2019年02月12日

チケット求めて40分

この3連休、天気がイマイチの予報でしたが、全く崩れることなく雪も降らず、ますます春が近づいているように感じられます。

その中日10日に、入笠山へお客様をご案内して行ってきました。
さすがに3連休だけあって人は多いだろうと思い、午前9時すぎに行った駐車場は第3駐車場へ入れられました。
まあそうでしょうと、そしてゴンドラのチケットを買うべく売り場へ行くとそこにと長蛇の列が・・・。
こんな長い列、富士見パノラマスキー場では見たことがありません。
どの窓口も30m 以上は並んでいます。

これはチケット買うだけで30分以上はかかると思い、お客様と交代で並ぶことにし、その間トイレなどを済ませようという魂胆。
結局、40分はかかったでしょう。
やっと手に入れたかという感じでした。

ただね、今時各ブースにそのまま縦に並ばせているんですよ。
一列に並んで空いたところに次々お客さんを送り込めばいいものを、その方が効率は良いでしょう。
だから列によって速さが違ってきます。

こういうことに気付かないんですよ。
また言ったところで上の空、気付かない奴に気付かせることほど大変なことはありません。
二言目には経費がかかる、物がないの一点張り。
そうすることによって来たお客さんの満足度が上がるのにねぇ。

もっとも、こんなに混むのは1シーズンでこの日だけだと思います。
翌日の昨日の月曜日には、第一駐車場に入れるぐらいのガラガラでしたから・・・?





posted by もえぎ野山荘 at 15:37| Comment(0) | 日記

2019年02月07日

セルフレジ

最近は多く見られるようになりましたセルフレジ。
諏訪地方でもいつくかの店舗で導入されています。
なによりも小銭がたまったときに、支払いで一気に使っています。
そうすると1000円札でお釣りがくるんですよ。

その賢いセルフレジが、JA信州諏訪のAコープの店舗でも導入されました。
が、他のお店とはちょっと違う形態のセルフレジです。

普通のセルフレジは、商品のバーコードの読み取りから支払いまで全部自分でやることが多いですよね。
ところがAコープのレジは、バ−コードの読み取りは店員さんがやって、支払いを各自でやるというもの。
このやり方、正解かもしれません。

セルフレジは、バーコードの読み取りに時間がかかるんですよね。
素人がやるのと店員さんがやるのとで時間が違います。

それに田舎のこの辺りでは、レジでの支払いにも時間がかかります。
じいさんばあさんが、レジの金額が決まってから財布を取り出し、そこからお釣りをもらわないようにお金を数えていて、店員さんも次のお客さんもまたその次も、みーんな待っています。
大体の金額がわかるだろうが、前もって用意しとけっていつも思っています。

そんなことお構いなしの輩が多かったのが、支払いを別にすることでスムーズにレジが進むのではないかと思います。
お金を入れる支払機もひとつのレジの2つあったので、順番につかえていいと思います。

これでレジ待ちのイライラから解消されるかもしれません。
ただ問題は、待たせることをなんとも思っていないじいさんばあさんたちが、はたしてどれぐらい使いこなせるか、ですわ。
そこにまた説明する人が必要になるかも・・・?






posted by もえぎ野山荘 at 10:30| Comment(0) | 日記

2019年02月04日

あれれ、この冬は・・・

今日の立春は史上最高気温だそうです。
先ほど気温を見にいったら、8℃もありました。
8℃ですよ、3月下旬ころでしょう。
昨晩は雨でしたから。

そのせいか、スキー場に人が少ないんです。
この土日、お客様を案内して入笠山へ2日続けて行ってきました。

普段午前9時半ぐらいまでにはスキー場の駐車場へ入るのですが、その駐車場で車が少ないんですね。
この2月の厳冬期にスキー場にとっては書き入れ時だと思いますが、9時半時点で第2駐車場の半分ぐらいしか車がないんです。
今の時季だと、第3、第4駐車場へ車を回されてもおかしくないんですが、先週金曜日の晩から土曜日朝にかけてが、里での今シーズン初の積雪では雪がないと思われているのでしょうか。
スキー場は、今や人工降雪でスキーをするには問題ないのですけれど、ね。

だから入笠山への登山者も、昨日は少なかったですね。
先週の1月末の方が多かったぐらいです。

今週は気温が高いそうで、雨の予報も出ている厳冬期の2月第1週。
人も少なく雪も降らずで、このまま冬は終わるんでしょうか。
3連休を控えているので、盛り返してくれればいいのですが・・・。

