2017年07月20日

鹿とニッコウキスゲ

昨日行った車山肩のニッコウキスゲ。
ここ数年は、シカの食害との戦いです。

もう7、8年前になるでしょうか。
その年の夏のニッコウキスゲは全滅でした。
10m 四方に一輪咲いているかどうか、と言うぐらいで全く花が無かった年がありました。
原因は、春先にシカが花芽を全部食べてしまったことなんです。

それで次の年、人間は何をしたか?
電気柵を設けて張り巡らしたんですね。
そうすると電気柵の中はニッコウキスゲが咲くんですが、その外はまったく花はなく、相変わらず鹿に食べられているようです。

その様子が下の写真です。

DSC_1149.JPG

ちょっと見にくいですが、画面中央に電線があり右半分には花がなく、左は群落を作っていますね。
これがシカの食害からニッコウキスゲを守ることなんです。
こういうことは、入笠湿原でも同じようにされていて策を設けているんです。

こういう風にしないと高山植物は、シカの食害から守れないんでしょう。
それほどシカが増えているという事でもあります。

結局は、我々人間が捕って食べればいいのかもしれませんが、そうしないとどんどんシカは増えていきますよ。
結構おいしいらしいです。



posted by もえぎ野山荘 at 16:34| Comment(0) | 日記

2017年07月19日

車山のニッコウキスゲ

満開です。
今年は「当たり年」と新聞に載っていたので、ちょっと行ってきました。
まあまあ、そこそこと言う感じで、去年よりはいいかなと思います。

平成17年7月のニッコウキスゲの大群落がすばらしく、その感動が忘れられなくて毎年楽しみにして行くのですが、まぁそこまでは無理ですね。
そこまで期待することはできませんが、今年はそこそこ楽しめます。
今週末ぐらいまでが見ごろだそうですが、なかなか急には無理ですよね。
可能であれば、是非是非!!

  DSC_1160.JPG
  DSC_1146.JPG
  CIMG5501.JPG


posted by もえぎ野山荘 at 17:08| Comment(0) | 日記

2017年07月18日

シジュウカラの子育てPart2

庭には巣箱が2つあるのですが、どちらもシジュウカラが子育てをしています。
一つは、7月3日ごろに巣立って行きました。
そしてもう一つの巣箱、片方が巣立っていったその頃にはまだ卵を抱いていました。
それを知らずに覗いてしまったものだから、親鳥が卵を抱くことを放棄してしまったのではないかと思っていたのですが、今日のぞいてみると、ヒナがかえっているではありませんか。

まだ孵化して数日と言う感じで、毛も生えてなく目も見えていない様子です。
6月28日ごろに卵があって3週間も経つのにまだこの状態かと まさか、と思いましたよ。
卵のまま死んでしまっているのかと思っていたのですが、ヒナになっているとは。
全部で6羽います。

でも、ちょっとおかしいんですよねぇ。
全く親鳥が出入りしていないんです。
6羽もいたら頻繁にえさを運んでやらないと大きくならないと思うのですが、全くその気配がない。
卵って、この夏の気温の高さだけで孵化するんでしょうか。
でもそうすると餌が入らないので、大きくならないですよね。
ヒナにとっては餓死だわ。
でも成長しているってことは、親鳥が世話しているのでしょうがそれが分からない。

これで4年目となるシジュウカラの観察ですが、今年は普段とちがう子育てをしています。
時季も遅すぎるし、このまま成長するのかちょっと不安を覚えるシジュウカラです。

  CIMG5496.JPG





posted by もえぎ野山荘 at 15:51| Comment(0) | 日記

2017年07月11日

あっつい!!

すでに梅雨は開けたんじゃないのかって思う今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
原村も暑いですぅ。
何しろ昼間の気温が30℃、30℃もあるんですよぉ。
この気温、この高原においては「猛暑」です。
普段なら7月中旬以降の気温なのに、今年は7月に入ったあたりから気温が上がりだしました。
考えられないっす。

でもでも、朝晩は涼しくクーラーどころか扇風機も要らない涼しさ。
こういうのが原村に住んでいていいなぁと思うところ、
って言うとお叱りを受けそうですが、しかーし、冬場は−15℃です。

