2020年05月13日

「6月から来ます。」

ちょっと衝撃でした。
郵便ポストに、リネンの会社から手書きのメモが入っていました。
シーツや枕カバーなどのリネンを頼んでいる会社があるのですが、普段は水曜日がリネンを回収する日です。

ところがこのコロナの影響で、GW 前にはちょっと暇だと言って月曜日になっていました。
それがGW明けの今日から水曜日に戻ったんですね、そんなことすっかり忘れていたら標題のメモ書きがあった次第です。

ウチの宿も4月10日に宿泊されたのが最後、緊急事態宣言がだされ宿泊業にも休業要請が出ると、この原村のペンション群も休んでいると思います。
そうするとリネンは必要ないわけですから、毎週トラックがリネンの回収に回っていても、ほぼ何もなかったと思います。
空荷を積んでいたんでしょうから。
そうなると、リネンの会社で働いている人たちにも影響がありますよね。

結局、経済ってそうやってまわりまわって自分のところに返ってくるわけですから、様々な方面に影響が出ているんです。
この5月、早く給付金やら10万円やらを配らないと、だんだんと厳しいところが出で来ると思います。
ウチもそうですが。
行政はなにをしとんじゃ。


posted by もえぎ野山荘 at 18:02| Comment(0) | 日記

2020年05月12日

諏訪湖花火大会中止

諏訪にとって大きなニュースが決まりました。
毎年8月15日に開催されている諏訪湖の花火大会、今年は新型コロナウイルスの影響で中止が決まりました。
なんということ。

諏訪湖に面したホテルの当日の宿泊費って、いくらだと思いますか。
30万円+消費税なんですよ。
それでも満室になるそうです。
5〜6人宿泊できるようですが、食事などは大したことなくバイキング。
ただあの花火を部屋に居ながらにして見られたら、そりゃ満足だわさ。
上諏訪温泉全体でどれほどの経済が潤ってきたか。
それがなくなれば、大打撃ですよね。

毎年40万人以上が訪れ、電車は激混みで増発され道路は大渋滞で身動きできず。
中央線沿線は無人駅が多いのですが、8月15日は朝から駅に車を止めるスペースはありません。
道路が混むから、電車で行こうという魂胆です。

それほどの諏訪にとっての一大イベントが無くなれば、どんな風になるのか想像がつきません。
9月の新作花火大会も中止になり10月の諏訪湖マラソンも中止と、相次ぐイベントの中止。
こういう所にも新型コロナウイルスの影響が出ています。

ちなみに私、今まで諏訪湖の花火大会を見に行ったことはありませーん。
お客様来られていますからぁ。
それに原村、花火大会があろうとなかろうと、あんまり関係ありましぇーん。

  DSCN2015.JPG

  

posted by もえぎ野山荘 at 18:02| Comment(0) | 日記

2020年05月11日

龍岡城五稜郭

日本には五稜郭が2つあるのを知っていますか。
一つは函館、これはあまりにも有名。
もう一つは佐久市臼田にある龍岡城がそれです。

前々から知ってはいたのですが、昨日行く機会がありちょっと佐久まで行ってきました。
佐久って、八ヶ岳の反対側にあるのであまり行く機会は少ないんです。
行きは清里から野辺山の方を回り、帰りは女神湖から白樺湖という八ヶ岳をぐるっと一回りしました。

さて、その龍岡城五稜郭、街中にひっそりとあり中は小学校になっています。所々にその面影が残っている程度で、人々の生活のなかに溶け込んでいるんですね。
その全体像が裏山へ登れば見られるというので、30分ぐらいかけて展望台まで山道を登りました。
標高差で160〜170m ぐらいか、というところ。
そこから見れば、なるほど五稜郭です。五角形の星の形をしていますわ。
それが写真のもの。
日本に2つしかない五稜郭が見られました。次は函館か??

