2017年08月10日

怒涛の2週間

ついに始まりました、僕の夏本番。
昨日から怒涛の2週間が始まっています。
まあ一年で一番忙しいのでそんなこと言ってられませんが、昨年は20日間連続でやったことを思えば、まだ楽?かもしれません。

そのことを聞いていた長男が一言、「大変だねぇ、死んじゃうかもしれないじゃん」
そう、毎年そう思いながらやっているのですが、人間なかなか死にましぇん。
毎年元気で8月を乗り越えています。
自分でも体力あるなあと思います。
最近過労で自殺したりしていますが、ああいうのってよっぽどなんでしょう。
毎日6時間以上寝ていては、過労死なんぞは無縁でしょう。

といいつつ、初日が終わっただけですでにしんどいわ。
まあ体ができるまでしんどいのですけれど。

と言うことで、このブログも休みがちになるかもしれません。。
あい、すみませぬ・・・。



posted by もえぎ野山荘 at 13:38| Comment(0) | 日記

2017年08月07日

ダックスのお話

ちょっと長くなりますが、今日は我が家にいた犬のお話。

平成23年10月から24年10月まで、盲導犬のパピーウォーカーをやっていました。
盲導犬にすべく、赤ちゃんの頃から1歳になるまで育てるヤツです。
その犬の名がダックス、黒のラブラドールでした。

訓練を受けて紆余曲折の末、他の兄弟たちより遅れ3歳にしてようやく盲導犬になり、広島のユーザーの下ですっかり活躍しているのだと思っていた6月半ば、日本盲導犬協会島根支部から電話があり、ダックスを引退させるので引き取りますかと言うもの。

平成23年8月生まれなので、まだ6歳。
ちょっと早いなぁと思い話を聞くと、どうやらアレルギー性の皮膚炎を患っているとかで、早めに引退させるということだそうです。

大型犬のラブラドールは、13,4歳まで生きます。
あと7,8年世話ができるかなぁと思いながら話を聞いていると、そのダックスの所有権は盲導犬協会にあり、今回引き取るということは譲渡ではなく委託になるということが分かりました。
言外に預けますからあと病気の方をよろしく、と聞こえるんです。

これにちょっとカチンときましたねぇ。
譲渡なら好き勝手出来ますが、委託ならある程度の制約がかかってきます。
そこに腹が立ったので、言ってやりました。
「委託ならある程度の良い状態まで皮膚炎を持ってきてしかるべきではないですか」と。

こんなこと言うパピーウォーカーはいないんでしょう。
その後返事がなく、ひと月ほど経って7月下旬に連絡がありました。
連絡はないのは先方で悩んでいることですから、これは戻ってこないなぁと思っていたのですが案の定、広島の方で引退犬の世話をするボランティアを探すというものでした。
今いる獣医の近くでボランティアを探します、とのこと。
そんな病気の犬、押し付けられても困ると思うし、なによりダックスのためになっているのかどうか。

結局ダツクスは戻ってこないことになりましたが、残念な気分半分、やれやれというホッとした気分半分です。
それは、戻れば病院通いが始まり、その費用は1回1万円ぐらいかかります。
犬には保険がありませんから高額ですし、今後子供たちが大学生になってそんなにお金を犬に掛けられるかと言うのもありましたし、なによりも僕が世話をしないといけません。

パピーウォーカーは1年間だけだというので、ちょっと社会貢献にやってみようかと思いました。
それを寿命が尽きるまで7、8年も飼えるかとも思いましたし。
そういったことが、先述の「ある程度の状態にしてもってこないと」という発言につながったのだと思います。
おまけに島根支部の担当者がものすごく早口で、こちらが話をさしはさむ余裕すらなかったし、このひとじゃあなぁと言うのも感じられました。

そんなこんなで、ダックスは戻ってきませーーん。
なにかと問題のある犬でしたが、余生を幸せに送ってほしいと思います。
でも結局、盲導犬と言うものが彼にとってストレスだったのではないかなぁ。
聞いてみないと分かりませんが・・・。

犬を飼いたくなれば、またパピーウォーカーをやればいいさっ。

  CIMG8295.JPG 
  まだ仔犬のころのダックス

posted by もえぎ野山荘 at 11:35| Comment(0) | 日記

2017年08月05日

じゃらんPart2

先日お伝えしたじゃらん、冊子がヤマト運輸のメール便で届きました。
暑さ5mmぐらいのA4サイズのものが3冊、ペラの案内文が2枚。
なんか読むにはすごい量です。
これからの忙しい時期に、じっくり読んでいる間などありません。
一気にやる気を無くしたわっ!!

