2018年10月26日

カモシカスポーツと ICI 石井スポーツ

この2店にモンベルを加えたお店が、長野県での山道具屋さんでしょうか。

カモシカスポーツは松本の郊外、空港近くにお店があり、おそらく長野県下で一番の品ぞろえだと思います。
クライミング道具に関しては一番でしょう。
広い駐車場となにかとイベントをやっていますから行く機会も多いのでしょうが、僕は年に1回ぐらいですねぇ。
で、今回はテントのポールのなかにあるゴムが伸び切ってしまい、その交換に行きました。

もう30年前のダンロップのテント。
あのタイヤメーカーのダンロップがテントを作っていたのです。
その当時は今ほどいろいろな種類もなく、ダンロップが人気で使っている人は多かったはず。
昨年久々に使おうと思ったら、ゴムが伸び切っていて使いにくいこと。

これは注文しないといけないのかと思っていたら、そういう需要が多いのでしょう、ゴムだけ切り売りしているとのことで7m 分を購入しました。1005円なり。
こんな簡単にできるなら、もっと早くにくればよかったと思った次第です。

次は、ICI 石井スポーツ松本店。
松本の中心部にあるため、こちらの方がカモシカスポーツよりも行きにくいです。
駐車場がなくいつもは車に自転車を積んで、あがたの森公園の無料の駐車場に車を止め、そこから街ブラをしながら自転車で行きます。
ここは、メンバーズカードが新しくなりますというはがきが来ていたので、その更新のために行きました。
このお店は特にやることもなく品物を購入することもほとんどなく、ただメンバーになっているというだけのもの。やはりカモシカスポーツの方があか抜けているというか、いいんですね。

その街ブラで ICI 石井スポーツへ行く途中に、中町という蔵のある街並みを通るんですね。ちょっといい雰囲気の町並みで、そぞろ歩きしたくなるように場所。
そこに外国人がいるんですよ。
数年前には見られなかったのですが、どうしてこんなところにいるのと思う次第です。
今や松本ですら、こうなんですね。
原村まったく遅れているわ、と思いました。

と、現状を垣間見られた松本の街ブラでした。

  IMG_20181024_124806.jpg カモシカスポーツ松本
  IMG_20181025_142908.jpg テントのポールです。






posted by もえぎ野山荘 at 10:10| Comment(0) | 日記

2018年10月25日

松本詣で

年に1回ぐらい、松本へ行く機会があります。
それが昨日のこと、1日かけて行ってきました。
なんやかやと、緊急性のないもので松本へ行かないと処理できないものがたまってきて、そういうものがいくつかたまってきたところで、一気に解決しに行くのです。

普段は甲府へ仕入れに行きますから、甲府の方が行き安くなじみがあるのですが、松本でないと手に入らない物、例えばカモシカスポーツ松本店や ICI 石井スポーツ松本店などで山の消耗品を購入したり、割れた食器の補充のために南松本にある雑貨店に行ったり、そういう事をしに行きます。

松本、都会ですわ。
車多く、歩いている人や自転車の多いこと、信号が多く遅々として進みません。
イライラしますよねぇ、原村では何も考えずに運転できますが、都会の運転は気を使います。

ついでに、松本山雅FC の練習も見に行ってきました。
これが郊外の美ヶ原温泉近くにあり、また遠いこと。
ホームページで時間を調べたら、14時〜とあるので何とか見られるのではと思い向かいました。
松本の市街地は、道路が狭く交通量も多く、大変だぁ。

ちよっとブログのネタが出来ましたので、明日からいくつかに分けて書きたいと思います。乞うご期待を!!



posted by もえぎ野山荘 at 10:07| Comment(0) | 日記

2018年10月23日

御射鹿池

明日は曇りだというので晴れ間がのぞいていた午前中、御射鹿池へ紅葉を見に行ってきました。
近年すっかり有名になった、なんの変哲もないため池なのですが、あまりパッとしなかったですよねぇ。
ちょっと早かったようで、もう1週間ぐらいでしょうか、今週末ぐらいが見頃だと思います。
下から見ていれば山の中腹が色づいていたので、もういいかと思ったのですが・・・。

