2018年06月27日

雲上の楽園

今日は苗場山で見た花のお話。

小赤沢ルートの九合目をすぎたところで、視界がパッと開けちょっとした湿原に出くわします。
湿原なので木道が敷かれているのですが、そこがお花畑。
あんなお花畑、ちょっと記憶にないぐらいの花、花、花でした。
ここから山頂まではまだ小1時間かかるのですが、山頂付近は花はなくこの小さな湿原の花がすごかったです。

まず目に付いたのが、チングラマ。
あの白い小さな華麗な花が群落を作っていました。

チングラマって高山植物を代表するような花ですが、あまり花の咲いているところって見ないんですよ。
8月に夏山へ行くと、このチングラマはすでに産毛のような種になっていて花は散っているんです。
この種の産毛はこれはこれで綺麗なんですが、だからなかなか白い花は見られません。

その白い花があちこちで群落を作っているものですから、テンション上がりまくり。
こんなに咲いているチングラマを見たことがありませんでしたから、なおさらです。
その他には、ワタスゲ、フデリンドウ、ショウジョウバカマなどが見られました。

その小赤沢ルートは、登り始めから様々な花がありました。
下の方からは、ゴゼンタチバナ、マイヅルソウ、ミツバオウレンから始まり、サンカヨウやキヌガサソウなんてものもありました。

キヌガサソウも珍しいです。
昔、白馬槍温泉付近で見た記憶があります。
何年も山を歩いていても、なかなか出会わない花です。
もうこれを見ただけで、山頂へ行かなくていいと思いました。ここで引き返しても十分と。

今年は花の時季が、ちょっと早いのかもしれません。
普段はもっぱら冬山ばかりで夏山へはなかなか行けないので、久しぶりに高山植物に囲まれてお天気もよく十分に満足のいく山行でした。

  CIMG6637.JPG ゴゼンタチバナ
  CIMG6638.JPG マイヅルソウ
  CIMG6640.JPG ミツバオウレン
  CIMG6641.JPG サンカヨウ
  CIMG6643.JPG キヌガサソウ
  CIMG6646.JPG ショウジョウバカマ
  CIMG6666.JPG ワタスゲ
  CIMG6670.JPG チングラマの群落


posted by もえぎ野山荘 at 10:20| Comment(0) | 日記

2018年06月26日

苗場山 小赤沢ルート

日曜日のいいお天気のなかを長野新潟県境の苗場山へ、長野県側から登ってきました。

苗場山は、新潟の越後湯沢方面からと赤湯温泉からなどと登るルートがありますが、この長野県小赤沢ルートが最短距離と時間て登られるため、駐車場は100台は止められそうなぐらいの大きさがあります。
トイレもあってアプローチも舗装路なので、秋山郷へ行くのが多少悪くても、多くの登山者がこの小赤沢ルートを利用しています。

登り3時間半、下り2時間20分、山頂での休憩1時間と、合計7時間ぐらいの行動時間でした。
苗場山へは8年前に新潟の祓川ルートから登ったことがありますが、往復9時間かかった記憶があります。その時は10月初めで草紅葉がキレイでした。

山頂大地へ出たときに、どうしてこの標高でこんな景色が広がっているのか、と感動しました。
池糖が点在し、湿原でその中を木道が通っています。
滅多に見られない景色ですね。
それが今回は、花、花、花のお花畑、雲上の楽園とはこのことかって思いました。

9合目を過ぎて視界が広がると、池塘が点在しチングルマのお花畑、ワタスゲが風に揺られ、フデリンドウが顔を出しイワカガミやミツガシワなども見られました。
チングラマって、なかなか咲いているのを見ないんですね。
8月に山へ行くとすでに種の綿毛になっているので、それはそれできれいなんですが、今回はあの白い花が群落で見られました。
こんな群落って、見た記憶が無いですよねぇ。それはそれは見事なチングラマです。

まあなんだかんだで、十分満足のいく山行でした。
日焼け対策をしていかなかったために、首の後ろと腕が真っ赤になってしまい痛いですわぁ。
また行こうと思います。

明日は、その花のお話。

  CIMG6660.JPG 9合目すぎの木道
  CIMG6676.JPG 苗場山頂
  CIMG6683.JPG 点在する池塘
  CIMG6690.JPG




posted by もえぎ野山荘 at 11:59| Comment(0) | 日記

2018年06月25日

視聴率30.9パーセント

昨夜の代表試合、見ましたか。
午前0時のキックオフ、とはなんとも言い難い時間ですよね。
前半だけ見て午前1時前には寝ましたら、朝起きると2ー2のドローと、何とか一次リーグ突破の可能性を残しました。