DSCN0294.JPG



posted by もえぎ野山荘 at 12:21| Comment(0) | 日記

2019年02月01日

今シーズン初の積雪

昨日の夕方から降り出した雪が、今朝は多いところで20cm ぐらい積もっています。
今シーズン初の積雪。
今まで全く雪が降らなかったのが、やはり2月1日侮れません、降りますよねぇ。
おかげで道路は、ツルツルピカピカの圧雪状態、なんとも楽しい限りです。

でも、日本列島南岸を低気圧が通過したのに、サラサラの雪で雪かきはそんなに重労働ではありませんでした。
南岸を低気圧が通過すると、ベトベトの雪なのですが気温が低かったのでしょう、大したことありませんでした。

これで今まで心配していたスノーシュー体験なども、心配なくできるようになればいいんですが、日曜日の晩からは雨の予報。
もう、毎年毎年雪が少なく、スノーシュー出来るのかとビビリまくりですわぁ、何とかならんか。

でも、冬には雪が似合います。いいわぁ雪!!

  DSCN0278.JPG
  DSCN0276.JPG
  DSCN0272.JPG
posted by もえぎ野山荘 at 09:40| Comment(0) | 日記

2019年01月30日

おでん缶

今や珍しくなくなった「おでん缶」ですが、長男を道端の自動販売機コーナーに迎えに行ったとき、その自動販売機のなかで偶然に発見しました。
場所は茅野市玉川の郊外、田んぼのなかの道端。
どうしてそんなところに数台の自動販売機があるのかは、多くの文字数が必要なので省略させてもらうとして、そのなかの1台にあったのです。

都会では珍しくもないのでしょうが、原村周辺では初めて見ました。
さっそく試しに買ってみました。
ひとつ280円なり、ちょっと高いなと思いましたが、熱いやつです。

家に帰り開けてみると、こんにゃく、大根、牛すじ、ウズラの卵、糸こんにゃくなどが入っています。
味のほうは、可もなく不可もなく、でしたねぇ。
とりわけておいしいものでもなく、ま、こんなものかって感じ。
3時のいいおやつにはなりましたが、一回でいいわって思いました、ハイ。

  DSCN0263.JPG
  DSCN0267.JPG

posted by もえぎ野山荘 at 15:42| Comment(0) | 日記

2019年01月29日

3日連続で山へ

いやいやいや、3日連続で山へ行っていました。
土曜日は茶臼縞枯山へ、日曜日は入笠山、そして昨日の月曜日はまた茶臼縞枯山へ。
いやぁ〜ちょっと大変ですわ。

お客様をご案内しての山行ですが、それぞれ4時間ぐらいの行動時間なんですが、普段の朝食夕食を作っての掃除をしての、ですから。
こちらとしては、朝起きてから晩寝るまでが仕事という感じです。

せっかくご予約を入れてくださったので、ちょっとでも楽しんで雪山を味わっていただければという思いから頑張りましたが、それでも3日連続は大変。
3日連続登山は、数年前に2回したことがあるだけです。

でも自分でいうのも何ですが、われながら体力ありますね。
今日は多少しんどいものの、別になんともありません。
キリマンジャロ登山の時も、頂上アタックの日は15時間行動しましたから、こんなことどおってことありませんわ。

って、いつまでこういう事が出来るのか。
こちらも年齢を重ねていきますから、それが不安ですねえ〜。
でもたぶん、ずぅぅっとやっていると思います。
山へ行くことは、全然苦になりませんからぁぁ。



posted by もえぎ野山荘 at 12:45| Comment(0) | 日記

おひなさま

おひなさまを一年ぶりに飾りました。
これを飾ることで客室が一つ潰れるのですが、人形って、やっぱり年に一度は出してやらないといけませんよね。
女房殿の嫁入り道具、50年ぐらいは経っていると思います。

ちょうど明日から忙しくなり、多くのお客様が来られるので見ていただこうと思ったのもあり飾りました。
3月半ばぐらいまで飾っておくつもりですので、宿泊された際にはぜひご覧ください。

桃の節句を過ぎればすぐに片付けないと娘の嫁入りが遅れるって言いますが、片付けるの大変なんですよ。
いっそのこと年中飾っておこうかしらん、それもアリ、かなぁぁ??