どっちがいいでしょぅかぁぁ。

  CIMG5489.JPG
  ただいまこんな感じの景色です、手前はセロリ畑、夏ですねぇ。
posted by もえぎ野山荘 at 10:53| Comment(0) | 日記

2017年07月05日

ドン・キホーテ

ようやく諏訪にもドン・キホーテが出来ました。
長野県下5店舗目だそうです。
今までは南松本の店舗まで行かないといけませんでした、が、行ったことはありませんが・・・。

6月28日か29日にオープンしたそうです。
オープン当日は、平日にも関わらずかなりの人数が行列を作ったそうです。
地元の新聞にも取り上げられ、話題になりました。

それから1週間、平日の午前中ということもありますが、そんなでもなかっですよねぇ。
駐車場はほぼ埋まっていましたが、ここの立地があまりよくありません。
茅野や諏訪の生活の中心地から、ちょっとずれているのですね。

例えば諏訪IC周辺へ行った場合、ついでにほかのこともできるのですが、ドン・キホーテのある場所はわざわざ行かないとならない場所。
だから以前に出店していたスーパーは、撤退してしまいました。
そういう場所でいくらドン・キホーテと言えども、集客は苦労するんじゃないでしょうか。
店内をちょっと歩いてみましたが、まぁ目を引くものはありますが特に買いたいというようなものもなく、これなら地元のホームセンターで十分だわって思った次第です、ハイ。

ところでドン・キホーテを「ドンキ」って略して言いますが、この文字の配列なら「ドン」か「キホーテ」じゃないのって思うのですが、いかが・・・?

  CIMG5478.JPG

posted by もえぎ野山荘 at 15:10| Comment(0) | 日記

2017年07月04日

シジュウカラ、巣立ち

またまた気づいてから、アッと言う間の巣立ちでした。
なんかおかしいなぁと思って、巣箱をのぞいてみるともぬけの殻。
なーんにもいませんでした。

6月28日に巣箱を除いてその様子が初めてとらえられたというのに、気がつけば一羽もいなくなっていました。
大体が、大きくなってからしかわからないのですね。
親鳥の餌を運ぶ回数が多くなるので、それで気付くんですよ。

そうなると結構大きくなっていて、いつも巣立ち間近なんです。
というより、もうそろそろと思っていたところに、歓迎されない人間がやってきたものだから、さっさと巣立ちしなければと思ったかどうかわかりませんが、ちょっと巣立ちする時期を早めたということだと思います。

カメラをしかけましょうか。
でも、ひと月足らずの出来事に何万円もお金をかけるのもねぇ、そこまでの野鳥愛好家ではありませんから、どうしたものでしょうか。

これで興味はもう一つの巣箱へと移ります。
そう、そちらはまだ卵を抱いていましたから、これから見られるんですよ。
エッヘッヘ・・・。

  CIMG5477.JPG
posted by もえぎ野山荘 at 17:25| Comment(0) | 日記

2017年07月03日

あのような人たち

東京都民のみなさん、やりましたよねぇ。
現政権にNO を突き付けました。
選挙前からある程度分かっていたとは言え、ここまでとは。
2009年時の都議選の議席をも下回り、自民党は歴史的大敗。
有権者をバカにしているからこうなるんですよ、自分たちの事しか考えていなく有権者の方に目を向いていません。

政治家にお灸据えるのは、選挙しかないですよね。
いくら法案に反対だと言って国会前に数千人もの人が集まってデモをしても、聞く耳持たない政治家にはなんら影響がありません。
やはり政治を変えるには、選挙に行って意思表示をしないといけないんですよね。
これしか方法はないんです。

惜しむらくはその投票率、前回選挙より7ポイントぐらいアップしたそうですが、51パーセントそこそこ。
もっと無党派の人たちが行けば、もっと打撃が与えられたはずです。

その選挙戦の最中、先週土曜日の秋葉原の首相の街頭演説で反対する人たちの「やめろ」コールに対して「人の演説を妨害するような、あのような人たちのやっていることを自民党は決してしない」という趣旨の発言がありましたね。
お前が言うな、ですよ。
野党との議論を満足にせず、説明責任を果たさず、まさに自民党がやっていることではないですか。