おまけに字が小さい。
こっちはすでに老眼鏡が必要なのに、老眼鏡と虫メガネが必要なぐらいの大きさ。
この文字を読むだけの集中力は、いつになれば発揮できるのかって思います。
これだけのものを用意しましたから、あとは自分で勉強しなさいということが、ありありと言外の含まれています。
サポートの電話番号も書かれていますが、これは慣れるまで何度も電話を掛けないといけないでしょう。

まったくもって使えないですよねぇ、リクルートと言う会社は。
時間もかかったし不親切。
こんな会社に頭下げていかないといけないのは、腹立つわぁ。

でも、何とかとハサミは使いようって言いますから、良いように使っていきましょう。
それも経営ですから・・・。

  CIMG5560.JPG



posted by もえぎ野山荘 at 15:38| Comment(0) | 日記

2017年08月04日

ガソリンスタンドにて

普段、車を運転するときにはFMラジオを聞きながら運転しています。

昨日のこと、ガソリンスタンドに入ろうとしているところに、電話がかかってきました。
電話に聞こえるので車のラジオを消して、そのままガソリンブースへと入りました。
エンジンを切るとラジオは消えますよね。
ラジオが消えているので、そのまま給油口を開けてガソリンを入れたのですよ。

そう、エンジンがかかったまま。
習慣とは恐ろしいもので、ラジオが消えているのでエンジンは止まっていると思っていたのです。
最近の車はエンジン音が大きくないので気付かなかった次第です。

でも、できるもんですよね。
なんら問題なく、給油メーターは入れた分だけ上がっていましたから。

なんでもかんでも、きちっとちゃんとやらないといけない日本という国。
外国行けばこんなことは当たり前、そうギャーギャーいうことなく過ごされるものですわ。

と、なにもなかったから大口たたいていまっす、ハイ。



posted by もえぎ野山荘 at 13:18| Comment(0) | 日記

2017年08月02日

じゃらん

あのね、ちょっと聞いてくださいマシ。
今年4月から、なんか予約が入らないんですよね。
今までと同じようにやっているつもりなんですが、ちょっとおかしい。6月なんか悲惨なものでしたよ。
でも、その原因がわからないんです。
今までネットの広告だけでやってきたのに、それが通用しなくなっているんです。

だから大手の宿泊予約サイトとは付き合いがありませんでした。
でも、売り上げが上がらないことには話にならないので、大手と付き合いたくないと言っても、そんなこと言ってられないんです。
背に腹はかえられない。
で、例のじゃらんに登録してみようと思いました、「寄らば大樹の陰」です。
まあ、思惑は他にあるんですけれど・・・。

6月下旬にネットから資料の取り寄せをして、6月30日に必要な書類を整えて普通郵便で送りました。
それが1か月以上たって、ようやくFAX 1枚が今日届きました。
なんと仕事の遅いことでしょう。

こんなもの、1週間か10日ぐらいでできるものを1か月以上かかった次第です。
すっかり忘れてましたよ。
リクルートってこういう会社なんですね。風通しの悪いタテ型会社なんでしょう。
そのFAXも登録できたというもので、HPに掲載されるようになったというものではなく、その書類はまた数日後に届くとか。
仕事する気あんのかっ! ですよ。

リクルートと言えば、我々の世代で思い出すのはリクルート事件。
ちょうど就職活動していた頃でしょうか、世間を騒がせていました。
未だあのイメージから払拭できないと思うのに、30年たってもなんら変わっていませんね。

そんなこんなで、もうしばらく待たなければなりません。
夏が終わってしまうわ!!

  CIMG5548.JPG



posted by もえぎ野山荘 at 16:54| Comment(0) | 日記

2017年07月29日

シジュウカラ 巣立ち

昨日お伝えしたシジュウカラの子育て、今日見たら案の定巣立っていました。
そりゃあ、人間が来たらやばいと思いますよね。
昨日覗いているときも、1羽が飛び立ったんですよ。
でもその飛び方は滑空から墜落というようなもので、お世辞にも飛んでいるとは言えなかったのです。
飛べずに逃げられないものですから、捕まえてまた巣箱に入れておいたのですが、今朝見るともぬけのから。
巣立ちの瞬間って、それこそカメラを構えてずぅぅっと観察していないと見られないものなんでしょう。
いつ飛んでいったか分かりません。

でも、野生ってすごいですよね。
巣箱の出入り口って、500円玉ぐらいの大きさしかないんですね。
その大きさがシジュウカラにとっては重要で、ちょうど親鳥が出入りできるギリギリの大きさなんです。
大きすぎると外敵に襲われるし、小さいと入られない。

巣箱の内側から見ると、ほんとに小さな穴で明り取りにもならないぐらいなんです。
だから巣箱の中は真っ暗に近い状態。
それを巣立つときは、いきなり昼の明るいまだ見たことのない世界に飛んでいくわけですよ。

一旦飛び立ってしまうと、あとは餌を取るのも外敵から身を護るのも自分でやらないといけません。
それができないと「死」しかないんですから、すさまじいですね。

そんなこと人間にできますか。
二言目には、これを買わないといけないからお金くれ、これが不足しているからお金くれっと言っている我が家の子供たちに、シジュウカラの爪の垢でも煎じて飲ませてやりたいわっっっ!