  DSCN0260.JPG
posted by もえぎ野山荘 at 12:35| Comment(0) | 日記

2019年01月25日

おひなさま

おひなさまを一年ぶりに飾りました。
これを飾ることで客室が一つ潰れるのですが、人形って、やっぱり年に一度は出してやらないといけませんよね。
女房殿の嫁入り道具、50年ぐらいは経っていると思います。

ちょうど明日から忙しくなり、多くのお客様が来られるので見ていただこうと思ったのもあり飾りました。
3月半ばぐらいまで飾っておくつもりですので、宿泊された際にはぜひご覧ください。

桃の節句を過ぎればすぐに片付けないと娘の嫁入りが遅れるって言いますが、片付けるの大変なんですよ。
いっそのこと年中飾っておこうかしらん、それもアリ、かなぁぁ??

  DSCN0260.JPG
posted by もえぎ野山荘 at 18:44| Comment(0) | 日記

2019年01月21日

登頂断念

南米最高峰アコンカゴアの登頂を目指していた三浦雄一郎さん、ドクターストップで登頂断念というニュースが入ってきました。
朝日新聞の社会面に、三浦さんの登頂の様子が時折載っていて楽しみに読んでいたのですが、残念ですよねぇ。
というより、今回は何が何でも登るという強い意志が感じられませんでした。
6年前に登ったエベレストでは最高齢での登頂という目標があったため登頂できましたが、今回はその目標がなかったように思います。

なんかとりあえず登ろうかという感じ。
それは標高5500m の前進キャンプへ、ベースキャンプをすっ飛ばしてヘリで入ったことからもうかがえます。その前進キャンプへ行くまでの道のりが大変だし、そこまでで高所順応もするんですね。

一緒に行った国際山岳医の女医さんによれば、「生物学的に86歳の限界」だとか。
なんじゃそら、そんなの登る前からわかっていたこと、ですわ。
それで、ドクターストップ。
ドクターストップというと聞こえはいいですが、要は実力不足なんですよ。
86歳での7000m ちかい登山は無理だったということ。
以前にも書きましたが、なんかスポンサーのため、周りにいる人たちのために登山したという感じです。
30数年前に登っているし、なにがなんでもアコンカグアという所が見られなかった。

でもこの挑戦、すばらしいじゃないですか。
86歳で7000m に登ろうと思いますか。
普段 700g のステーキをペロリと食べるという三浦さん、そんなステーキ、食べたことないです。
「いきなりステーキ」だといくらかかるんでしょう。

これでアコンカグアを登ろうと思っている私、意欲が増してきましたわぁ。
でも一体全体、いつ行けるのか、それがわかりませーん。


posted by もえぎ野山荘 at 10:17| Comment(0) | 日記

2019年01月19日

グルが来ない

そういえば、今年はグルがこないなぁと気が付きました。
昨日のこちらの地元紙に「グルが諏訪湖に来ない」という見出しがありました。
あっそうだわっ、て思ったんです。

グルとは、毎冬諏訪湖に飛来してくるオオワシの事なんです。
普段は12月半ばにやってきて、2月下旬ごろに帰っていくんです。
といってもどこに行くかわかりませんが、ロシアやシベリア辺りに帰っていくんでしょう、そういう国境をまたいでくるため、あまり生態が分かっていないそうです。
そのグルを観察することで、分かってくることがあるとか。

そのグルがいまだ諏訪湖に飛来していないんですね。
グルがくれば、羽の特徴からそれとわかるらしく地元紙に載ってニュースになりますが、そういえばまだ来ていなかったなぁと思った次第です。

1999年1月に、諏訪湖上で弱っているところを保護してから毎冬来るようになり19季連続。
下諏訪町の東側の山林をねぐらとし、諏訪湖へは食事に来るようです。
諏訪湖の東側にはその雄姿を写真に撮ろうと、超望遠レンズを構えた人達が寒空の中じっと踏ん張っています。
昨年御神渡りのときに、遠くに点のように見えました。
初めてグルを見ました。

野生で生きていくのはオオワシと言えども大変でしょう。
1月下旬に来たこともあるらしく、いちるの望みを託しましょう。
諏訪湖の風物詩のひとつだったのが、この冬見られないとなるとちょっとさみしいなぁ。

  DSCN0231.JPG






posted by もえぎ野山荘 at 13:14| Comment(0) | 日記