長野県外への外出も自粛されているので、最近は長野県内をうろうろとしています。
が、結構見るところありますよ長野県、飽きませんなぁ。

  DSCN2010.JPG
  DSCN2012.JPG
  上の写真を拡大したものがこれ、五角形でしょ。なかは小学校です。


posted by もえぎ野山荘 at 18:10| Comment(0) | 日記

2020年05月10日

アルバイト

このコロナ禍で収入が無くなり、4月末からゴルフ場でアルバイトを始めました。
時給1000円で、ゴルフ場の草取りやグリーン周り、管理などの仕事です。
始めて2週間、16年ぶりに勤めに出ている状況で、先週はちょっとしんどかったですよね、体が出来ていませんでしたから。
こういう宿泊の商売ですから土日を休ませてもらえるというのが良くて、初めて屋外の仕事をしています。
太陽の下で働くという経験がなく、そこがちょっとしんどいと思いましたが何とかなっています。

4月10日に最後のお客様が来られてひと月、遊んでいても仕方がないのでアルバイトを探し始めましたが、ことごとく不採用。
スーパーやパン屋さん、ケーキ屋さんなどへ行きまとしたが、面接で出てくる相手の責任者は年下ばかり。
サービス業へ行って土日を休ませてほしいというのと、年上の経験も技術もあるおっさんが来たら扱いにくいですよね。
もう一つは年齢の壁に突き当たりました。

そこに気付いて方針転換、中高年でWワークとなると業種が限られてきてゴルフ場か運輸配送関係かなぁと思いゴルフ場に決まった次第です。
ようやく慣れてきたところ、今日は土日休みで予約も入っていないため、お休みです。

子供の学費も稼がないといけませんから平日やろうと思いますが、12月初めにクローズすれば果たしてどうなりますやら。
また就職活動やらないと。
自分ではまだまだやれると思っているし、やるつもりですがまた年齢の壁、世間の冷たさ厳しさを感じるなぁ。そういう年齢になってしまいました。

posted by もえぎ野山荘 at 09:43| Comment(0) | 日記

2020年05月09日

あれは誤解だったのか

厚生労働大臣の発言、驚きあきれます。
今まで現場で2か月間、何をしていたのか。
「37.5℃以上で4日間」というのは、あくまでも「目安」だったのか。
いやいや違うでしょ、これは「基準」でしょ。
この基準にのっとって、保健所はPCR 検査を「基準」に満たないからと言って拒否し続け、助かる命も失われたわけで、それを今になって誤解だったとは。
この2か月間、何をしていたのか??
今になってこんなことを言い出したわけは何?
そこを説明せよ、一言謝れって思います。

九州から東京へ単身赴任していたお父さんが、一人暮らしの寮でなんかおかしいと思い、保健所やら医療機関へ手を尽くし連絡したのに検査を拒否された挙句、一人亡くなっていたそうです。
起きてこない同僚が不信に思い、発見されたとか。
検査を受けていれば、治療が出来て助かったかもしれないのに。

検査が集中して保健所の機能が失われることを防ごうとしたのでしょうが、諸外国からPCR検査数の少なさを批判され、あの韓国からも揶揄されてようやく重い腰を上げた感じですが、遅すぎるわ。
でも、これが日本の感染症対策の実力。
今まで危機に接してこなかったことで、世界基準からかけ離れてしまったんです。
途上国並み。

厚生労働大臣もコロナ対策大臣も、頼りないですよねぇ。
大阪府知事は言い返されたら、謝るんではなくもっと言い返せよ、大阪はこうだ、と。

このコロナ感染の2か月は、何をしても遅すぎでまったく無駄な2か月でした。
原村の10万円給付はいつになるのかと村のHP を見てみると、22日から書類を送付すると書いてあります。
なんと、閣議決定してから何をしていたのか。5月1日から給付している自治体があるのに、GWは遊んでいたのか。

