2017年12月14日

お風呂のボイラー

今季最強の寒波が来ているらしいですが、原村では日々あんまり変わらないですよねえ。
いつもと一緒、ということは寒いんです。
ここのところ、ずぅっと気温は氷点下7、8℃ が続いています。
昼間でも0℃ぐらいらしく、先日降った雪が融けていません。

こうなるとお風呂のボイラーは、凍結を防止するために自動で水を循環させるんですね。
それが続いています。
単に氷点下ぐらいではその動きはないんですが、続いているということはそれだけ寒さが継続しているということ。
いやっ、さむいっす。

その証拠に今朝の気温は、−9℃。
今シーズンの最低を記録しました。
たまりませんよって、これはほんの序の口。
年が明ける頃には2桁が普通になり、あちこちが凍りだし、冷蔵庫は物を凍らせないために必要です。
なにしろ冷蔵庫の方が気温より暖かいのですから、冷蔵庫の中に顔を突っ込みたくなりますよ。

ああっ、これが3月上旬まで続くかと思うと気が重いです。
若い頃はよかったですが、年とともにきついなぁと感じている今日この頃ですわ。

  CIMG5965.JPG
posted by もえぎ野山荘 at 10:13| Comment(0) | 日記

2017年12月12日

道路はスケート場

今シーズン初の本格的な積雪です。
と言っても3、4cm ぐらいで大したことはないのですが、気温が低く−7℃と雪が融けないため、道路はツルツルピカピカのスケート場状態です。
みんなおっかなびっくりで、必要以上のノロノロ運転。
なんでこんなにゆっくり走れるのだろうって、いつも思います。

おかげで諏訪南IC付近は大渋滞でした。
電車の時間までに十分に時間を取ったつもりが、間に合うだろうかと心配になるぐらいの時間のかかり様でした。
遅すぎるわ、もっと冒険するぐらいの運転できないかって思います。
ということは、車は滑っているんですけれどねぇ。

ちょっと早いかなぁと思いますが、今冬はラニーニャ現象が起こっているそうですから、雪多く寒くなるそうです。
念願は、こういう道路をクロカンスキーで、颯爽と滑ることなんですけれどねぇ。
いつか実現できますように・・・?

  CIMG5960.JPG
  ズームラインの道路状態
  CIMG5958.JPG
  CIMG5962.JPG
  諏訪南IC前の信号の様子、遅々として動きません。

posted by もえぎ野山荘 at 11:29| Comment(0) | 日記

2017年12月09日

蓼科山へ

今シーズン初の雪山へ、蓼科山へ行ってきました。
昨夕から雪になり里でも3cm ぐらい積もり、朝の気温は-8℃と今シーズンの最低を記録し、おかげで道路はスケート場状態でした。

いきなりこれかよ、と思いながらおっかなびっくりとビーナスラインを走って登山口へ。
時間は朝7時半ごろでしたがすでに一杯の状態、それも県外車ばかりです。
みなさん遠いところから来ていますよねぇ。
それに引き換え地元の我々は、集合が午前6時半でしたから地元の利です。

さて、女神茶屋からのルートはほぼ直登、これが結構きつい。
行けども行けども変わらないんですから。
途中、樹林帯がきれる辺りでアイゼンをつけると、その後は強風がお待ちかね。
ここは風の通り道なんでしょう、いつも風速10m 以上の風か吹いています。

ただ、山頂では快晴、今までの苦労が報われた感がしました。
北アルプスが見えなかったのが残念でしたが、登り3時間ちょい、下り2時間半の雪山を堪能できた山行でした。
ちょっとくたびれましたけれどねぇ。

  CIMG5942.JPG
  CIMG5944.JPG
  CIMG5941.JPG

posted by もえぎ野山荘 at 15:54| Comment(0) | 日記

2017年12月05日

岩トレ

日曜日に、諏訪にある両角岩という岩のゲレンデにトレーニングに行ってきました。
この時期、ちょっとヒマなので山行きまくりです。
土曜日に雲取山へ行って9時間歩き、また翌日に岩トレとは我ながら元気。

久々の自然壁は良いですよね。
なんとも言えない感触です。
やはり、今はやりのクライミングジムではなく、自然の岩に親しむものでしょう。
高度感などが全然違います。
ジムばかりでやるのではなく、自然壁へ出かけて行かねばと思います。

さてさてその岩トレ、3時間もやれば腕はパンパン、上がらなくなり十分でした。
そのうちビッグウォールへ行きますよ、だぶん・・・。

  CIMG5925.JPG
  CIMG5929.JPG
  CIMG5928.JPG


posted by もえぎ野山荘 at 15:27| Comment(0) | 日記

2017年12月04日

雲取山登山口の駐車

百名山である雲取山には、年間1万人や2万人ぐらいの登山者が訪れるでしょう。
そのうちのかなりの割合で車で来る人がいますよね。
電車バスで来るより、車の方が多いと思います。

