2018年03月26日

阿弥陀岳滑落事故

昨日、また痛ましい事故が起こりました。
阿弥陀岳南稜での滑落事故。
7人が滑落し、3人が滑落により雪崩を誘発しその雪に埋もれての窒息死ではないかと言われています。
先頭の人物が滑ったことで、後続が確保できずに全員が滑落したようです。

場所はP3ガリーと呼ばれるところで、この南稜の核心部なんですね。
大きな岩を左に回り込み、ザイルを3ピッチぐらい出さないと登れなくて、ちょっと厄介な場所。
これは落ちたら下まで滑り落ちるぞ、思うようなところで支点を作る場所も少ないです。
数年前に行った時には、先頭は木の枝に支点を作って確保していました。
一番滑ってはいけない場所での滑落でした。

ここでちょっと疑問が起こります。
どうして7人もの人間が、1本のロープでつながっていたのでしょうか。
本来、ザイルは2人で操作を行うもの。
一人が登っている間は一人が確保をし、と順番にやって登っていくものです。
危ないところほどそうするべきで、当然7人もいたら時間はかかります。

その基本を怠っていたのではないかと思うのですが、新聞では登山経験豊富と出ていましたが、どこまでザイルワークができたのか、登山経験豊富なだけではわかりません。

午前8時半ぐらいに事故が起こったらしいですが、まだまだ時間もあるのに焦る必要もなかったと思います。
このルート、バリエーションルートとは言え、人気ルートなので何バーティか前後していたため、早くこの難所を通過したかったのかもしれません。
それで1本のザイルで全員が登ろうとしたと。
現に通報したのは後続のパーティの登山者で、P3ガリーの順番待ちをしていたのだと思います。目の前で落ちていったのでしょう。

いずれにしろ、阿弥陀岳は事故の多い山です。
毎年のように起きています。
バリエーションルートが四方八方から伸びていて、取り付きやすいんでしょうね。
簡単な山ではありません。

  名称未設定-3.jpg
  丸印の辺りかP3ガリーです。もう少しで山頂なのに。



posted by もえぎ野山荘 at 11:32| Comment(0) | 日記

2018年03月25日

小平選手、バレード

行ってきました、金メダリスト小平奈緒選手の凱旋パレード。
お客様をお送りし掃除をしている最中、パレードに間に合うのではないかと思い、取る者もとりあえず午前10時すぎに家を出て行きました。

茅野市役所を10時に出発なので、それには間に合いません。
茅野駅前の市民館までには行けるだろうと、そちらへ先回りをしました。
駅前に到着してしばらくしたら、オープンカーに乗った小平選手がやってきました。

主催者発表で15,000人の観衆。
それはウソでしょと思いつつも、こんなにも人がいたのっていうぐらいの観衆。
手に手にスマホを持って、どの人もどの人も笑顔です。
それに応える小平選手も笑顔。

道幅がそんなに広くないのでオープンカーまでの距離も近く、手に持った金銀の2つのメダルもばっちり見えました。
すごいですよねぇ、金メダリストを生で見られるなんて。
感動ですよ。
21日に、北海道北見市で行われたカーリング娘たちのパレードをニュースで見ましたが、あの気持ちがわかります。
地元の英雄を一目見ようという気持ち。
久々に明るい話題でした。

ところがところが、写真が1枚も撮れませんでした。
愛用のデジカメを持って行ったのですが、いざ撮ろうと思って電源を入れると
「電池容量がなくなりました」って。

あわてて出て行ったので、なんかそんな感じがしたんですよねぇ。
今、充電していまっす。
映像はニュースで見てください、ハイ。


posted by もえぎ野山荘 at 14:42| Comment(0) | 日記

2018年03月23日

屋根雪

水曜日に降った雪って、屋根にも積もっているわけですよ。
当然その雪は、屋根に勾配があるがために落ちてきます。
それはそれは、時には雪崩のように。
破壊力抜群で車の屋根などへっこんでしまいます。
雪かきをしていて雪に埋もれた状態で発見された、などというのはこの屋根雪の被害にあっているわけです。
「屋根雪注意」という標識はこのことを意味しているわけで、雪国では常識なんです。

ところが直接落ちるのを防ぐために、雪止めなるものを屋根に付けるんですね。
それは、駐車場の横であったり歩道に直接落ちないようにしたり、と様々。

我が家にもあります、それが。
で、どういう事が起こるかというと、
屋根雪がいつまでも落ちないで残っていて、太陽の光で溶けていくとまるで雨のようにしずくが降り注ぐことになるんです。
今まさにその状態。

