラ

posted by もえぎ野山荘 at 16:36| Comment(0) | 日記

2020年04月18日

ラジオ体操第一

この体操、まじめにやると結構しんどいですよ。

小学校時代からなにかとやらされていたラジオ体操を、3月中旬ぐらいからほぼ毎朝するようになりました。
何十年経っても体にその動きはしみついていて、あの音楽を聴くだけで勝手に体が動いていくものです。

昔はNHK ラジオの午前6時半の放送に合わせてやっていましたが、今やYou Tube という便利なものがあります。
朝の忙しい時間のちょっと空いたときに、映像を流すんです。
3分ちょっとの体操時間なんですが結構しんどいもので、、いかに小中学校時代に手を抜いていたことかとわかりました。

このコロナウイルス禍において外出自粛要請が出でいる中、ちょっとした時間で出来ますから、運動不足にいいかもしれませんよ、是非に。
ただ、第二までは体がもちませーん、第一だけでいいと思いますぅ。

posted by もえぎ野山荘 at 09:32| Comment(0) | 日記

2020年04月17日

諏訪の現状

昨日、迷走の末の一人10万円給付が決まったかわりに、全国に緊急事態宣言が拡大されました。
なんとも浅はか、全国に出す必要はなく地域ごとに考えればいいものを。
ただ全国に広めたことで一定の効果はあるでしょう、人々がGW に外出を減らせば、という条件付きですが。

そんな中、長野県でも感染は広がっています。
全部で45人、そのほとんどが都会から持ち帰り、広まっているもの。
昨日は一気に6人も確認されたとか、そのうち諏訪でも3人確認され累計8人になりました。
その内訳は家庭内で5人、お父さんが3月下旬に大阪方面へ1週間ぐらい行っていて、ウイルスを持ち帰って家庭内で広がっているそうです。

もう一つは、セイコーエプソン富士見事業所で従業員が3人確認されています。
これは感染源の一人の社員が3月下旬に東京へ行っていて、職場に持ち込んだもの。
出張で行ったのか遊びで行ったのかわかりませんが、出張ならセイコーエプソンの責任は重大です。3月下旬の感染が広がっている時期になぜ東京へ行かせたのか。
遊びでも出張でも、東京へ行かせたことが問題で管理不行き届き、会社の説明が求められます。

そんな感じの諏訪でまだ蔓延という感じではありませんが、みんなマスクをするようになりました。
リンクが分かっているのでまだ安心なところがありますが、ウイルスは足元に忍び寄っていますよねぇ。
GW は移動を自粛せよ、と言われていても人々は移動しますから、うちのような仕事は怖いなぁ。
かといって来るなとも言えないし、あ〜悩むわぁ。
いっそのこと、宇宙服のようなものを手に入れようかしらん、そうすればあんしーん。


posted by もえぎ野山荘 at 10:00| Comment(0) | 日記

2020年04月16日

取扱注意

わかっていない気が付かない理解できない人を、わからせる理解させることほど、時間と労力がかかることはありません。
またやらかしてくれましたね、ファーストレディ。
3月半ばの自粛要請の宣言のあと、大分県へ旅行していたとか。
あまり大きなニュースになっていないのはまたこの人かというのと、コロナ騒ぎでそれどころではないというところでしょう。

なんかファーストレディとしての自覚の無さ、なんでしょうね。
その立ち居振る舞いは常に注目されているのに、そこの自覚が無いように思います。
あるいは長期政権でのゆるみかもしれません。

国会で「サクラを見る会」でもめているところに、レストランの敷地内とは言えサクラの前で記念写真。
森友問題も、もとはと言えばこの人の行動が震源でした。
気が付かないですよねぇ。
首相はどうして、この人を取り扱えないのでしょうか。
家庭内でどんな会話をしているのか、毎日向き会っているのか。

かつて民主党政権での菅直人首相は「妻が最大野党」と言っていました。
その奥さんも、姉さん女房だったらしいですが「私を説得できなくて、国民のみなさんを説得できるか」と言っていました。
まさにその通り。

女房一人の行動も管理できない人物が、今まさにコロナウイルスの対策を管理しているわけですよ。
出来るはずないじゃないですか。
矢継ぎ早に思い付きで繰り出される政策は、どれもこれも不評。
それを撤回することすらできず、振り上げたこぶしを振り上げたまま下せないんです。
こういう人物に国を任せていて大丈夫か、それこそ取扱注意、だわ。


posted by もえぎ野山荘 at 09:07| Comment(0) | 日記

2020年04月15日

堤防のサクラとスイセンと

諏訪湖へ流れる上川の堤防にサクラが、その河川敷にスイセンが咲いています。
この辺りでは有名なお花見スポット。
昨年10月の台風19号で河川敷は水没したそうですが、手入れをする団体があって今年もきれいに花を咲かせてくれました。