この分だと、今年の紅葉は1週間ぐらい遅いでしょう。
9月の天候に左右されるのですが、雨が多く晴れない9月でしたから、里での紅葉は11月に入ってからだと思います。

それよりも平日午前中という、もっとも人のいない時間帯だと思いましたが、なんのなんの予想以上の人でした。
3年ぐらい前に整備された駐車場は、県外車ばかり。
東京方面や遠く関西ナンバーもあります、諏訪ナンバーでは恥ずかしいぐらいでした。

みなさん、よく知っていますよね。
これでは茅野市もお金かけて、駐車場から歩道など整備することでしょう。
それだけしてもメリットがあるのでしょう。
そのうち、最盛期には露店なども出だすかもしれません。

昔は地元の人だけが知っているため池でしたが、こうやって有名になるのは良いのか悪いのか。
どうですかねぇ・・・?

DSC_0095.JPG
DSC_0102.JPG


posted by もえぎ野山荘 at 13:24| Comment(0) | 日記

2018年10月21日

かっぱ寿司

年に数回、予約の入らない土曜日があります。
昨日がそうでした、そうすると家族でのお出かけ日になります。

で、外食することになり、向かったのが100円の回転寿司、かっぱ寿司。
諏訪インター近くにあるお店。
焼肉なんぞへ行こうものなら、家族4人で20000円近くになってしまうので、ここで十分です。

最近の回転寿司は、進化していますよねぇ。
名前を書くようなことはせず、タッチパネルで人数やカウンターかボックス席か、などを操作するとレシートが出てきて番号が書いてあります。
1時間待ちぐらいかなぁ。

順番がきて座席へ着くと、なんと寿司は回っていないではありませんか。
手元にはタブレット端末、それを操作して注文してくれ、というもの。
えっ、ですね。
回っている寿司を見て、品定めしながらお皿を取ることにも楽しみがあったはず。

レーンはコンベアーの直線になって、注文したものは座席の前で止まります。
お椀や汁物などもこぼれずにやってきました。
これ、お店側にとってはお寿司のロスが少なく、店員の手数が減るのでメリットが大きいと思います。

会計時も店員を呼んでお皿を数えてもらうのではなく、端末の会計のボタンを押して席へ着く前にもらったカードをレジに持って行って終わり。
端末で履歴や金額がわかるうえに、間違いもないでしょう。

人件費の削減や効率アップにつながっているので、これはこれでいいのでしょうが、なんか回っているお寿司が懐かしく思いましたよねぇ。
座る座席の位置でお皿の争奪戦に格差がでて、それはそれで楽しみでした。
次は負けるものかと。

お店を出るときに娘が一言いいました、「回転寿司じゃなく、直線寿司じゃない」
すべてを物語っています。



posted by もえぎ野山荘 at 12:19| Comment(0) | 日記

2018年10月17日

キャッシュレス化

今度の消費税10% は、発表されただけで大混乱ですよね。
まだ実施もされていないのに。

そこへ加えて、軽減税率制度やクレジットカードなどのキャッシュレスで支払うと2% 還元しましょう、とややこしいことを言っています。今朝の情報では、また現金をばらまこうとしているようです。

このキャッシュレス化、というのが厄介なんですね。
最近は電子マネーの普及やクレジットカードが使われていますが、これお店側にとってはあまりメリットはないんです。
機械の導入や、何よりもカード会社に5% の手数料を取られるんですよ。
ですから、ウチの宿や個人経営の店ではやろうとも思わないでしょう。

という背景には、自国通貨に信頼があるんですね。
現金神話というのもあるかもしれません。
まずニセ札は出回っていないじゃないですか。見つかれば即、ニュースになるし、犯人も特定されます。

ところが中国などでは、ニセ札が多く中国元は信頼されてないんです。
だからスマホの普及に伴って、急速な電子マネーにとってかわられているんですね。
何でもスマホでQR コードを読み取って支払いをするそうですから。
屋台での飲み食いもQR カードだと、観光客はどうしているんでしょうか。