だから今回は、都民ファーストというよくわからない政党が勝ったというより、自民党の自滅ですね。
2009年夏の政権交代の時もこんな感じでした。

これで政権にとっては大逆風です。
今まで考えていたシナリオが大きく変わるのは必至。
逆風にされされていた第1次政権の時、おなかが痛いと言って仕事を投げ出した前科がある気の小さい首相、今後どうするのか、有権者は声を上げ続けなければなりません。



posted by もえぎ野山荘 at 10:21| Comment(0) | 日記

2017年06月29日

シジュウカラの子育て

庭にある巣箱に、今年もシジュウカラが子育てをしています。
ということを昨日草刈りをしていて気づきました。
何の気なしに巣箱をのぞいてみたら、二つある巣箱のうち片方にはヒナがいて、もう一方は卵を温めていました。
それまで全く気付かなかったのですよ。
家の窓から巣箱が見えるのですが、今年はシジュウカラ入っているのかと思ってたぐらいですから。

ヒナのいる巣箱には、5、6羽いました。
それだけの数がいると、せっせと親鳥はエサを運ぶはずなんですが、見ていても音沙汰無し。
なんか出入りしているなぁと思っていたものの、覗いてみて初めて分かった次第です。
まったくやる気のない親鳥です。

卵を温めていた方は、屋根のふたを開けるとサッァッーと親鳥が飛んでいきました。
これ、あまりやってはいけないことなんです。
人間がくると分かったら、卵を温めることを放棄してしまうんですね。
卵を温めているなんて思ってもみませんでしたから覗いたのですが、果たしてもう一度温めているでしょうか。
気になって覗いてしまうと逆効果、じっと我慢我慢・・・。
またその後をお伝えしたいと思いまっす。

  CIMG5475.JPG
  こちらは6羽ぐらいのヒナがいます。ふたを開けてのぞいてみると微動だにしませ
  ん。それが身を護る術だと理解しているんですね。どうしようもありませんから。

  下の写真は5月24日に撮ったもの。この草の上にどこからか綿のようなものを集めて
  きて、ヒナがかえりました。上の写真の白い部分が綿だと思います。
  CIMG5358.JPG



posted by もえぎ野山荘 at 13:42| Comment(0) | 日記

2017年06月28日

将棋ソフト

例の藤井四段、すごいですよね。
50年か100年に一人の逸材ではないですか。
月曜日の竜王戦1回戦を見ていても、なぜそこに桂馬を打つのか、角の横に飛車を打ってどうしてそこで投了なのか、さっぱりわかりません。
プロの棋士ってどの人も天才だと思いますから、その天才が先の先を読んでこりゃダメだと思うのでしょう。
素人目にはまだまだできると思うのに・・・。

将棋の世界では、「兄貴たちは俺より頭が悪いから東大へ行った」と言うらしいです。
考えられないッス、ね。
確かに羽生善治三冠や谷川浩司九段なども大学行ってませんから、行く必要がないんでしょう。

さてさて
そんな将棋ブームのなか、将棋ソフトをダウンロードしてコンピュータ相手に将棋をしてみようと思いました。
駒の動かし方ぐらいは知ってはいるものの、プロの棋譜を見ていてもさっぱりわからない身としては、将棋ソフトは入門コースからの始まりです。

やってみて、連戦連敗。
入門コースと言えども勝てません。
なぜかって?
全く守らないんですよね、攻撃あるのみ。コンピュータに王手をされて初めて、「ややっ」と思って守勢にまわるものの、すでに手遅れ。

性格、現れますよん。
何度かやってみたものの、結果はすべて同じ。
早々に、将棋ソフトはアンインストールしてやりました。
二度とやるものかっ・・・。




posted by もえぎ野山荘 at 09:46| Comment(0) | 日記

2017年06月26日

梅、漬けました

今年も梅を漬けました、梅干にするべく。
南高梅です。
数年前、南高梅はこの辺りでは単価が高いのでちょっと安い梅にしたら、これがおいしくない。
それ以来、多少高くても南高梅を使うようにしています。
やっぱり、梅干にするには南高梅なんだわさっ。

ただ年に1回しか仕込みをしないため、技術の上達がないのですよ。
昨年どうしたかなんぞは、当の昔に忘れていますから毎年初めての気分です。

これで7月の土用の丑の日ぐらいまで漬けて、梅雨明けの状態を見てから3日間干します。
さてさて、今年のお味は如何に・・・?

CIMG5474.JPG


posted by もえぎ野山荘 at 16:23| Comment(0) | 日記