快晴なのに、雨音が激しく小屋根に落ちて傘を差さないと通れない始末。
地面はビチョビチョ、跳ね返りがあってカベもビチョビチョ。
今日の天気はなに? って思いますよ、快晴なのに・・・。

  CIMG6347.JPG
  張り出した屋根雪、このあと落ちました。


posted by もえぎ野山荘 at 14:52| Comment(0) | 日記

2018年03月22日

春の雪

昨夜午前3時まで、大雪警報が出ていたそうです。
朝起きたら、多いところで20CM ぐらいの積雪でした。
結構締まった雪だったので、昨日夕方の時点ではもう少しあったと思います。

べとべとの水分を多く含んだ雪で、まさに春の雪。
こういう雪をこの辺りでは「カミ雪」って言うんですが、こういう雪が降ると春の兆し。
でも雪かきが大変でした。
スコップが持ち上がらないんですね、雪が重たくて。

今日は気温が高く、今後もそういう予報なのですぐに融けるけるでしょうが、ようやく道路端にある氷の塊が融けて春の装いだったのが、一日にして雪国。
これで最後にしてほしいなぁ。

  CIMG6344.JPG
  CIMG6343.JPG
  CIMG6338.JPG

posted by もえぎ野山荘 at 12:17| Comment(0) | 日記

2018年03月21日

すっかり春気分でいたのに・・・

天気予報通り、朝から雪です。
朝起きた時点では、大したことありませんでした。
それがこのブログを書いている午前10時、吹雪になってきました。

先週なんかは暖かく、もうタイヤを替えてもいいんじゃないって思っていましたら、なんのなんの。
これでは無理。
朝よりも激しく降っています。

というより、先週の暖かさが異常だったんだと思い知らされました。
3月のこの時期でも雪は降る、と。
現在、積雪は2、3センチ。
さてさて、今日はいったい何センチ積もるでしょうか。

  CIMG6336.JPG
  CIMG6337.JPG
posted by もえぎ野山荘 at 09:54| Comment(0) | 日記

2018年03月16日

今シーズン最後

今年も雪は大して降りませんでした。

そんな雪の少ない中、今シーズン最後のスノーシューツアーに入笠山に行ってきました。
スノーシューというほどの雪はなく、トレッキングでした。
雪はシャバシャバで踏ん張りがきかなく、こういう状態を山の用語で「雪が腐る」と言います。
そのまま、かき氷にできるような、と言えばわかりやすでしょうか。

おかげで手袋も要らないぐらいの暖かさ。
登山道も地肌が見えているぐらいで、山頂には全く雪はありませんでした。
これで、今シーズンの雪遊びも終わりになります。
全部で11回のスノーシューツアーでした。
大変でしたが、来られたお客様には楽しんでいただけたでしょうか。
ありがとうございました。
また来シーズンもやりますので、乞うご期待を!!

御神渡りができた2月でしたが、下旬以降は暖かく雪も降らなく今年は春の訪れが早いですぞ。
写真は、入笠山山頂にて八ヶ岳をバックに。

  CIMG6335.JPG




posted by もえぎ野山荘 at 10:36| Comment(0) | 日記

2018年03月12日

栄村のいま

案の定、今日は財務省の書き換え問題に終始しましたね。
昨日はあれだけ東日本大震災の事を言っていたのに、今日はほとんど話題に上がりませんでした。
3月11日だけ、取り上げられるのもどうかと思います。

が、
長野県では、今日はもう一つの地震の日なんです。
「忘れられた被災地」ともいわれた長野県北部地震が、7年前の今日起きました。
前日の東日本大震災の規模が大きすぎたために、全国的には全く取り上げられていませんが、長野県のメディアでは昨日の報道と同じように話題になっているんです。

最大震度6強、700棟もの家屋が被災しました。
元来は、栄村は平家の落人伝説のあるようなところに、豪雪地帯です。
数年前にアメリカコロラド州のどこかの街に抜かれるまで、積雪7m 85cm の世界記録を持っていたぐらいですから。

そういう人口の少ないところで起きた地震。
毎日のように起こっている日本列島の地震のなかでは、その他大勢の部類に含まれます。
阪神大震災や東日本大震災のような大きな地震は誰しも覚えているものですが、そのほかの地域で起きた地震ってあまり覚えていませんよね。