以前アフリカのタンザニアへ行ったとき、現地通貨はシリングと言いますが、一番使われている1000シリング札はペラペラふにゃふにゃで、よくこんなお札使われているなぁと思いました。
日本円では50円ほどなんですが、使われすぎてて偽札なんか作れないのでしょう。
それに比べて日本円は立派です。
世界でも立派な紙幣のなかに入ると思います。

その立派な紙幣があるがために、現在20% ぐらいと言われているキャッシュレス化。
世間に認められ、広まるのでしょうか。

あっ、ウチの宿、当分現金でやりますので何卒ご了承くださいませ。





posted by もえぎ野山荘 at 11:57| Comment(0) | 日記

2018年10月16日

消費税10 %

この人は、政治を私物化しているのでしょうか。
2度延期した消費税10% が、現実的になりました。
来夏の参議院選挙の対策というふうに、思惑が見え隠れするのですが・・・。

これ、間違いなく我々庶民の生活に影響してきすよね。
実施まえには駆け込み需要が増え、その後が問題、需要は無くなり経済は停滞することは明らか。
8% に上がったときがそうでした。
半年ぐらい低迷していたように思います。
夏前になっても予約が入らなく、ちょっと焦った記憶があります。
みんなが10% に慣れるのに半年以上はかかるでしょう。

それが分かっているのに、経済に影響を与えないような政策を立てるとか言っていますが、それは口先だけのこと。
内需がどうなろうと、政治家には関係ないのですよ。
自分たちが国会議員であることが、経済なんかより最も重要なことなんですから。
選挙に当選することが、一番大事なこと。

その選挙対策だと分かっているのに、政治家になめられている我々国民は、バラマキ対策に一喜一憂して政治家の思うつぼです。

1000兆円を超える借金を返さねばなりませんが、10% に上がってそれができるのか。
どうせ湯水のように使う役人どもが至福を肥やし、借金なんぞ関係ないと思っている政治家も同類。
無駄を省いて公共事業を減らし、必要なところに必要なお金がまわるのであれば文句もないのですが、その税金の使い道にもっと目を向けるべきだと思います。

この諸悪の根源の首相、あと3年も居座り続けるのですよ、
何とかならんか。

posted by もえぎ野山荘 at 15:02| Comment(0) | 日記

2018年10月13日

来年のGW

来年のGWは、10連休になると昨日閣議決定されましたね。
これ、手放しで喜べるのか、ちょっと疑問。

いままでも長期の休みはありましたが、これほど長いことはなかったはず。
夏休みなどは各個人で休みますし、学校の長期休みは学校だけで社会は動いています。

それがこの祝日で10連休となると、金融機関や病院、行政など、社会のインフラを支えているところが軒並み休みになるということ。
これ、前後にひずみが生じますよ。
大混乱じゃないかと思います。
4月の月末が26日金曜日になって、5月の月初が7日の火曜日。
これは大変だと思います。

旅行業界のHIS やJTB などは、今から大歓迎らしく、海外旅行者が増えるともくろんでいることでしょう。
確かに増えるでしょうが、全体から見ればそんなのごく一部の人たち。
そんなに休めて海外へ行こうという人は、いつも行っている人たちだと思いますから。

もっともウチの宿も、10連休で商売繁盛を当て込んでいますが・・・.
同じじゃないかっ!!

posted by もえぎ野山荘 at 12:09| Comment(0) | 日記

2018年10月11日

紅葉の季節

4日間も停電だったのは、すでに過去のものになりつつあります。
今後の対策として、ソーラー充電器と発電機は必要じゃないかと思っています。
ちょっと勉強してみようと。

さてさて、その間に紅葉がそろそろ始まりだしました。
昨日バイクで入笠湿原へ行ってみると、草紅葉は始まっていたものの、カラマツの黄葉はまだ1週間ぐらいかかりそうな感じでした。
曇り空で平日の午後3時以降、人っ子ひとりいません。
天気がよい土日なら登山者もいるのでしょうが、誰にも会わない入笠山もあるんだなぁ。
ちょっと寂しく、そそくさと下山しました。