が、なんとも不安なのがGKの川島、全然ダメですよね。
なんで監督は替えないのか、そこの理由を知りたいです。
前半11分の失点も、先のコロンビア戦のFKも止められたはず。
35歳という年齢から衰えが来ていると思うのですが、なんでですかねぇ。
まあ次のポーランドとの試合で、その結果が問われるでしょう。

その試合も深夜のキックオフ、もう起きてられないんですよ。
眠くて眠くて、なんとも悩ましい時間帯。
毎回のW杯はこうですから、仕方がありません。

さてさて、昨夜の試合を途中で寝てしまったのには理由があって、昨日は一日山登りをしてきました。
新潟長野県境の苗場山へ行ってきました。
午前4時半に出発して戻ってきたのが午後8時すぎ、そのしんどさもあって起きてられませんでした。

おかげで一日遊んでいたツケは大きく、掃除に洗濯、あと片付けと家事がたまっていてようやく終わったところ。
その苗場山のお話は明日、書こうと思います。
花、花、花、で素晴らしかった、しばらく書けると思いますので、乞うご期待!!




posted by もえぎ野山荘 at 10:53| Comment(0) | 日記

2018年06月22日

小学校の校庭

まぁ毎日毎日、W杯は話題にことかきませんよね。
いくらでも書くことはあるのですがちょっと自粛、日曜深夜の試合まで待ちましょう。

ということで、
今朝仕入に行く途中に小学校の横を通ります。
ここは原村のメインストリートなのでいつも通るのですが、今朝いつもと違う所は校庭に車がいっぱい。
駐車場になっているんですね。
この小学校の校庭、グラウンドの外は雑草というか芝というか草が生えていて、その上が駐車場になるんです。みんなそこがわかっていて、グラウンドには車を止めないんですね。

ということは、何か行事があるという事。
たぶんこの時期だと音楽会のようなものがあるんでしょう。
その保護者の車たちです。

小学校の6年間は大変ですよね。
クラスの役員はまわってくるし、なにかと担任からは呼ばれるし、授業参観やPTA活動で学校へしょっちゅう行っていました。
中学へ上がって、そこからやっと解放されたと記憶しています。

一番しんどかったのは、校庭のスケートリンクの雪かき。
氷の上に重機は入りませんから、保護者の手作業で雪かきをしました。
300人ぐらいの人が集まり、それも1月の朝6時半に照明を照らして、スケートの授業に備えるためにスコップ持って長靴履いて、気温氷点下10℃のなかを行きましたよ。

それも今となってはいい?? 思い出。
そんなことを思い起こされた、校庭の駐車風景でした。

  CIMG6633.JPG




posted by もえぎ野山荘 at 16:41| Comment(0) | 日記

2018年06月21日

たかが一勝

大騒ぎですよね、サッカーW杯。
盛り上がりに欠けていた今大会も、ようやく火がつきました。

早くも「西野マジック」だとか「サランスクの奇跡」だとか「歴史的快挙」だとか、称賛の嵐。
たかだか1勝しただけなのに。
次戦のパブリックビューイングの予約が堅調になったり、ユニホームの売れ行きがのびたりと、なんと現金なことか。
それだけ勝利というのは価値のある何物にも代えがたいことなんですけれど、次の試合で一次リーグを突破する条件は? などとメディアもあおるあおる。
次のセネガル戦がどれだけ大事か、勝敗によってはまったくかわってくるのに、一次リーグが突破できるかのように。

96年アトランタオリンピックでブラジルを破った「マイアミの奇跡」として語り継がれている試合。
ブラジルを破ったものの、一次リーグは突破できなかったんですよね。

ブラジルやドイツ、アルゼンチンなどは、今大会初戦がうまく行きませんでしたが、きっちりと修正してくるでしょう。
彼らは一次リーグなどは「屁」とも思っていません。なぜなら目標は優勝することなんですから。

それに引き換え、我が日本は一次リーグを突破することが現実的な目標。
そこの違いです。
ちょっと浮かれすぎなんとちゃう・・・?



posted by もえぎ野山荘 at 16:37| Comment(0) | 日記

2018年06月20日

列島歓喜!!