posted by もえぎ野山荘 at 14:44| Comment(0) | 日記

2017年07月28日

シジュウカラの子育てPart3

7月18日にお伝えしたシジュウカラの子育て。
あまり子育てに熱心ではない親鳥も、時折エサを咥えて出入りしているのが見られました。

昨日あたりから巣立ちを促しているのではないかと、その鳴き方から思ったので巣箱をのぞいてみたら、成長したヒナが5羽いるではありませんか。
6羽いるかと思っていたのですが、5羽でした。

7月18日には。まだ孵化したてで目も見えず毛も生えていなかったのが、立派にヒナらしくなっていました。
この分だと今日か明日ぐらいには巣立っていくことでしょう。
なにしろ僕が覗いてしまったので、人間が来てやばいと思っているはずですから。
過去にものぞいた後、すぐに巣立っていきました。

今回のシジュウカラの子育ては、4年観察してきてもっとも遅い時期になりました。
理由は分かりませんが何度かのぞいてみてわかったのは、卵を温めている期間が結構長いということ。
だいたい2週間以上は抱いているようです。
直径1cm ぐらいなのですぐにかえると思いましたが。

そして孵化後は10日ぐらいで巣立っていくようで、いつも気付くのはこの頃ですから、あっという間に巣立つように思うんですね。
4年観察してきて、そんなことが分かりました。

さあこれで、2か月楽しめたシジュウカラの観察も終わりになります。

  CIMG5536.JPG 今朝9時過ぎの様子
  CIMG5496.JPG 7月18日の様子

  

posted by もえぎ野山荘 at 11:50| Comment(0) | 日記

2017年07月27日

ヤマハDT200R

1989年式のこのバイク、今日ようやく冬眠から目覚めさせました。
というのも、バッテリーが使い物にならなくなっていたんですね。
そのバッテリー、今や骨董品。
茅野市玉川に扱っているバッテリー屋さんがあるのですが、そのお店に行くのも億劫で、ようやく足が向いたのが先週水曜日、土曜日にバッテリーを受け取り今日セッティングした次第です。

本来なら4月の雪解けの頃に冬眠から目覚めさせるのですが、バッテリーが使えないと知り、おまけに自治会役員であった昨年は配布物をバイクで配っていたのが、今年は自治会役員を退任した都合もあり春先にバイクが必要でなかったのです。

そんなこんなで延び延びになっていたバイクの冬眠からの目覚め、今日やっと走れるようになったという事なんです。
ガソリンを満タンにし、タイヤの空気圧を適正にし、ミッションオイルを何年ぶりかで交換しました。
28年前のバイクですから、メンテナンスしていたわってやらねばなりません。

ところで、気がつけば7月も終わり。
10月になればまた冬眠させるので、あと何回乗ることができるのでしょう。
そのために保険を1年間分をかけ、まったくもってペイできないのに、メンテナンスした意味あるのかなぁ。
がんばって乗りましょう、ハイ。

  CIMG5534.JPG



posted by もえぎ野山荘 at 15:34| Comment(0) | 日記

2017年07月25日

梅雨が明けて・・・

先週20日に、甲信地方も梅雨明けの発表がありました。
まあ雨の降らない梅雨でした。
これはこれでどこかに支障をきたすだろうと思う反面、全国各地で大雨ですね。

が、しかーし、梅雨が明けたとたんに雨ばかりではありませんか。
土曜日ぐらいからずぅっと雨ふりが続いています。
気温はさほど高くないのですが、湿度が高く蒸し風呂にいるかのようでとっても暑く、やってられんわって感じの暑さです。

これ、気象庁の勇み足じゃないんですかねぇ。
まだ続いているのに、梅雨明けしてしまったと発表したものですから、やってしまったって思っているかも。
だったらもう一度言えばいいのに、「また梅雨入りしました」って。
雨の夏が始まりましたっ!!。



posted by もえぎ野山荘 at 17:03| Comment(0) | 日記

2017年07月21日

猛暑の季節

梅雨が明けて一気に暑くなった信州原村です。
車の温度計も30℃を越えています。

そんななか大慌てで、扇風機を出して各部屋に置きました。
そう、今の今まで今年の夏は出してなかったんですよ。
ちょっと面倒くさいなぁと思っていたこともありますが、いらなかったというのが本当のところ。
昼間はちょっと暑いものの、朝晩は涼しく必要ないんですよ。
今日の宿泊のお客様には必要かなぁと思い、渋々? 倉庫から出してきました。

でも、たぶん使わないと思いますぅ。
ではどうして扇風機を設置したのか、それは気分気分・・・です。

  CIMG5531.JPG
posted by もえぎ野山荘 at 14:42| Comment(0) | 日記