八ヶ岳の上の方も色づき始めているし、最近有名になってきた御射鹿池もそろそろでしょう。
紅葉の様子など、またお伝えしますね。

  IMG_20181010_145720.jpg
  IMG_20181010_150052.jpg

posted by もえぎ野山荘 at 15:48| Comment(0) | 日記

2018年10月06日

充電難民

停電中に困ったことは、お風呂と洗濯と充電でした。
みなさんスマホを持っていますから、先の北海道の地震でも充電するのに苦労したとニュースになったぐらいです。

それが1日月曜日の朝、Wifi を使いに村役場のロビーへ行くと何個もコンセントが用意してあるではありませんか。
役場の方も停電している地域が多いのを知って、早めに準備したようです。
というのも9月4日の台風21号の経験があったから、と職員は言っていました。

その時に意気揚々とタブレットと、キリマンジャロ登山の時に買ったモバイルバッテリーを一人充電したんです。
ところが、その充電できますということを、村の緊急メールで配信したんです。
そしたら充電する人が殺到、それも昼間の事ですから毎日が日曜日の人たちばかり。
そういう人たちが、テーブルを囲んで井戸端会議をしているではありませんか。

そこへは入っていけませんでしたよねぇ。
そこへ入る度胸はなかったです。
それ以降は車のシガレットから充電したり、通勤している女房殿に会社で受電してきてもらうように頼んだり、通学している子供たちに学校でやってきたもらうように、などなど。
結構タブレットなどは、すぐに充電がなくなるんです。

今後もこういう災害が増えてくれば、個人の家であっても対策が必要になってきます。
発電機を用意することも一考ですし、ソーラーパネルの充電器を買おうかとも思います。
それは、昨年ヒマラヤの8000m 峰へ登った知人が用意していました。
会ったら詳しく聞こうかと思います。

発電機があれば、パソコンもWifi もお風呂も使えたかもしれません。
今後、こういう災害が増えてくるんでしょうね。
備えあれば憂いなしです。




posted by もえぎ野山荘 at 13:01| Comment(0) | 日記

2018年10月05日

停電中の出来事

ひどい停電でしたが、浜松では数万戸が停電だったと聞きます。
どうして浜松でそんなに大規模な停電なのかと思いますが、

停電中に困るのは、情報不足でした。
どこの範囲で停電していて、いつ復旧するのか、ということがわからないのです。
台風による倒木で断線していて停電しているのは分かるのですが、ではいつ直しに来てくれるのか。
中部電力に電話しても始まりません。
クレーマーのごとく電話すれば考えてくれるかもしれませんが、それでもここを直してからでないと次にいけないということはあるでしょう。

そのようなことが、一番当事者が分からないのですよ。
よく災害の時にラジオを聞けって言いますが、FM 長野を聞いていても通常の番組。
まったく役に立ちません。
時折5分間のニュースで、茅野市、原村、富士見でまだ停電が続いていると言っているぐらいでした。
ただ4日間も停電が続いていたので、長野県内でも話題になっていましたが・・・。

今やネットの時代です。
パソコンが使えずテレビも見られずでは、新聞ラジオから得られる情報は限られていました。だから日本人がノーベル賞受賞、なんじゃそりゃ、ですよ。
Wifi が使えないので、タブレットを持って原村役場へ朝夕通い、そこでメールのチェックとネットにつないで情報を得ていた次第です。
まだタブレットがあったのでメールのやりとりなどもできましたが、パソコンだけではどうしようもなかったですね。

ですから、オール電化の家は苦労しただろうと思います。
水とガスが使えたので、さして不便だとは感じなかったです。
一つのものにおんぶにだっこというのがダメで、逃げ道を考えておかないといけないのですね。
その一つのものがダメになったら、全滅してしまうわけですから。

で、昨日今日ちょっと考えているのですが、発電機を買おうかなぁ、と。
こうも毎月毎月停電があれば、これで3か月連続、考えざるを得ないですよねぇ。
また来月もありますよ、たぶん・・・??





posted by もえぎ野山荘 at 14:38| Comment(0) | 日記