いやぁ、この結果を誰が予想したでしょうか。
大方の下馬評を覆しコロンビアに勝利するとは、多くの人は思ってもみなかったでしょう。
かく言う僕も、勝てるとはみじんも思ってませんでしたから。

開始3分で退場者が出るなんて、誰も予想できませんでした。
サッカーは何が起こるかわかりません、それを地でいくプレーでした。

勝てば官軍です。
うだつが上がらなかった過去3試合のテストマッチで、けちょんけちょんにこき下ろしたメディアは手のひら返したように称賛の嵐。僕もそうでしたが・・・。

世界での評価は、大番狂わせだのジャイアントキリングだの、そういうものばかり。
そういう評価をされるところが、まだまだ実力が足りないというもの。
11人対10人になってようやく互角に渡り合えたのですから、仕方がないです。

でも試合終了時、あまり喜んでいなかったのが良かったです。
昨年の埼玉スタジアムで、オーストラリアに勝ってW 杯出場を決めたときもあまり喜んでいませんでした。
そこがラグビーW杯で南アフリカに勝ったラグビー日本代表と違う所で、まだ今後に期待が持てます。

しかーし、川島と本田はパッとしませんでしたよね。
本田が入ってそのプレーが起点に決定機を作られ、GK 川島は不安定ですよねぇ。
キンテロ選手が蹴ったあの直接FK は、はじけばいいものを取りにいこうとして失点。
あれは地面を這うように蹴ったキンテロ選手をほめるべきですが、次戦はGK 替えたらどうよ。

果たして視聴率はどうでしょうか。
今日のワイドショーはこの話題で持ちきりでしょう。
昨日の、加計理事長のようやく開いた記者会見など吹っ飛びました。

ただ、まだ始まったばかり、そこを忘れないで浮かれないでいれば、今後も期待がもてるでしょう。

posted by もえぎ野山荘 at 10:12| Comment(0) | 日記

2018年06月19日

W杯ロシア大会

さてみなさん、W杯サッカーロシア大会、見ていますか。
今大会は面白いですよね。
ドイツがまさかの敗戦、ブラジルもアルゼンチンも引き分けて次の試合が大一番になってきました。
アジア勢はイランは勝ったものの、サウジもオーストラリアも韓国も初戦敗退。
今夜の日本の初戦、コロンビア戦もなんか勝てそうもありませんよね。
とはいえ、一生懸命応援しましょう。

ところが今晩は雨の予想、
そうするとテレビが映らないんですよ。
地デジって、天気が悪いと映りが悪くなりませんかぁ。
まったく「この番組は放送を休止しています」と出て何も映らず。
仕方なしに車へ移動しカーナビのテレビを見るんですが、今度は小さすぎてボールがどこにあるかわからず想像で見ている始末で、おかげで想像力は豊かになりますわね。

その上、午後9時の試合は見やすいですが、その次は午前0時と3時。
始まる前は、午前0時の試合は見られるかと思っていましたが、なんのなんのそんな時間まで起きてられないです。
おかげで寝不足どころか、良いのか悪いのかぐっすりと寝られています。
昔は、午前4時とかに起きて見ていましたけれどねぇ、今はもう無理って。
一次リーグが終わるともっと深夜の試合が増えてきますから、悩ましいところです。

さてさて、NHKですら今夜の試合を宣伝していますから、みんなで応援しましょう。
初出場のアイスランドは、初戦のアルゼンチン戦の視聴率が99.3パーセントだったそうですから、そんな驚異的な数字は無理とはいえ、応援すればその情熱は届きますから頑張りましょう。




posted by もえぎ野山荘 at 11:44| Comment(0) | 日記

2018年06月18日

釜無ホテイアツモリソウ

昨日書くべきところ、予約が入るとその準備と後の掃除とでなかなか書けないんですよね。頭の中がブログを書こうという意識にならないんですよね。
と言い訳けを、申し訳ございませぬ。

というこで、予告しておきましたホテイアツモリソウのお話。

このアツモリソウは富士見町の釜無川上流で自生している固有種です。
だから釜無ホテイアツモリソウという名前を付けられていて、それをゴンドラ山頂駅を出てすぐのところで保護して栽培しているのです。
監視カメラがつけられネットを張り巡らし、その上に屋根までつけられての盗掘を防いでいるという、厳戒態勢で栽培されています。
富士見町以外でも、福井県と山梨県で自生しているのが確認されているだけの希少種となれば、そうなるかもしれませんね。