堤防上にはソメイヨシノが満開。
ただ、この木の枝を昨年切っていたので、なんともみすぼらしく半分ぐらいになった印象です。
道路の上に枝を張っていたので、通行の邪魔になったのかもしれません。

昨日は、朝は雪でその名残が山に雪、堤防のサクラはピンク、河川敷のスイセンは白と黄色、空は真っ青というコントラストで、結構きれいな景色が見られました。

毎日コロナウイルスの話題だし、政治家の国民との感覚のズレや首相の不甲斐なさばかり目立っていますが、ま、たまにはこんな景色もいいんじゃね。
ということで諏訪地方、ようやく春の訪れ、です。

  DSC_0237.JPG
  DSC_0240.JPG
  DSC_0242.JPG


posted by もえぎ野山荘 at 09:47| Comment(0) | 日記

2020年04月14日

正常性バイアス

昨今使われるようになったこの言葉。
災害や事故にあっても自分だけは大丈夫と思い、避難しないようなことを指しますね。

昨年10月の台風19号で、原村は特別警報が出て避難勧告が出ました。
その時の外の様子では大雨ではあったものの、大したことない、避難するより家にいた方が安全と思ったものです。
結果、避難所の樅ノ木荘では30数人の避難者しかいなかったそうです。
豚汁とおにぎりがふるまわれたとあとで聞いたので、次は是非避難しようと思いましたっ。

さて、なぜ正常性バイアスの話をしているかというと、このコロナで未だマスクをしていない私、自分だけは大丈夫と思っているわけですよ。
マスクが手に入らないというのもありますが根拠のない自信からくるもので、僕の濃厚接触者というと女房殿しかいないわけです。

ところが、日曜日に行った身延町ですらみんなマスクをしています。
昼食を食べた富士川町の道の駅ですら、すれ違う人はほとんどマスクをしているんです。
こうなると今やマスクをするのが当たり前、それがエチケットになっていますよね。
マスクは感染は防げないと専門家が言っていても、やらざるを得なくなります。長野県と同じで、そんなにひっ迫していない山梨県の郊外ですらそうなんです。
昨夕に買い物に行った原村のAコープでも、みんなマスクをしていました。
こうなると、マスクをしていないのが悪人のようで恥ずかしくなります。

みなさんどうやってマスクを手に入れているんでしょうか。
と、今さらながら言っても後の祭り。
このマスクは手に入りずらい状況のまま、感染は終息することでしょう。

一枚しかない手持ちのマスク、洗って使っていますぅ、やさしくやさしく。




posted by もえぎ野山荘 at 08:45| Comment(0) | 日記

2020年04月13日

身延山久遠寺

緊急事態宣言が出ているなか、そんなにひっ迫感のない長野県諏訪郡では、多少警戒するようになりましたがまだまだのんきなものです。
諏訪保健所管内で6人の感染者が出ているというのに。

そのうちの一人の私、昨日の日曜日に身延山久遠寺へ行ってきました。
以前から一度行ってみたいと思っていたのがこの日曜日になったという事ですが、普段人の多いであろう日蓮宗の総本山ですら、コロナウイルスの影響を受けていました。
これで3週連続のお出かけ、外出は自粛しましょうってお前が言うな、ですが、ま、日ごろのストレスがこれを読んで少しでも解消されれば、と思います。

さて久遠寺、
普通に車で門前まで乗り付けていくのではつまらないと思い、JR 身延駅前の商店街の駐車場に車を止め、約5km の道のりを歩いていくことにしました。
1時間ちょっとでいけるだろう、と。
それは3月下旬に、甲州街道を歩いているというお客様が来られたことに多少の刺激を受けていたのが、思いついたきっかけ。

ただ歩いている人は全くいません、それどころか身延町内人がいませんでした。
曇り空で気温も暑くなく、木々は新緑、なかなか歩き日和。
総門を抜け門前町の参道へ入っても人はいなくて、ひっそりとしていました。
1時間強で三門へと到着、来年2月に久遠寺開祖800年というのぼりがデガテカと、歴史の重みを感じました。

三門を抜けるとあの石段、標高差50m ぐらいを斜度40°ぐらいで一気に登り、一段の高さ30cm 以上はあろうかというとんでもない石段が待ち構えています。
う回路もあるようですが、やはり参拝するにはこれを登らないと、と思い這う這うの体で登りました。