結局は頼りにならない行政をあてにするのではなく、自分の命は自分で守らないといけないってことですよ。


posted by もえぎ野山荘 at 09:39| Comment(0) | 日記

2020年05月06日

売上ゼロ円

緊急事態宣言が延長され、長野県では15日以降は業種によっては緩和されるようです。
が宿泊業、県外からの人を呼び込むことになるため31日まで自粛せよ、というお達し。
いやあのね、そうなるとちょっと話は違うなあ、と。
ま、でも、緊急事態宣言は延長されると思っていたし補助金申請するし、5月は何とかなるかと思いますが、補助金の申請なんて一回限り、その後はどうするのよ。

宿泊業も再開してもいいけれど、県内の人を相手にしてくださいとのこと。
いやあのね、そんなに県内の人で宿泊する人は少ないのよ。
まぁ年に何回か長野県内のお客様いらっしゃいますが、それだけでは商売として成り立たないのよ。
それはどこのホテルや旅館も同じでしょう、たぶん。
つらいなぁ。

というこでほぼ、5月の売り上げは限りなくゼロ円に近いなぁ。
開業1年目を除けば、ひと月の売上数万円ということはあっても、ゼロ円ってないんじゃないかと思います。
5月が日本経済の瀬戸際、つらいなぁ。

GWで手続きが遅れている長野県の補助金申請を早くしましょう。
未だ10万円の必要書類も届かないし、GWって休んどる場合かっ。
行政って、なんとのんきなことなんでしょう。


posted by もえぎ野山荘 at 17:35| Comment(0) | 日記

2020年05月05日

PCR 検査

いつか書こうと思っていたのですが日本のPCR 検査数、一向に増えませんよね。
首相が2万件に増やすといってはや2ヶ月、今や昔話です。

他の先進国からは検査数に大きな隔たりがあり、受けたくても受けられず、それがために治療を受けられずに亡くなる方もいるとか。
どうして保健所は、ここまで拒否し続けるのでしょう。
単に忙しいから手が回らないんですよね。
それで人が亡くなっていれば、誰が責任を取るのか。
誰もとりません。

PCR検査に限れば、途上国並みとか。
数字だけでは、南米のコロンビアと同じだそうです。というとコロンビアに失礼ではないか、とも思います。
これは、SARS もMARS も経験せずに済んだことが大きな要因だとかで、結局は島国で植民地になったことがなく、そのあたりの危機感の無さなんでしょう。

でもぉ、2か月たっていても未だ改善されないのは、なぜ?
多くの人が思っている疑問にきちんと答えてくれる人はいず、このままの検査数の状態と付き合っていくしかないんですよね。
だから病院へ行かずに、風邪で押し通せっていうことだわさっ。

これで緊急事態宣言も5月31日まで延長され、今後どうなるのよ。
そのあたりの方向性が示されず、ただ単に国民の皆様に不自由をおかけする、だけでは誰も納得しないし不満も募りますわねぇ。
この政権に任せていて大丈夫か。

posted by もえぎ野山荘 at 17:57| Comment(0) | 日記

2020年05月04日

登山も自粛

遭難記事を2つ

ひとつは4月25日、阿弥陀岳御小屋尾根で東京都在住36歳男性滑落により骨折。
阿弥陀の山頂から御小屋尾根への下り出しはちょっと大変、急こう配で気を付けないといけませんが、そんなザイルを出すほどでもないのです。
4月25日というとまだ雪がついていたでしょう。要は下手くそじゃということ、おまけに単独。
単独で行くなら、何が起こっても自力下山するというぐらいの気概でいかないといけません。

もう一つは5月2日、日光男体山で25歳男性滑落、道迷いにより行動不能。
これは滑落して靴が脱げ、雪の上を歩いたことで凍傷になり歩けなくなったとか。
滑落したぐらいで脱げる靴って、どんな靴よ。
この時期だとスパッツ履いて、普通は滑落しても靴は脱げないはず。
これも単独で25歳という経験不足から来たもので、ヘリに助けられ反省しきりだとか。
こんな奴は罰金ぐらい取っていいと思います。