その車の駐車場が丹波山村営駐車場ですが、30台から40台ぐらいは駐車できると思います。
でも、とてもその台数では全部は賄いきれません。
おのずと路上駐車になりますよね。
まあ迷惑にならないようにみんな工夫して駐車しているのですが、歩きだしてすぐ、福島ナンバーの車の運転手が「だれだ、ここに止めたのは〜」というようなことを大声でわめき散らしていました。
なにかの入り口でそこに止められたら都合が悪かったのでしょう。
どうして福島ナンバーなの? と思いましたが、山小屋の関係者か従業員でしょう。

で、下山してきたとき、路上駐車している車の多くにガムテープでバツ印が書かれていました。
御多分にもれず僕の車にもガムテープが。
例の入り口に止めていた車には、入り口ということを言いたかったのでしょうが「人口」とガムーブで書かれてありました。
入り口と人口の違いも書けないのかって思いましたが、たぶん福島ナンバーの運転手がやっているんだと思います。
2年前に行った同じ山岳会の仲間が「紙を張られた」と言っていたので、かなり前から続いているのでしょう。

これはもちろん路上駐車している方は文句は言えないのですが、こういういたずらをして不満を吐いているよりは、ここに来る登山者を相手に儲けることを考えるとか、駐車料金を500円ぐらいでも取るとか、なんかもっと建設的な考え方ができないかと思います。
百名山である以上、路上駐車はなくならないし登山者も途切れることはありません。

現に下山後によった「のめこい湯」には、登山者が多く訪れているようで玄関わきに大きなザックはここに置いてくださいというような表示がありました。
人が来ることでお金が落ちるんですから、そこをうまく活用すればいいものをガムテーブを張っているようでは、そのうち登山者は来なくなるでしょう。

村がそんなことはしないでしょうし、最近はドライブレコーダーがありますから、犯人を捜そうと思えば探せます。
雲取山へ訪れている人は、もっとこういうことをネットに書けばいいのに、行く前には探せませんでした。
もっとも、入り口を「人口」と書いているような人物では、犯人捜しをするのもアホらしいですが・・・?





posted by もえぎ野山荘 at 10:10| Comment(0) | 日記

2017年12月03日

雲取山

今年の山として話題の東京都の最高峰、雲取山へ山岳会の仲間と日帰りで行ってきました。
朝7時前に村営駐車場に着いた時にはすでに満車、何とか路上駐車できるところを探して車を止めました。

7時過ぎから歩き出しましたが、いやぁ長い。
往復9時間かかりました。
長いことはわかっていましたが、8時間ぐらいで往復出来るのではと思っていましたが、実際には9時間。
車に戻ってきたときには午後4時でした。日も暮れかけ。

12月に入って人も少なくなるだろうと思って行ったのですが、なんのなんの、たぶん1日で数百人の登山者が登っていると思います。山小屋は満室だと言っていましたから。

山頂には5時間かかってお昼ごろに到着。
大休止のあと、そそくさと下山しました。これも3時間半ぐらいかかりました。

決して遅いペースではないと思いますが、登っていくときは何人もの人に抜かれ、下りもそうです。
こういう人たちは、雲取山が時間がかかると知っているのでしょうね。
ゆっくりしていては間に合わないと。
予想以上に人が多く、でも初冬の奥多摩の山を楽しめた山行でした。

その後丹波山村で、露天風呂が改修中というので300円で入れた「のめこい湯」に入り、真っ暗な柳沢峠を越えて2時間かかって帰宅しました。
これも遠いわ。

  CIMG5914.JPG
  CIMG5915.JPG
  CIMG5906.JPG

  





posted by もえぎ野山荘 at 10:10| Comment(0) | 日記

2017年11月30日

コンパクトデジカメ

およそ10年ぐらい使っているCASIO のデジカメ。
ジャパネットタカタで分割無金利の3回払いで買いました。
このブログやHPの写真など、ほとんどの写真をこのデジカメで撮っています。

1210万画素で、その当時としてはまあまあのものでした。
それも10年近く使っていると、ところどころにほころびが出てきています。
セロテープだらけ。
が、愛着があるのとポケットに入るのとで使いやすく、このデジカメを持ってマレーシアのキナバル山やキリマンジャロにも行きました。
そう、キリマンジャロ山頂の5895m まで行っているんですよ。

ところが先日、胸の高さから誤ってコンクリートの床に落としてしまいました。
案の定、「レンズエラー」という表示が出て動かなくなりました。
いやぁもったいないことをした、まだもう少し使えていたのに残念、とネットで次のデジカメを探し出したところ、ちょっとレンズを引っ張ってみようと思い立ち、少し力を入れて引っ張り出すと、なんと「レンズエラー」が治ったではありませんか。