まさに「登山」をして本堂のある所に到着、日蓮上人はどうしてこんな山の中にお寺を開いたのか、全く理解できないと思いつつ参拝。
他にも高野山も山の中、比叡山は山の上、曹洞宗永平寺なども不便なところですよね。
その当時の流行りかって思いましたよ。
例の有名なシダレザクラは終わっていましたが、人はほとんどおらず独り占めできた久遠寺でした。

帰りは門前町のバス停から身延駅行きのバスに乗りました。
10分ほどの乗車時間でしたが、300円の運賃を取られちょっと高いなぁと思いつつ2時間ちょっとで駐車場へと戻りました。
使ったお金、大人2人分のバス代600円なり。
これで十分に楽しめた身延山久遠寺ですが、日蓮宗徒でもないので一度行けばいいかなぁと思った次第ですぅ。
さて次は、いえいえちょっと自粛しましょう、そのうち感染者になりますから。

  DSCN1892.JPG
  総門、こから門前町が始まります。
  DSCN1918.JPG
  三門、ここから境内になります。
  DSCN1905.JPG
  半端ない石段、斜度40°はあろうかというもの
  DSCN1914.JPG
  本堂です。


posted by もえぎ野山荘 at 09:54| Comment(0) | 日記

2020年04月11日

ガラホとスマホと

携帯って、電話とメールが出来ればいいって思うんですよ。
それがスマホの登場で世のなか変わりました。
だいたい、スマホの代金って、月いくら払っていますか。
高いですよねぇ。
そのランニングコストを抑えるために、ガラケーを使っていた次第です。

スマホって結局のところ、データ通信なんですね。
最近ってスマホでどれだけ電話していますか。
ほとんどしていないのではないですか、電話していてもLINE での無料通話がほとんど。
いやそれは電話ではなく、データ通信なんですよって。

データと電話が一緒になっているので、月々の通信量が高くなるんです。
そこでひらめいたのが、電話はガラケーでデータ通信はスマホでというやり方。

キリマンジャロへ行く際に、Freetel のSIM フリーのスマホをAmazon で9000円で買って それに今はSoftbank のプリペイドSIM 6ヶ月で2500円というものを入れています。
そこへ昨日お話したInfobar のガラホが月々2068円の契約。
しめて月に2500円ぐらいのランニングコストです。

だから外出する際には、スマホとガラホ、それにデジカメ持って出かけ、海外旅行などへ行く際にはそこへiPad が付けたされ、充電器だけでも何個も必要でかなりの量。
でも、スマホは文字が小さくて読めず、おまけに文章が打てない。
要は使いこなせていないんですが、ということを考えるとスマホ一台でできるってことはすばらしいなぁ。
かさばらなくていいですが、これからもこのやり方でしょう、たぶん・・・。
うーん、オチが思いつかなーい。


posted by もえぎ野山荘 at 14:32| Comment(0) | 日記

2020年04月10日

Infobar xv

Infobar という携帯電話を知っていますか。
2005年に京セラから発売され、そのデザイン性から根強い人気を誇る機種です。
そのInfobar を携帯の機種変更して手に入れました。

未だ3Gガラケーの私、2022年にその電波が使えなくなるので機種変更してくださいと、度々電話が来たりダイレクトメールが来たりとしていました。
まだ時間があるわって、ほったらかしにしていたんです。
それがこの新入学の季節、またDM が届きました。
いわゆる入学期のキャンペーンですね。

そこで機種変更するにはどんな機種があるのかと、au のHP を覗くとなんとこのInfobar が対象に載っているではありませんか。
それも機種代金38500円値引きとあります。
これは替えない手はないと思い飯盛山からの下山後、北杜市長坂町のau ショップへ行って機種変更した次第です。
機種代金2540円で手に入りました。

このInfobar 欲しかったんですよねぇ。
でも何もなく機種変更すると41000円ぐらいしたので諦めていたんですが、この3G から4G への乗り換えで安く手に入れることが出来ました。

それが4日の日曜日のこと、まだまだ使いこなせなくてちょっと大変。
と、またガラケーかよって言うなかれ、
Infobar はガラホというらしいですぅ。

  DSCN1890.JPG


posted by もえぎ野山荘 at 08:51| Comment(0) | 日記

2020年04月09日

老朽化の登山用品

長年使っている登山用具が、なんでもかんでも老朽化しています。
中には30年以上使っているものもありますし、いい加減新しいもの買えって話もありますし。
今年の正月山行で戸隠神社の奥社へ行った際には、30年使っていたピンクのヤッケに愛想をつかし、ようやくワークマンで冬用ヤッケを購入しました。

その中でも3月末に行った新潟の角田山で、夏用登山靴がダメになりました。
すでに靴底のソールはツルツルですぺるったりゃありゃしない、技術で上り下りをしていたんですが、その靴の先っぽから水が入り靴下が濡れていたんです。
ソールとの隙間が指1本分ぐらい空いていて、それはキリマンジャロ登る際にも現地のガイドに指摘されたんですが、「No problem,this is OK.」と言ってやり過ごした経緯があります。
そこから水が入ったようです。