これ何が問題かというと、阿弥陀岳の滑落事故は全国ニュースになったのでしょうか、36歳男性に肺炎が疑われたことから、助けに行った救助隊員や関係者が一時期自宅待機になったそうです。
東京都在住で肺炎像が見られたら、コロナウイルス感染と思うじゃないですか。
善意で助けに行った隊員に、コロナウイルスを感染してしまうことがあるんです。みんなに迷惑かけているんです。
感染している人を助ける場合、普通の救助とは違いますよね。
助けに行く方も、リスクを負うわけです。
そういうことを理解してほしい、と山岳4団体は発信しているのですが、理解できない人がそれも単独できて人に救助されていれば世話はないですよ。
こういう奴は住所氏名を公表せい、ってことです。

昨日書いたように、自分さえ良ければ何をしてもよい、ってこととは違うんです。
みんな我慢して、このコロナ禍を終息して早く抜け出そうとしているわけなんですから、協力しろよってことなんだけれど、わからんかなぁ。


posted by もえぎ野山荘 at 18:14| Comment(0) | 日記

2020年05月03日

自分さえ良ければ、という考え方

GW が始まりましたが、今年はどこもガラガラ。
長野県も「長野県の観光はお休みです」キャンペーンを繰り返していますから、どこもかしこもひっそりという感じです。
が、昨日白樺湖から車山方面へ行ってきました、ビーナスラインをちょっとドライブ。

すると結構な交通量です。
車のナンバーは東京方面が多く、バイクもかなりの通行量。
バイクなどは荷物を持っていないので日帰りかもしれませんが、うーんちょっと違うんじゃないのって。

高原の何もないところで三密を回避できると思うのでしょうが、霧ヶ峰にある道の駅のようなレストポイントではぱっと見、100台以上のバイクがありました。
ビーナスラインを、寝かしに走りに来ているんです。
その光景を見て、ちょつと休憩しようと思っていたのを止めましたから。
ほぼ県外ナンバーです。

4月29日ぐらいから、この辺りのスーパーでも東京方面の車が来ています。
ひとつはこの辺りに別荘があるためそこに滞在している人々が、日々の食料の買い出しなんですが、地元の人間からするとちょっとドキッとしますよね。

県外への外出を控えてとあれだけ言っていても、外出する人は外出するので無理な事。
自分だけは大丈夫という考え方、どこへ行っても感染するときは感染するという考え方、それこそ自分だけ良ければという考え方。
この考え方が広まると、社会は崩壊してしまいます。

結局はおとなしく家にいることが、早く感染が終息するんですけれどねぇ。
と言ってる外出しているお前も一緒じゃないかって、いえいえ諏訪郡ないですからぁ、お散歩ですぅ。
ま、同じですわね、反省。


posted by もえぎ野山荘 at 10:11| Comment(0) | 日記

2020年05月02日

持続化給付金

政府が、個人事業主や中小企業に支援するとした持続化給付金を申請してみました。
例の最大100万円と200万円がもらえるというヤツです。
やはり休業要請をすらなら、支援があってしかるべきだと思います。

昨日5月1日より申請が受付されましたが、アクセス殺到でつながらないとニュースでやっていたため、今朝6時に起き経済産業省のHP にアクセスしてみたら、いとも簡単に入れました。
朝の6時からやる人なんて、そんなにいないんでしょう。
もっとも、わざわざ6時に起きたのではなく、普段から6時ぐらいの起床なのです。

必要事項を記入していきますが、一つ記入して次へ行くときにエラー、その先へ進むとまたエラー、個人のわかる書類やら事業が分かる書類など、いいろと準備しないといけません。
すったもんたで1時間、やっとのことで申請完了できました。
こういう申請って、なにかと時間のかかるものですよね。
落ち着いた時間にやるべきです。

2週間ぐらいで給付されるとHP には書いてありましたが、そもそも申請が通るのか、ほんとに給付されるのか、給付されるまでが心配だわぁ。
でも給付されれば、ちょっと生活が楽になります、それを期待して気長に待ちましょう。



posted by もえぎ野山荘 at 09:49| Comment(0) | 日記