電源を入れると普通に使えます。
やれやれ、これでしばらくは使えるわと思いました。
そのデジカメの写真が下のもの。

えっ、この写真はどうやって撮ったか。
カメラはもう2台あるんですよ、だったらそっちを使えって話ですが、このデジカメが使いやすいんですわ!!
というお話でした、ハイ。

  DSCF0300.JPG




posted by もえぎ野山荘 at 17:04| Comment(0) | 日記

2017年11月29日

コンビニにて

今朝、朝ご飯が足りないというので子供たちを駅まで送っていった帰りに、コンビニで食パンでも買おうとファミリーマートに入ったときのこと。
入り口を入ってこちらの顔も見ていないのに、「いらっしゃいませ、おはようございます。」と。
朝7時半ぐらいでしたからコンビニは朝の忙しい時、ひっきりなしにお客さんが来るし、その間数名いる店員はしゃべり続けています。
「ありがとうございました、お気をつけて」という舌の根が乾かないうちに次の人に「おまたせしました、ポイントカードはお持ちですか?」などなど。
そんなに話さなくてもいいのでは、逆にうるさいとも思いました。

海外ではそもそも「いらつしゃいませ」という言葉をかけられません。
最初違和感がありますが、慣れればそんなに気になりません、むしろ静かでいいぐらい。

台湾へ行った時には、電車やバスの車内アナウンスがありませんでした。
うん? と思いましたが、これはこれで良かった。
その帰り、成田から京成電鉄で日暮里へ向かっている途中、車内のアナウンスはしゃべりまくり。
こちらは日暮里はどこ、と思っているので全く頭に入ってきません。

先日つくばエクスプレスが、定刻より20秒早く出発してしまって謝罪していましたよね。
バカか、と思いますよ。
一般大衆からのクレームをつけられる前に、初めに謝っておけばいいという論理からでしょう、イギリスのメディアが、半ばあきれた報道をしていましたね。
自主回収なども、パーケージに少しの印刷ミスがあっただけで回収しますと。
なにをかいわんや、ですよ。
過剰に反応する企業と、それを上げ足をとろうとする一部の民衆を意識して先手を打っているように思っているだけ。

コンビニでも、本部からマニュアルが送られてきてその通りにやっていれば問題ないと思っているだけ。
それがサービスだと思っています。
サービスとは、相手の心にうったえるもので心に残るものだと思います。

まったくやかましいとしか思えない言い方では、お客様の満足はありません。
どこか毅然と対応できる企業は現れないかと、改めて思った朝のコンビニでの出来事でした。







posted by もえぎ野山荘 at 10:08| Comment(0) | 日記

2017年11月28日

イルミネーションの季節

寒くなりました。
毎朝の気温は、軽く氷点下になりました、−3,4℃です。

そうなると、イルミネーションの季節。
都会でも街路のイルミネーションがきらびやかに飾られていることでしょう。
原村でもはじまりました。
しょーもないものが。

ペンションビレッジ周辺で毎年飾られているのですが、ポソッポソッというようなもの。
とてもとても、都会のものにはかないません。
というより、最近は個人のお宅でも飾られていますが、そちらの方がずぅっと何倍もきれいです。

昔は割とよかったのが、いつのころからかしょーもなくなりました。
経費の都合か何かわかりませんが、やらなくてもいいんじゃないと思うもの。
都会のようにやらなくてもいいですが、経費が無いなら無いで、せめてデザイン的にもう少し考えたらどうよ、という感じ。

やらないよりはいいかもしれませんが、もうちょっと考えよって思います。
表参道や六本木のイルミネーションを見てみたいわっ。

  CIMG5882.JPG
  CIMG5891.JPG
  CIMG5897.JPG

posted by もえぎ野山荘 at 09:49| Comment(0) | 日記

2017年11月26日

日曜日の朝

昨日の土曜日は宿泊の予約がありませんでした。
今朝は年に数回ある何もない日曜日の朝、ゆっくりと起きコーヒーを飲みながら新聞を読むという一般家庭では当たり前のことを楽しめるのです。
といってもこういうお客様商売で、そんな風にできるのはいいのか悪いのかとも思いますが、まぁ年に何回かしかありませんから、そう思って楽しみましょうというところです。

朝から薪ストーブに火を入れて、その火を見つめながらなんとも贅沢な時間を過ごし、何もせずにボォッーと。
これは良いですよねぇ、至福の時かもしれません。

でも、これで11月が終わり12月が始まると、こういう日曜日ばかりになるんですよねぇ。
至福の時間なんておもっているのも、ま、今だけですわ。
そのうち毎週できるようになりますから、期待しましょう???



posted by もえぎ野山荘 at 12:13| Comment(0) | 日記