白馬でもありましたし松本でも起きましたから、「忘れない」「覚えている」ということが大事なんでしょう。今後も語り継がねばなりません。




posted by もえぎ野山荘 at 18:43| Comment(0) | 日記

2018年03月11日

奇妙な一致

あれから、もう7年なのかまだ7年なのか。
時間がたつにつれて、人間は忘れる生き物です。
忘れることのできない災害ですが、日常の生活の中でだんだんと記憶が薄れていくのも事実。
この3月11日が近づくにつれて災害報道の特番が増えていき、今日だけはどのテレビ局も被災地からの中継などを組んでいます。
ただ、明日になればもう違う話題で、今日だけなんですよねぇ。
それは時間とともに仕方がないことなのでしょうか。
明日からの話題は、例の森友問題で財務省の見解と国税庁長官の辞任の話しでもちきりでしょう。

さてさて、こんな偶然の一致があるんですよ。
それは鹿児島県にある新燃岳の噴火、今盛んに爆発しています。
前回、爆発的噴火を繰り返したのは、2011年1月。
そのあと東日本大震災が起こりました。
1923年に噴火した時にも、関東大震災が起こったそうです。

今回の噴火は2011年の噴火の規模を上回るそうですから、ということは、今後大地震や富士山の噴火なども起こるかもしれませんよ。
今何も起こっていないのは、東海沖から四国沖にかけての地域。この地域だけが空いていますよね。
大地震は必ず起きます。
地下では何かが起こっているんです、気をつけましょう。


posted by もえぎ野山荘 at 17:58| Comment(0) | 日記

2018年03月09日

高木菜那選手もパレード

茅野市の小平奈緒選手につづいて、下諏訪町でもスピトースケートの高木菜那選手のパレードが計画されていると、今朝の地元紙に載っていました。

高木菜那選手は北海道の出身ですが、現在は下諏訪町にある日本電産サンキョーに所属しています。
それで下諏訪町で4月8日にパレードをする、という事です。

この日本電産サンキョーという会社、昔は三協精機製作所と言いました。
かつて長野オリンピックで金メダルを取った清水宏保さんも、当時所属していた会社です。
もともとスピトースケートに力を入れていた会社なのですが、いつだったか日本電産と合併したんですね。
それで社名が変わりましたが、スピードスケート部はそのまま残ったんです。

それは諏訪というスピードスケートの盛んな土地柄なんでしょうが、そこで登場するのが親会社の日本電産の会長である永守重信氏。
あの強烈な個性で、マイナー競技であるスピードスケートを存続させたんですね。
廃部にしようという議論もあったそうですが、鶴の一声で存続が決まったそうです。

で、今回のオリンピックで金メダル2個を取った高木菜那選手に至るのですが、パレードは日本電産サンキョーの所属6選手と一緒にやるそうです。

が、他の5選手、全く知りません。
かろうじてわかるのがウイリアムソン師円選手ぐらいですが、ただどの種目に出てどういう成績を残しているかまではわかりませんよねぇ、むしろ名前が珍しいから記憶に残っているというぐらい。

よくそういう選手たち、金メダリストと一緒にオープンカーに乗るわって思いませんか。
高木菜那選手だけでいいんとちゃう、と思いますがどうよ・・・?

CIMG6330.JPG



posted by もえぎ野山荘 at 11:08| Comment(0) | 日記

2018年03月07日

茅野で凱旋パレード

今朝の地元の新聞に、平昌オリンピックで金メタルを取った小平奈緒選手のパレードが行われると書いてありました。
今月の25日、茅野市役所から茅野駅までのおよそ800m を1時間ぐらいかけてパレードをするそうです。
オープンカーで、横には茅野市長が乗るそうです。

沿道には1万人ぐらいの市民を予想しているとか。
おそらく、こんなに茅野に人がいたのか、というぐらいの観衆が集まるのではないですか。
もっとも茅野だけではないでしょうが、なにしろ地元の英雄ですから長野県出身者で初めての金メダリストですから、それぐらい集まるかもしれません。
そのあと、駅前の茅野市民館で報告会を行うそうです。

詳細はまた発表されるみたいですが、なんで横に茅野市長が乗るのか疑問です。
小平選手だけでいいやん、と思うのですが・・・?
あまりこういうのに興味はないほうですが、また報告しますぅ。

  CIMG6321.JPG


posted by もえぎ野山荘 at 11:20| Comment(0) | 日記