ゴルフボールを一回り大きくしたぐらいの大きさで、大きな袋状の花と横にピッとのびた花弁が特徴です。

大体がアツモリソウは全国的に見ても数が少なく、どの地域でも保護されていますよ。
昔、北海道の礼文島へ行ったときに、レブンアツモリソウを見たことがあります。
これも礼文島の固有種で、ちいさな黄色い花で海岸べりに咲いていました。
やはり柵で囲われていましたよ。

そんなこんなで保護栽培されているとはいえ、すずらんの季節に見られる希少種のホテイアツモリソウ。
是非一度ご覧くださいマシ。

  CIMG6600.JPG
  CIMG6602.JPG
  CIMG6603.JPG








posted by もえぎ野山荘 at 15:25| Comment(0) | 日記

2018年06月16日

杖突峠展望台

その、入笠湿原から尾根通しに行くと杖突峠に出られるんですね。
くねくねの、場所によっては一車線しかない道を結構走ります。
バイクで行ってもいい加減しんどいような道。

そして杖突峠へ出ると、そこは展望がききません。
ちょっと諏訪側へ下りたところに、峠の茶屋のようなお店があるんです。
そこの展望台からの諏訪盆地の眺めが写真のもの、諏訪湖から八ヶ岳連峰までの、ほぼ180度の眺め。

でもこの展望台、以前はなかったですよね。
個人の敷地で住宅のようで、その屋上を展望台に開放しているようです。
だからいろいろと注意書きがあって、注意書きのある所ってあんまりよくないじゃないですか。

でもまあなかなかの展望ですから、一度寄って見ましょう。
夜景も見られますが、諏訪の夜景ではねぇ、と思います。
ではでは。

明日は、ホテイアツモリソウのお話。
入笠湿原3時間ぐらいの滞在で、このブログも引っ張りますよねぇ・・・?

  DSCF0304.JPG 諏訪湖方面
  DSCF0305.JPG 茅野市街地
  DSCF0306.JPG 八ヶ岳連峰

posted by もえぎ野山荘 at 11:39| Comment(0) | 日記

2018年06月15日

あの頃は若かった

まぁ、こう言いだしたらおっさんですわ。

30年来のバイクを、せっかく保険も掛けてバッテリーも新しくしたりと、多少お金をかけているのでちょっと乗ってやらないと、と思ったことから入笠山へもバイクで行くのですが、その総走行距離が80km ぐらいでした。
ああしんど、ですよ。

20代のころは、北海道から九州まで走りました。
テントと寝袋もって、紀伊半島や京都北山、四国、九州の林道を走り適当なところでテントを張りました。

高知徳島県境の物部村という所でテントを張っていた時、夜半から雨、朝になっても雨、カッパを二重に来てもものの1時間でずぶぬれになりました。
高知市内を通って中村までの200km 余りを雨の中を走り、それでも宿に泊まるつもりはさらさらなく、河原にテントを張りました。
幸いにもその時は、中村市内で銭湯を見つけたので助かりました。

別府の海岸で泊まり、翌日は広島までの移動。
ところがGWだったでしょうか、広島で宿が取れません。
どうしようかこのまま大阪まで帰ろうか、と思ったのが午後3時ごろ、高速に乗ったのが午後4時。
まだ山陽道はできてなくて、中国道です。
乗ってしばらくして「大阪352km」という看板が目に飛び込んできたときには、無理、と思いましたよね。なんとか帰りましたが。

そんなこんなは全部バイクでのお話。
20代半ばで体力もあり、なーんも怖くなかったですよねぇ、無茶しました。

ところがところが、水曜日の走行距離はたかだか80km。
とてもとても、バイクで北海道や九州なんぞへ行こうとは思いませんわ。
せいぜい、入笠山か車山のニッコウキスゲで十分と思った「むかし青年バイク乗り」でした。
ただし今でも青年のつもりですが、体がついていかないのが現実ですぅぅ。

  CIMG6614.JPG
  このバイクで、全国走りましたよ。

posted by もえぎ野山荘 at 14:14| Comment(0) | 日記