こりゃダメだと思い、先日の飯森山登山では長男の靴を出してきて登ったんです。
長男の方が足のサイズが大きく合わないと思っていたのが、靴下3枚履くとなんら問題なく歩けました。
これは学校登山が長野県ではあるので、中学2年の時にモンベルで購入したものです。
これを履いてマレーシアのキナバル山にも登りました。
この靴で夏山なら歩けると思います、これで靴の問題は解消。

もうひとつ。
イワタニプリウスのガスコンロ、このゴトクが崩壊しました。
これも25年ぐらい使っています。
スポーツアルペンで、セールをしていて現品限りというのを1800円ぐらいで購入しました。
ガスの出る部分と違うところからガスが出ていたのですが、そのゴトクが角田山へ行った際に崩壊しました。
もう使えないですよね。
これも女房殿の持っているのを使えばいいので、問題解決。

普段から物持ちは良いほうで何でもとことん使うほうなんですが、技術は進歩していくので新しいものがどんどん出てきます。
いい加減、世の中の流れをつかむのも必要ですよねぇ。
さて次は37年使っているコッヘル、これをどうするかだぁ。

  DSCN1887.JPG
  右側が20年使っている僕の夏靴、左側が長男の靴
  大きさがこれだけ違うんですが、何とか歩けました。
  DSCN1889.JPG
  25年使っているガスコンロ、ゴトクが崩壊

posted by もえぎ野山荘 at 09:21| Comment(0) | 日記

2020年04月08日

飯盛山

4日の土曜日に、清里にある飯盛山に行ってきました。
めしもりやまと読みます。
遠くから見るとご飯をお茶碗に持ったように見えることから、そう名付けられたとか。
この辺りではちょっとした里山で、行動時間2時間ちょっとで往復でき、いい運動になりました。

朝、思いついて行こうと、そうすると行くところは限られてきます。
山へ行く場合、やはり前もって計画しないといけません。
以前にも行ったことがありますが、記録を調べると2006年の10月とか。
そんなに前だったとは。
家族で行きましたが、子供たちはまだ保育園ぐらいだったでしょう。

登山口の平沢峠が午前11時ごろ、登り1時間下りに途中で昼飯を食べての1時間10分。
多くの人で賑わう飯盛山でした。
今日はちょっと書く事がないなぁ。

  DSCN1880.JPG
  DSCN1879.JPG
posted by もえぎ野山荘 at 09:30| Comment(0) | 日記

2020年04月07日

緊急事態宣言

すぐにでも宣言されるのかと思っていたら、これを書いている朝9時ではまだ宣言されず、その効力は今夜の0時からだとか。
もう何もかもが全てが遅い、遅すぎる。
お役所仕事とは従前からこういうものですが、医師会が医療危機に瀕している、各自治体の首長が早く宣言を出せ、といっても未だ政府内には慎重論があるとか。
なにをかいわんや。

緊急事態宣言が出されたところで、日本の場合何も変わりません。
罰則もなく人々の意識が変わるぐらいで、そんなに制約されることはないと思います。
これは戦時中の「治安維持法」という悪法の前科があるためですが、今回は強制的にやってもいいのでは。
そうしないといつまでたっても終息しないでしょう。

諸外国から見れば、なんとのんきに映っていることでしょう。
危機感がいまだ足りていません。
首長やリーダーの一言一言で、その与える影響が大きく安心感を与えてしまうんです。
3月の3連休がそうだった。
それが東京都の100人を超える感染者数に表れているんです。

若者は感染しても重症化しにくいと言われていたので、若者がウイルスを移動させている役割を担っています。今や、感染者の半分以上が40代以下の人々。
ここ数日の長野県内の感染者は、いずれも首都圏や関西圏へ出かけたことでウイルスを持ち帰っているんです。遊びなのか仕事なのかわかりませんが、これだけ言われているのにいまだ人口密集地へ出かけているんですね。
大町保健所管内で出た20代男性、3月下旬に東京と名古屋、大阪のライブハウスに2回出かけているんです。そこでもらってきて、保健所に連絡することなくいきなり病院へ行ったとか。こんなヤツは住所、名前を公表せい。諏訪でも同じことが起こっていて、いい迷惑。

宣言をすると経済に大打撃だといわれていますが、確かにそうでしょう。
でも経済はまた、立て直せるじゃありませんか。
命はなくなったら、おしまいなんですよ。

posted by もえぎ野山荘 at 08:53| Comment(0) | 日記